ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

特説・「心が良くなる」とは-12・積み重なり3
なんかぜんぜん気温が上がらないですね。昨日の報道ステーションでの天気予報を思い出し、「上がるって言ったのに~♪」思わず即興で歌った島野でした^^; (ぜんぜんメロディになってない。あはは^^;)


論理的思考に増して重要なもの・・

さて、「個の領域」から「関係性の領域」そして「人生の領域」へと、「外界現実への向かい方」展開ざっと説明してきました。

それは一言で言えば、その良し悪しによって感情の良し悪し反応が起きるような「外面現実」より良くするためにも、直接は目に見えないさまざまな「現実の法則」を持つ「外界現実」見る目を持ち、自分自身しっかり納得できる「確かさ」の積み重なりとして、「外界現実への向かい方」学び考えていくことが重要だ、ということになります。

そこでは、
・「行動学」は「個の領域」における答えを素材にして行う
というになったところで、いざ人に接する段になったらもう論理的に会話する必要などない、というまでしました。

これを引き継いで話を進めましょう。いちおう「積み重なり」についての話の締めとして。


人との「良い外面現実」として・・

人との会話というものが、あまり論理的である必要などない。
これは2つの点で、そう言うことができます。

一つは、そこで言ったことのおさらいにもなりますが、論理的にしっかりつなげる思考は、まず自分自身の中「外界現実への向かい方」着実なものにするために重要になるものだということです。
人とディベートして勝つためのものではない。そもそも言い争いで人に勝つという行動自体が、大して「良い外面現実」などではないことを、「関係性の領域」一つの題材テーマにしたいものです。自分本心どう感じ考えるかと。

そして人との行動では、論理を滔々と話すなんてのよりも、一目瞭然の答えを示せる行動が、より良いものです。「こうするといいヨ♪」と、その場の人々望む一目瞭然の結果を示せれば、くどい説明も議論も必要ないのです。
自分思考過程は、まずは自分自身のためのもの。次にもし「なんで?」聞かれた場面があった時だけ程度に、「だってこうだから」と説明できるのが、グッドな行動法です^^。


重点は「望み」「目的」という「起点」へ

もう一つは、そうして社会を前にするになった時、つまり「関係性の領域」ひいては「人生の領域」になった時、「外界現実への向かい方」着実にするための論理的思考の「過程」に増して、私たちが目を向けるべき、重要なものが出てくるということです。

それは、「外界現実への向かい方」着実にするための論理的思考「過程」の、そもそもの「起点」になるものです。
論理的思考「過程」から、その「起点」に、目を向けるものの重点移ってくるのです。

そうした「起点」とは、「何を望むのか」「何を目的にするのか」です。「望み」であり「目的」です。
そもそも、それあってのものであるわけです。私たち人間論理的思考という脳の機能とは。これこれの目的のためには、こうする良い。なぜならばこれがこうして、あれがああなるからだ、と。

ところが、そうした「そもそもの望みは何か」「そもそもの目的は何か」を、見失いやすいのがこれまた人間の思考です。「そもそもの目的を見失い・・」といった文章を、日常の中でも見かけることもありますね。
で、その後にどんなことが起きるという話なのかというと、大切な資源、たとえばお金や時間を、無駄なことに使ってしまう。どっかの国の政府のように(?^^;)。そもそもの目的をしっかり意識してそれを使っていれば、得ていたであろうもの失う形で・・。

そうして得ていたであろうもの一つ一つが集まって、私たちの「幸福」というものが形作られるわけです。それを失うことだと言えます。「そもそもの望み」「そもそもの目的」を見失うとは。

これが人間の心の業の一つ・・というか、もっと基本的「愚かさ」一面と言えますね。重要なのは「頭の良さ」ではなく「賢さ」なのだと。それは自分が何を必要としているかを、自分で知っていることなのだ、と、『積み重なり1』で話したことですね。


