ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「意志」と「行動学」
「気持ち」だけで行動する心のありかたから、「気持ち」に「意志」を加えて行動する心のありかたへ。

それが、「気持ちオンリー・思いやり」という最初の型から、心の安定と豊かさ、さらに清らかさを、異次元の心の世界へと向上させていく、「心の自立へ・行動学」以降を分かつ違いになります。


この「意志」と、関連する心の基礎要素について説明しましょう。


「意志」

「意志」とは、「受け身」ではなく「自発的」に、何かに向かって思考や行動をしていこうとする「強い気持ち」などと定義できます。
つまり「意志」「気持ち」の一種ですが、さまざまに揺れ動く「気持ち」一本にまとめてコントロールしていく、上位の「気持ち」だと言えます。


「意志」がないと、「気持ち」は、まるで先生がいなくなった幼稚園の教室のように、まとまりがなくなります。リーダーがいないスポーツチームのように、ばらばらで、作戦も立てられないまま、弱いチームになってしまいます。

そこに、「意志」というリーダー役が登場することによって、「気持ち」が一つにまとまった「強さ」が生まれます。


「意志」があるとは、それだけで「強さ」の感覚を生み出すものです。
私たちはそれを、「意志のある人」「意志のない人」という言葉だけでも、直感的に感じると思います。


「病んだ心から健康な心への道」において、「意志」を持つとは、次のようなイメージです。

それは、「受け身意識の川」の中で、「気持ち」という川の流れにただ流される状態から、川底に足をつけて、自分の足で立って歩くようになるという変化です。

「未熟」から始まる心の成長の歩みにおいて、「気持ち」の川の水は、最初は雨がふったあとの泥水のような世界でしょう。
そこから、より澄んできれいな水が流れる、上流の心の成長と成熟の地へと、歩んでいくのです。


これは「嘆きからの抜け出し」でもあります。
親が来て暖かく助けてくれるという甘い嘆きの中で鳴き続けるヒナでいることをやめ、自分の足で食べ物と寝場所を探しに行く、幼獣として生きていくことを選ぶということでです。
(参照:2/12『病んだ心から健康な心への道-5』


行動学

次に問題になるのが、「意志」によってどう行動するかです。


「意志」があっても、その使い方を誤ると、元の木阿弥です。
行動の仕方が相変わらずの「気持ちの思いやり」では、川の中に体を浮かせて泳ぎましょうという話です。
どんなに頑張っても、川の流れに流されていきます。「赤の水」が流れてきて、心に力みを入れ、疲れがたまってきます。
やがて嫌になってしまいます。
(参照:2/11『病んだ心から健康な心への道-4』

それでは「意志」も消えうせてしまいます。


川の流れに流されずに歩くためには、コツやノウハウがあります。

実際の川であれば、川の流れに真正面に向くよりも、横を向く方が、流れの勢いに負けなくなります。そこから、焦らずに、足を川底にしっかりとつけたまま、少しづつ歩いていきます。


対人行動においては、揺れ動く「気持ち」を超えて、一貫として目標にできる、別のものに目を向けることです。

一つは、人のその場その場の「気持ち」根本にあるものです。つまり、根本にある「望み」に目を向けることです。
自分の「気持ち」の根本にある「望み」に目を向けることです。
そして、人の「気持ち」の根本にある「望み」に目を向けることです。

もう一つは、「賢いルール」に目を向けることです。
これは2/21『「感情による決めつけ」の解除-5』でも触れましたね。それを実行すれば人に信頼されるし、それに反することをすれば、信頼されなくなる。そうした「原理原則」を知ることです。


この2つの着眼点によって、人から愛されない時に「自分が悪いのか・・」といった、気持ちで考える善悪思考を、解体していくのです。

善悪はまずは、はっきりとしたルールで考えます。
個人と個人の間の、曖昧なひいきの問題として考えないことです。もちろん個人的なひいきというものも、存在します。しかし個人的なひいきルール違反を許した時、ひいきした方もされた方も、社会全体からは「愚かな行動」として見られ、いずれうまくやっていけなくなります。


自分や他人の根本の「望み」に目を向け、賢いルールとなる「原理原則」を踏まえて、行動を決めていきます。

これを「行動学」と呼んでいます。

ハイブリッド心理学では、多少重なるものですが、3種類の行動学を重視しています。
「建設的対人行動法」「原理原則立脚型行動法」「ウインウイン行動法」です。これをあとで説明しましょう。


「心の自立」へ

「意志」によって自分の足で立ち、「行動学」によって歩き方を向上させていきます。
これは外面行動への姿勢になります。

一方、こうして「気持ち」を超えたもの行動の軸にすることで、内面感情においても、自分自身の「気持ち」への、根本的な姿勢の変化へと踏み出すことができます。


それが「心の自立」です。次の記事で説明しましょう。

スポンサーサイト



対人行動と対人感情 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用