ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「宴会恐怖」「人の和アンビバレント」が完全に消えるまで-7・より深い学びへ
人の和アンビバレント根本消滅までの通り道ポイント

では引き続き、「基本形」から問題消滅までの通り道ポイントを書いていきましょう。


まずとして大きく3つになります。

前提状況「深刻形」段階との違い

外面行動法における前進。つまり歩み方ガイドでの右ハンドルですね。これを意識して向かい直すだけ前進できる面もあれば、それはそれで大いに結構

内面向き合い共にする前進。これはつまり、人の和アンビバレンスの根源にある心の闇への向き合い含むものです。右ハンドル妨げる原因しっかり見据え左ハンドルも切る必要があるもの。もちろんその後にまた右ハンドルです。3段階ハンドルさばきフルバージョンです。
「ハンドルさばき」については2011-11-19『成長の道標への歩み方-6・ハンドル操作の基本4』など参照^^)


前提状況

他人の問題ではなく自分の前進の問題だと心底から感じることができ、「深刻形」からは抜け出せたことが、以下の話前提です。でないと、ここでの話馬の耳に念仏になるということで^^;

その6で述べた3つのポイントまとめて書くと、

愛のあるべき姿の固定観念の下に、人の和にそぐわないと感じる自分への怒りを、他人の側の圧力として言い訳する。
というものから、
愛の形への固定観念による怒りを捨て、愛が欲しくて自分で嫌になるような嘘っぽい親しさ演技しか分からないでいる自分を認められるようになる。

といった変化になります。

以下に説明する前進の仕方反発抵抗を感じる場合は、まず言って「深刻形」段階であることが考えられますので、その場合はその6駒を戻すということになります^^。


生き方の全体を自己能動的に

あるいは「深刻形」ではなくても、自分の前進の問題とは感じることができないケースはどうしたらいいか。受け身の姿勢の中で、人の和に惹かれる感情と、自分からはただ怖いといったアンビバレントといった状況などが考えられます。

これは自ら前進するための基盤になるものでもありますが、結局生き方の全体受け身ではなく自己能動的にするのが、まず言える取り組みです。

そのためには、その4読者広場B子さん質問へのコメントに触れて述べた通り、「自分への論理的思考」一番基礎になるものだと思います。
「なぜ」から「確かめる」までの「自分の考え」持てることで、自身の生活態度から人への基本的な接し方まで、全般的自己能動的にしていくことが可能になるのではないかと。
これはもちろん、本を一度読んで感銘してどう変われるかといったのとは対極の、日々の日常の中での着実地道な実践の積み重ねになります。


より深い学びへ

そのように、自分の前進の問題感じることができる、さらにその意志を持てることを前提として、「基本形」アンビバレントその4参照)の根本克服への取り組みは、まずは再び外面向け建設的な思考法行動法学びです。

その5では、人の和基本的な位置づけについての学びを示しました。「楽しみと向上の共有」として営まれていることを見る目を持つことです。人物の認め合いバトルにおける椅子取りゲームとしてではなく。

ここではさらに、「和」「個」「愛」位置づけについての学びです。
心が健康で自立した世界におけるそれについて。また、心の治癒成長成熟目指すための、その捉え方です。

対極的に、心の未熟と病みの目からはその位置づけどのように見えるかについても示しましょう。その心の罠から抜け出し、別れを告げるために。


「和」と「個」と「愛」の位置づけ

それはこのようになるものです。

「和」「個の確立」の上に、また「個の確立」のためにある、「個」を補い合い高め合うための場です。
「個の抹殺」の上に愛を与えられる場ではなく。

「和」「愛」を与えられるための場ではありません。「愛」はあくまで「個」と「個」の間で築くことが問われるものとしてです。もちろん、「和」がそれを促し仲立ちする役目大いに果たします。

ですから、私たちが人の和向かうためにまず成すべきこと、取り組むべきことは、「自己の確立」なのです。
それを携えて、人の和に向かうのです。


「自律的」な「楽しみ」と「向上」へ

そのために一番基礎になるのは、上述の通り、「自分への論理的思考」によって生きることの全体を、受け身ではなく自分自身でハンドルさばきをする自己能動的なものにする、日々の日常の中での着実地道な実践積み重ねです。

そこで、人にどう見られどう喜ばれるかからは一応独立した、つまり人に見られよう見られまいと、人に喜ばれよう全く関心を持たれまいと、自分自身として楽しみ喜べる、「自律的」な「楽しみ」と「向上」を、まず自分自身で持てるようになる・・否、持てるようにすることです。
なぜならここで決定的転換は、私たちが実際に何を楽しめるようになったかの「結果」問題ではなく、自ら楽しむという「意志」問題だからです。


歩みの全体の中で

これが「人の和」への向かい方の、「より深い学び」です。
ここでも、こうした学び意識して向かい直すことで人の和へのアンビバレント克服できれば、それに越したことはありません。実際私の場合も、こうした姿勢の先に、趣味のスキークラブ活動に参加したりする生活を通して、心が成長し、自然克服解消に向かった側面もかなりあります。

他の視点とも合わせて歩む中でです。『いざない1』でも述べた述べたように、心の悩みは、「悩むこと」取り組むだけでは、基本的根本克服できません「悩んではいないこと」についても幅広く、ということは結局人生の生き方全体取り組む先に、あらゆる惑いになる心の成熟変化として、それは訪れるのです。

それでも特に関連する視点を言うならば、「望む資格思考」打破などが挙げられます。楽しみ向上の共有があれば誰もが参加することができます。決して、人物の魅力や性格の良し悪しで和に参加する資格が得られるのではないのです。
私自身スキークラブ参加当所は、人に接する時自意識過剰でチグハグな自分悩む場面も多々ありましたが、「参加する自由」の思考歯を食いしばって続け、やがてクラブの中でごく落ち着いた自分のポジションを得ていった経緯があります。

あとは「怖れの克服」というテーマ全般重要になるでしょう。アンビバレントを構成する感情一つに、必ず「怖れ」あるからです。
これについては、「幽霊への恐怖」といったごく卑近なテーマから、その根本克服取り組む歩み決定的な役割を果たすであろうことを、ここでお伝えしておきましょう。

そして「自尊心」をはっきりと「生み出す」ことに置く思考洗練です。日常仕事の中で触れ動く、自他へのプラスとマイナス感情の揺れ動きを、そのにある価値観問い直す作業としてです。

結局、建設的な思考法行動法と価値観への取り組みの、全体になりますね^^。アンビバレント克服への原動力も。


一方、こうした外面向け思考法行動法による前進とは別に、内面だけで行われる転換による前進側面があります。
「人の和の中で愛が与えられる」ことへの置き去りにされた魂の願いと、そこに潜む心の業を見据える、神秘的心の治癒側面です。
まるで脳から変化していくような、全く異なる、異次元の未知の心への成長成熟もそこにあります。

これを次の記事でまとめていきましょう。

スポンサーサイト
詳説・心の治癒成長メカニズム |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (396)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (1)
月別全記事
QRコード
QRコード
管理者用

FC2Ad