「目的意識」「目的思考」の重要性

かくして、「目的意識」「目的思考」重要性というものを言うことができます。

まず「目的」からしっかりと意識する。何を目的に、その行動を行うのか。
なぜなら、目的が違えば、別の答えが出てくるからです。同じ行動を行うにもです。同じ外界現実場面を前にしても、とも言えるでしょう。
たとえば毎日買い物で、食品少し変えようとした場合、それがダイエットのためなのかそれともお金の節約のためなのかで、違う答えが出てくるであろうように。

「外界現実への向かい方」としての論理的思考とはそのように、「目的」とセットだと言えます。

それと異なり、「目的」とセットにならない思考というものがあります。
「善悪思考」です。ある行動良いもの、悪いものだという思考が、一人歩きする。それによって私たちが「幸福」失うことにつながった時、まさに「善悪思考」人間の業だというテーマが見えてきます。


「目的」のさらに起点となる「欲求」「望み」

いずれにせよ、まず「目的」は、「外面現実」としてこういう「結果」になればいい、というものとして明確化されます。
そしてに、ここまで述べたような「外界現実」への論理的思考によって、何をどうすればいいという具体的「行動目標」が定まる、というになります。

これが、「外界現実への向かい方」の論理的思考の、一セットです。
「目的」を、「外界現実」側に属するものとして。

するとそこにさらにそもそもの起点となるものがある。「欲求」「望み」です。ここで話が「外界現実」から、私たちの「内面」の側に移ってきます。


「目的」と「望み」

「目的」「望み」は、また別のものです。

私たちは、それが私たち自身の望みあろうとなかろうと人の行動目的尋ねることで、「ならこうするといい」というアドバイス、あるいは話し合いをすることができます。「何が目的ですか」、と。
それが外界現実についての論理的思考というものです。

さらにそれが「望み」あるのかどうかは、また別だということです。私たちは「仕事」というものを、「目的」明確にすることで、無駄なく効果的に遂行することができるようになります。しかしそれが「望み」と言うと、話がぜんぜん別のことが多い^^;

自分からある行動をしようとしている本人にとっても、このように「目的」「望み」一段違うものであることが多々あります。
その時、「本来の目的を見失った行動」という言い方をするのと同じように、「本来の望みを見失った行動」・・とは、あまり言いませんね。
あるのはこういう言い回しになるでしょう。「自分の望みが分からないままの行動」あるいは、「自分の本当の望みに嘘をついた行動」と。

本来の目的再確認することが、行動無駄のないこと取り戻させます。
本当の望み自覚することが、それを超えて、人の行動根本的に変える力を持ちます。
こう尋ねることで。「それがあなたの本当の望みなのか」と。

かくして、異性に拒絶された憎しみから、相手の人生妨害しようと何かの行動駆られた人を前にした時、「それがあなたの本当の望みなのか」と問いた時、その人涙の中でその行動を取りやめるかも知れません。


「外界現実への向かい方」から「心のそのものの変化」へ

さて、「心が良くなる」とはというテーマについて、ここまで「外界現実への向かい方」という側面について一通り見てきましたが、ここでその真髄の部分突入することになります。

「外面現実が良くなれば感情も良くなる」のは、そもそもの前提として、それに該当する「欲求」「望み」があるからです。(『心そのものを根源とする感情』

「外面現実」よりうまく良くできるようになるため、「外界現実」への向かい方向上させる。これが「心が良くなる」ことの最初の側面だとして、そもそもの前提である「欲求」「望み」に、根本的な変化が起きる。
ならばこちらが、「心が良くなる」ことの、真髄であるのは疑いのないことでしょう。

そしてもう一つ残されたのが、「心の業と病み」捨て去りです。

これら全てを、「外界現実への向かい方」という大枠捉えているのが、ハイブリッド心理学です。「心頭滅却すれば火もまた涼し」型の、精神力に絶対なものを求める流派とは異なり。

「外界現実への向かい方」と、そうした「心そのものの変化」どうつながるかの、一番最初の部分をここで説明しました。
「目的」から「望み」へという、「そもそもの大元」つながりです。

さらにその根本的変化どこに起きるのか。「心の業と病み」捨て去りと合わせ、大枠を次に説明しましょう。

スポンサーサイト



特説・「心が良くなる」とは |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用