ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

特説・「心が良くなる」とは-21・望みの変化3
「望みの変化」真髄についての解説です。一記事に収めたいところですが、かなりじっくり時間かけて教科書的文章練り上げており、これが前編になるかと^^。明日はまた日帰りスキーp(^^)q


「望みの変化」の真髄

では「心が良くなる」ことの真髄部分として、「望みの変化」真髄「魂と命」「心の業と病みの捨て去り」についてざっと説明していきましょう。
それがこれまで説明してきた「外界現実への向かい方」「積み重なり」実践的思考と、前記事で説明した「現実を生きる」という根本姿勢どう関わって起きるのかなど、把握できると良いかと思います。

まずは「望みの変化」真髄部分です。

基礎部分は、「外界現実への向かい方」「積み重なり」の中で自分に「望みを問う」ことを続けることによって起きるものであることを、『望みの変化2』説明しました。それは基本的「未熟から成熟へ」方向変化になるだろうと。


「命の生涯」における「望みの成熟」

それに対し、「望みの変化」真髄部分とは、ずばり、「命の生涯」における「望みの成熟」です。

「命」というものがこの世に生まれ、文字通り「命」を尽くしてこの「現実世界」を生きることで、その個体が抱く欲求望みは、ただ貪欲に「与えられる」ことを求めるという「未熟」から、やがて自分の足で立って歩き、自ら生み出し新たな「命」を育てていく中で、「自ら与えていく」という「成熟」変化していき、その全て尽くされた時、やがてもう何も躍起に求めることなく満たされたものになる中で、その生涯終えていく。

これがハイブリッド心理学心の思想の、最大の原点になるものです。その、「命の生涯」に沿うことなのだ、と。薄っぺらい「自分」という意識、つまり「自意識」超えて。


「自意識」という「心の業」

ただしこれが大草原を生きる草食獣肉食獣念頭にすれば何となくイメージはできるとしても、人間においては、その本性からして事情はちょっと異なってきてしまうのが「現実」のようです。
人間はその本性として、「心の業」抱える存在でもある、という「現実」において。
「自意識」という心の業抱える存在であることにおいてです。

そこで起きる問題とは、自分がどう見える・・に対してであると同時に自分に対して・・に躍起なることで、「命」望みに向かい現実に向かうという、「命の生涯」本来の姿を、の中見失うことだと一言では言えるでしょう。


現代人の一つの姿・・

そうして起きる問題をさらに外面行動内面感情について一言で言うならば、外面においては、とかく内容を欠いた「頑張れば何でも」といった精神論絡みやすいものとして、「努力」という観念をめぐる、内実のないまま「盲信」「盲進」、あるいはその「反発」「嫌悪」「軽蔑」といった混迷があげられます。そのどちらもが、人生の時間前に進むことなく空回りするようになるものとしてです。

そして内面においては、命が望みに向かい現実に向かうということが、私たち自身の「気持ち」において一体どのようなものであるのかを、人生の早期見失うことです。ありのままの感情をしたり、カモフラージュし別の感情に対し、そして自分に対して装ったり本来の望みから遠ざかった別のものへの感情を、自分の望みであるよう錯覚したりといった、複雑な心理メカニズムの中でです。

この2面が結びついた結果は、自らを欺いたような、真の望みではないものに向かって、「努力」への盲信反発混迷の中で、人生というものへの不明を抱えながら時だけが過ぎていく・・といった、現代人一つの姿のようなものが見えてきます。


「命の生涯」への回帰の取り組み

ハイブリッド心理学行おうとするのは、そのように「自意識の業」によって惑う生き方から、「命の生涯」へと回帰する取り組みだと言えます。

そのために重要なポイントを、上述外面内面問題照らし合わせ、これも一言で言うならば、外面においては「目的」をはっきりと意識した「外面現実への向かい方」の論理的思考を、日常生活実践することです。

「目的」応じた「答え」が、「外界現実」あるからです。感情反応する「外面現実」ではなく、その背後にある現実世界としてです。
そうした思考積み重ねが、私たちのを、「現実」という大地によりしっかりと根を下ろしたものにしていきます。その中で、「努力」への内実を欠いた盲信盲進あるいは反発嫌悪を、「目的」に応じた合理的な行動の仕方へと変えていくことです。

そのように「外界現実」にある答えは、私たちがどう行動できるか、そして目的がどう叶えられるかと同時に、私たちがどのようには行動できないそして目的がどうは叶えられないかの不完全な「現実」をも示すことになります。
それに対して自分の心がどう感じるのかの、ありのままの姿向き合い続けることです。自分心の底一体何を望んでいるのかというのを、一番重要な視点にしてです。これが内面の話になります。


「望む気持ち」「望みの感情」を感じ取る

そこで重要になるのは、私たちが普段感じる「感情」というのは、私たちがに抱く「望み」前提として、今目の前にある「外面現実」良し悪しへの反応として起きるのですが、そのように普段「感情」を感じる姿勢だけだと、前提にある自分自身の「望み」を、「感情」「気持ち」として感じることがあまりできないという事実です。

「外面現実」への「反応」としての「感情」では、私たちは自分自身本当の「望み」を、感じ取りにくいということです。それはまさに、目の前「外面現実」流されて、大元の「望み」から遠ざかったものであるように。

これが、「望み」「未熟」であるほど端的に起きます。「望み」がというより、「未熟」であるほど、というのが正解かも知れません。
たとえばある相手との関わりにおいて、反応として「怒り」起きるとします。しかしその人「望み」は、その相手とのより良い親愛を築くことであるかも知れないし、その相手との関係をなくすことであるかも知れません。
ならば重要なのは、その怒りをどう晴らすかではなく、望みはそのどちらなのか明確にすることです。それに応じて、無駄な衝突を避けながらその望みに向かうための、より良い行動法「外界現実」の中に示されるからです。

そのため、目の前「外面現実」への反応としての感情だけではなしに、自分そもそも目の前のものとは違うどんな「外面現実」望んでいるのか、あるいは望んでいたのかを問う、それに向き合うという意識姿勢実践が、とても重要になってきます。
それを、目の前外面現実への感情においても、自分でごまかしがちなものから紐解いていく実践は、この心理学において「感情分析」と呼ぶものになります。他の取り組み「瞑想」「内観」と呼ばれる作業も、その本質的目的同じようにここにあるのかも知れません。


「望む気持ち」「望みの感情」はそのように、特別姿勢意識思考によって感じ取ることのできる、「感情」の中でも別格になるものだだと言えます。
それを羅針盤にして導かれ道のりを次に。

スポンサーサイト



特説・「心が良くなる」とは |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用