ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

特説・「心が良くなる」とは-11・積み重なり2
この記事は一度アップ寸前PCがフリーズし、起動し直したら中身が全部消えてしまうというトラブルを経ました@_@;; う~んバックアップ手法ちょっと向上させねば@_@;;

なおこの『特説・「心が良くなる」とは』カテゴリー化しました。『詳説・実践のポイント』サブカテゴリーという形で。
こうした
カテゴリーからのより便利な記事参照方法を用意できるかどうか、今後検討していきたいと思います^^。


3領域の3段で積み重なっていく「外界現実への向かい方」

ということで(^^;)手短続きを書きますと、「個の領域」「関係性の領域」「人生の領域」という「外界現実への向かい方」展開において「積み重なり」であることが決定的に重要になる、2つ目側面の話になります。

1つ目の側面は、全般的な話で、「確かさの積み重なり」であることでした。(前記事
小学校から始まり、何年も「学校」というものに通って確かなものとした知識からも、しっかりつながるものであることが重要そうでないものは、そもそも論理的思考など無縁に、「きっとそうだ」という感情の針が振れただけの思考である可能性高い。そのように感情に流れた思考では、正しい答えを納得理解し、それに沿って自分を変えていくということが基本的にできない、という話になるかと。

2つ目の側面は、「外界現実への向かい方」というものが、その3つの領域3段によって積み重なっていくものであることです。


料理のように・・

これは例えるならば、作り方のように。まず「個の領域」という基礎土台があり、次に「関係性の領域」という支柱があり、「人生の領域」という内装外装がある。
そこで、前提となるものをしっかり作らないまま、次のものをいくら豪華に作ろうとしたところで、容易に崩れ去ってしまう。基礎土台がないままいくら豪華な家を作ろうとしたところで、それはちょっとした地震ちょっとした強い風だけで、脆くも崩れてしまうであろうように。

いやその例えはまだ少し違うのです。そこでは基礎土台支柱内装外装と、3段階のそれぞれで、それぞれ別のものとして作りこむものがあります。あとの方のものほど手間をかけるものとして。

よりぴったりと合う例えは、料理です。
具材が、「個の領域」です。「関係性の領域」は、調味料という、具材に添えて料理としてまとめるものです。
「人生の領域」は、レシピです。これは料理そのものではなく、その作り方についての人それぞれの工夫のあり方です。

自分という具材がなければ、料理はできません。自分という具材を、良く知ることです。調味料使い方はどんな料理でもだいたい同じものですが、具材によって合う合わないがあります。そうしておおよそ自分という具材をもとにした料理の可能性が分かったところで、いよいよ、自分なりの最高のレシピを練っていくのです。


前の領域の積み重ね方として次の領域がある

そんなものとして、「個の領域」から「関係性の領域」そして「人生の領域」での「外界現実への向かい方」展開とは、

「前の領域の積み重ね方として次の領域がある」。

とも表現できるものになります。
まず「個の領域」から始め、それをどう広げるかとして「関係性の領域」があり、まずは人それぞれ・・ではなく誰でも誰にでも普遍的に応用することのできる行動法習得してから、最後に、自分なりそこから一番勝価値のあるもの軌道づけていくのが、「人生の領域」です。

この点、誤った姿勢としてありがちなのは、前の領域への「不明」を抱えたまま、次の領域を考えようとするものです。
自分というものを良く知らないまま、人との良い関係を考える。これは自分を見失ったまま人との関係を焦り、動揺に振り回されることに、まずなってしまいます。
生きるとの空しさを前に、「人生とは一体・・?」なんて考えようとする。この思考の表面には見えませんが、それは「個の領域」および「関係性の領域」のための「外界現実への向かい方」学び放置したまま可能性が高い。まず誰もが学びたい人生の生き方の基本学ばないまま、人生への疑問をころがそうとする思考など、全くの無駄なのです、と言えます。


「行動学」は「個の領域」での答えを素材に行う

こうした積み重ねにおいて、「取り組み実践」かなり重要になってくるのが、

「行動学」は「個の領域」での答えを素材に行う。

というものであることです。

「個の領域」では、「外界現実」の中に、まずは「物理自然現象の法則」から始まる、誰の目にも見える答えがあります。
それが一目瞭然であるから、それを素材にした「建設的対人行動法」「原理原則行動法」「ウインウイン行動法」といった「行動学」によって、無駄な諍(いさか)いを持つことなく、相手を自分の望む方向に動かすことが可能になるのです。

ですから、まず前記事『積み重なり1』で述べたように、何年も「学校」というものに通って得た知識からもつながるものとして、まず自分自身「それはなぜ?」という「理由」しっかりした答えをまず考えて出すことです。
それを素材あるいは手土産として出すものとして、そうした行動法をすることで、うまくいくわけです。それが「神の計画によるもの」なんてちんぷんかんぷんな話素材にしたら、どんな優れた「行動法」を試みたところで健全な人であれば誰もそうは動いてくれませんね^^。


「変われない」ネックその1・自分の答えを持たないままの行動法

「変われない人」決定的ネックこの話の文脈において2つあると前記事で触れておきましたが、その一つがここにあります。

それは、自分自身での答えの素材を持たないまま、行動法を試みようとするものです。に対してとにかくそうした行動法で向かえば、答えが出ると期待するかのように。
あるいは、とにかくそうした行動法「心がければ」、うまくいくのではという「気持ち」「姿勢」の話であるように捉えている方もおられるかも知れません。

そのようなものではありません。まず自分自身の中で、論理的に考え、答えを出すことまでを実践するのが「自分への論理的思考」です。その答えしっかり確かなものであれば、上述のような行動法によって、無駄な諍いを避けて良い関係を築くことを最大化できるということです。


人との会話はもう論理的である必要はない

あるいは、いざ人との会話になってから、論理的思考をしようとするものかも知れません。その姿勢だと、まず言ってあまり確かではない論理、つまり屁理屈の応酬で口げんかという流れなりかねません。

まず自分自身の中で、論理的に考えます。そこから人との会話になったら、もう論理的である必要などないとも、言えるのです。なぜなら、「現実の結果」として答え一目瞭然であれば、議論する必要もないからです。そうした答えを、まず自分の中で、先に持つようにすることです。

その点、の普段の人との会話など、よほど理論的に滔々と・・といったものを想像された方もおられるかも知れませんが、実際で、自分の考えを理論的に話すことなどめったにありません。「ふ~ん、あっいいよー。じゃーこうするー」という感じが主の素朴なもの^^。


・・とここまでを夕方までに突貫工事練り直し書き直したところで、そのあと彼岸ということで家族一同で墓参りと夕飯
そこから戻り、
関連話題を一通り書こうかと思いましたが酒を飲んだこともあり、今いち頭が働かない(^^;)こともありここまででアップしておきます^^ゞ
なお
明日日帰りスキーを予定ということで、あまり間を置かないようもっと細切れにでもアップしてくいくことなども検討しつつ行こうかと思います^^。

スポンサーサイト



特説・「心が良くなる」とは |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用