ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

詳説・実践のポイント8・いざない6・歩みの扉1
読者広場で以下に貴重変化体験報告など頂きコメント入れてあります。
「自分から愛せる心」への変化というテーマですね^^。

『半年以上前に書き込みした者です』 ゆうすけさん No.438 2012/02/11


「歩みの扉」

では「いざない説明」3つのテーマ「全体」「鬼門」「扉」最後のものについて説明したいと思います^^。

タイトルにもつけたように、「歩みの扉」です。「変化の扉」ではなく。
つまり、この扉開かないと、何も始まらない

そして驚くべきことに、この扉が開いていないのが、世の人通常でありそう。
当然ですね。世の人変化しない心で生き続けるのは。そもそも変化に向かう歩みを、始められないのですから。

今までハイブリッド心理学長らく書いてきましたが、これを長く読んでおられる方も、変われないとすればこれが最大の原因と思われる要因

そんなものとしてあるのが、この「歩みの扉」であるものです。
その実体は、2/10の『写真と言葉』の『答えは全て自分の中にある、のではありません』で触れておいたように、「現実を見る目」です。

それを持たなければ心は変わるわけもありません。心が変わるための軸ないからです。
心が変わるための軸ないとは、今の心で感じる感情で見た現実を、「現実」だと思っているということです。「現実」だと感じるものも、それについて思考することも、全て今の心の感情を鵜呑みにした、どっぷり感情の中につかった世界の中でしか動いていないということです。

それでは感情動揺の世界のまま、変わりようがありませんね^^。


「現実を見る目」からスタートする歩み

この「扉」説明では、そうしたものとしての「現実を見る目」について、

そもそも感情動揺を克服する、ひいては感情が良くなる、心が良くなるとは、どのように起きることなのか確認理解
そこにおける「現実を見る目」位置づけ
という序論説明から始め、

そうしたスタートラインとしての「現実を見る目」妨げられる、「心に取り組んでしまう」という「逆姿勢」代表的2つの姿勢
指摘説明し、
これらを踏まえた上で、

「現実を見る目」使い方として、「知る」「学ぶ」「心を晒す」そして「超える」という「4次元の使い方」がある
なんてことなど説明したいと思います。


これがまずは、「心に取り組むのではなく現実現実への向かい方に取り組む」という、この「いざない」つまり事前心得としての、「全体」「鬼門」「扉」最後のテーマになります。

あくまで事前心得。こんな役割位置づけとして、「現実を見る目」がありますよ、と。

そしてその「現実を見る目」を通した「現実知」生み出すのは、結局のところ「自分への論理的思考」です。
感情を鵜呑みにして感じた「現実」ではない「真の現実」見るということですから、それは感情を鵜呑みにした思考で考えた現実ではなく、感情を鵜呑みにしない論理的思考で考えた現実という思考を、どう働かせることができるかです。

ということで、まずここで説明する「現実を見る目」は、どちらかと言うと心得姿勢の話です。
その姿勢に立って、具体的に実践するのが「自分への論理的思考」。この解説を、この「いざない説明」を終えたら間髪入れず続ける予定^^。


「真の現実」とは・・

それによって、私たちそれぞれ生きる「現実」を、私たちそれぞれ捉えるという取り組みです。誰に「これが現実だ」と言われたものでもない、「真の現実」をです。
まこの「真の現実」とはと言うのが、結構難しい話なのですが、先の「鬼門」説明における「“自分ごと”ではない高みを目指す」同じ程度には分かるだろう話として説明できればと思います。

・・と書いて実は気づいたのですが、

「真の現実」=「“自分ごと”ではない高み」

だとほぼ言えるんですね。
鬼門説明では、「競争心」を、「“自分”より劣ったものを叩く」から「“自分ごと”ではない高みを目指す」へと水先を変え「手なづける」のだと書きましたが、そこでの「“自分ごと”ではない高み」は、まさに「自分への論理的思考によって捉えた真の現実の中にある答え」だということです。
それを体得した時、私たちはこの「現実世界」を生きる自信を得るのです。それが、日常においてから湧き出る感情ベース良いものにしていきます。まこれがこのあとの最初の説明テーマ答えなんですけどね。


ということで、以上骨組み整理ということで、それぞれ書いていきます^^。

スポンサーサイト



詳説・実践のポイント |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用