ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

『「取り組み実践」への理解」(6)』を(6)(7)(8)に分割整理しました^^
しっかり話を終わらせるべく(^^;)、『(6)心の成長の真の源泉へと向かう』としていたものを以下の通り3分割しました。
「取り組み実践」への理解(6)心の成長の道のりに向かう
「取り組み実践」への理解(7)「真の望み」に向かう心の成長の4段階
「取り組み実践」への理解(8)「否定価値の放棄」と「真の望み」への道

また(8)上で最初および前回アップパラグラフを以下のように調整

これで1/14『最後のひと練り中^^;』で触れておいたような、「成長の望み」最後の決定的な鍵になるというに続けます^^。
ちなみにそこで言った通り、14日の中のイルミネーションを撮りに行ったのですが、ライト覆い被さってしまって光がボケて貧弱になりいまいちでした。ちょっと発見^^;

「日常生活の向上」にある根底の足場

【加筆】
では引き続き、「「学び」の流れチャート図」後半となる、「否定価値の放棄」へと進む流れポイントを書いていきましょう。
「学び」の主局面となる第2段階において、「学び」「深さのレベル」深めていく流れになります。

「深さのレベル」が最初のもの、つまり問うのが深い内面での選択ではあまりないのが、「日常生活と社会生活の向上」です。
・・(略)・・


「学び」の全ては一貫した指針の下に
・・(略)・・

「学び」への姿勢という最大のポイント

・・(略)・・
【加筆】
「分かったつもり」を自分に押しつけるのでも、「自分は分かっている」という「意識の高さ」を「成長」と勘違いするのでもなく、実際に自分の心と体がどう動いているかの問いとして、向き合う姿勢です。それが、まずしっかりとした足場です。
自ら取り組む姿勢によってです。自分の悩みを人に伝え、どう言われるかを待つ姿勢ではなく。また人に言われた言葉で何となく気持ちが楽になり、前向きになれる言葉を捜し求めて、という受け身の姿勢からは卒業して、「心の成長」の探求に真正面から積極的に向かう姿勢でです。
それが、しっかりとした足場つるはしとスコップを使う、基本姿勢になるのです。

・・(略)・・、ポイントを確認しながらの読書によって心の懐を肥やしておくほど、実際の行動場面や悪感情への向き合いの場面においても、重要で決定的な「気づき」が劇的な、あるいは堅実なひらめきとして訪れる可能性も増大します。

【以下削除】
日々の生活や人生の場面での取り組みは、必ず「目的思考」によって進めます。外面の行動法内面の姿勢の、「あるべき姿」を学ぶという姿勢ではなく、あくまで「目的」に応じた「答え」を学ぶのです。そこにもちろん、真の幸福と心の豊かさという「目的」のためには、心をどう使えばいいのかへの「答え」という「学び」もあるということです。

そこでまず、「深さのレベル」最も小さい、つまり深い内面の選択があまり問われない「日常生活と社会生活の向上」では、「問題」「課題」、そしてそれに応じた「答え」が、もっぱら心の外部に示されます。「どんな気持ちでいけば」といった心に見入る精神論よりも、具体的なノウハウを持つ人から、知恵のある情報を得るのが近道です。
たとえば「仕事」であれば、「やる気」「気配り」なんて話よりも、「価値の生み出し」という行動学が、ハイブリッド心理学からのお勧めになります。どんな「価値」を生み出すのか。これこれの品質の向上や、これこれの問題発生の防止とか。それを具体的に自分の言葉として話すことができるようになった時、「やる気と気配りが大切だ」といつもガミガミ言う上司黙り、あなたに一目置くようになるでしょう。仕事自分がいかにデキる人間であるかを示すために行うのではなく、そうした「価値の生み出し」という「根本目的」のために行うのです。
そうして「目的」をしっかり認識した行動の仕方によって、私たちは「社会で生きる自信」という、「社会生活の向上」領域における大きな目標へと近づくのです。
「目的」に応じて行動を変える。「根本目的」を知ることで、行動揺らぎなくなる。それによって「臨機応変な対応力」「ブレない行動力」といったものが培われる。そのように、「目的」をしっかり認識する思考法行動法の重要さということ自体が、「社会生活の向上」における大きな「学び」の柱になるでしょう。


スポンサーサイト



お知らせ一般 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用