ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「宴会恐怖」「人の和アンビバレント」が完全に消えるまで-4・基本的な考え方
読者広場にて以下にアドバイスコメント入れてあります^^。

『立ち位置について』 B子さん No.419 2012/01/05
へのコメント第2弾として
『「自分に対する論理的思考」の基本』 しまの No.424 2012/01/14
です。
このトピックへのコメント第1弾部分と合わせ、「自分に対する論理的思考」実践先行解説になっていますので、ぜひご参考頂ければ^^。


結語

ではこの話の結語を。

問題消滅まで何がどうつながっていくかを考えていたところ、ちょっと収拾つかないほど色んな話(^^;)が浮かんでしまっていた次第です^^ゞ
結局それは、「人の和」へのアンビバレントひいては「人」へのアンビバレントというものが、私たちの心の惑いの、基本的な表面の結果とも言えるものであるからではないかと。
だからその根本克服は、心の惑い根本克服全体イコールになるという話なのだと思います。

それでも、「どうすれば克服できるか」を、初めてこの話をする人にも何とか分かって頂けるよう語る言葉を持てることが島野の課題だと考えた時、結局、「詳細マップ」などに照らし合わせて教科書的に表現するとどうなるかを、まずはまとめてみることだと思えた次第です。

この問題意識する上で、押さえるべきポイントを押さえた上で、可能な限りの一番短い文章で。多少そこに説明不足が出たとしても。それについては該当する「道標」について集中的学んで頂けばいうことで。

するとこんな感じです^^。


問題内容

まず問題描写から。
宴会パーティ集団旅行などの「人の和(輪)」というものに対して、惹かれながら抵抗を感じるという、アンビバレント(両面的)な感情を抱く状態。それにまつわり、さまざまな感情動揺が起きるものです。

「基本形」には、人の和入りたいが自分からは困惑感が強くできない。実際に入る、あるいは誘われる心が硬く閉じるかのような心身的、つまり生理的感情とも言える反応。
また、人の和の中逆に孤独感を強烈に感じる、などといった類。

「深刻形」では、人の和というものについて、「利己的な人間達の上辺演技だけの結託」というように軽蔑嫌悪感を感じる一方で、実際に人の和がそこにある状況におかれると、自分も一員である状態になることへの「絶望的な焦り」に駆られ、「自分だけ除外される」と感じるような状況で怒り憎悪に駆られるといった、あまりにも食い違う極端なアンビバレント状態が見られます。
その1など参照)


克服への基本的な考え方

これらの感情動揺は、「できあいの人の和(輪)」、つまり他の人々によって作り出されている人の和に接して、自分がどう「受け入れられる」か、どう「扱われる」かという受け身の意識になった時、未熟病み抱える度合いに応じて、どうしても起きてしまうものと言えます。

克服は、健康な心の世界での人の和のあり方と、そこでのオープンで建設的な行動の仕方についての学びを携え、「楽しみと向上の共有」として向かい直すこと、さらには人との絆そして「愛」を、自ら築くものとしてどのように向かうことができるかに取り組む、心の成長への歩み全体が、克服へのになります。

問題克服解消は、「これが人に向かう自分のあり方だ」と言えるものを、満足安心が感じられ、かつ、「こう見られる」「こう見られれば」といった自意識の揺らぎ内に含むことなく持てるようになることで、実際の人の和に接してももはや気持ちの動揺反応起きない状態として、訪れると言えるでしょう。

そうなるまでまでの過程は、もともと人にどう接する性向かによっても多少異なる面があり、一概には言えないかも知れませんが、ハイブリッド心理学取り組みによる心の治癒成長道のりに照らし合わせて、幾つかの段階的な通り道のポイントを言うことができます。

ちなみに島野の場合は、もとより単独行動を好む性向を持つ形で、人の和や愛を得るという人生課題に面した形となり、道のりかなりの後の方になっても、こうしたアンビバレント感情が残り、道のりフルバージョンを経て問題そのものの消滅を感じるようになってきているという形です。

以下では、そうした私と似たようなケースを想定して、心の治癒成長成熟道のりのフルバージョンにおいて、へのアンビバレント感情特に関連する通り道のポイントをまとめたいと思います。

「詳細マップ」に示すような、取り組みの向かい方をすることを前提にします。


一記事に収めるのもいい内容ですが、そう一気に書けるものでもないのでいったんアップします^^。たぶんこのまとめ方話の収拾がつくかと^^;

なお冒頭触れたB子さんへのコメント内で、「自分に対する論理的思考」この問題への足場にもなると触れていますが、これは、人生全体が受け身にならないための最も基本的な足場だということです。
人との会話の際は、日常何をどう考えているかが結局材料土台になりますので、「自分に対する論理的思考」によって「内実ある生活思考」とも言えるものをしていることが、健康な和の行動のための基本的な材料土台にもなるということになりますね^^。

スポンサーサイト



詳説・心の治癒成長メカニズム |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (420)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用