ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「宴会恐怖」「人の和アンビバレント」が完全に消えるまで-2
では「宴会恐怖」「人の和アンビバレント」といった、自分の外部「既にある」人の集まりへの両面感情動揺が、どう根本的に消滅するかまでのポイントを、書いておきましょう。


克服を決するもの

前記事では、分かりにくいと思います^^;
要は、そうした感情動揺どうなるか決するものがあるということです。それによって、全く違う話になってくる。

それは、どのようなものとして「愛」を求め目指す存在だと、本人が自分を位置づけるかということです。
「依存」「自立」における、「愛」目指し方の違いだとも言えます。


「愛」の目指し方の違い

その違いは、「愛」を、「与えられるもの」ではなく、「自ら与えるもの」として・・ではありません
「愛」を、「与えられるもの」ではなく、「自ら築いていくもの」として位置づけるという違いです。

「愛」「与える」「与えられる」という構図感じ捉えるのは、「依存」です。そこに「愛が欲しければまず自分から与えなさい」といった発想が出てくるものとして。


「心の自立」に立った時、「愛」「与える」「与えられる」ものではなく「築くもの」感じ捉えることができるようになります。自ら。そして相手と共に。それが対等な個人間での「愛」です。

それはゼロから生み出すということでもあります。だからそれは「未知」です。「未知」に向かって自ら築くものとして「愛」感じ捉えるようになった時、前記事に示したように、全く異なる感じ方が出てくるのです。その先に、問題そのものの消滅があるものとして。


「依存」から「自立」と「本心」への谷間と価値観

ここで少し解説を加えるのが良いでしょう。
「与える」「与えられる」という感じ捉え方は、「依存」です。

与えられたいから、まず自分から与えようと考える。相手依存の中で与えられたいであろうものを。自分と同じように^^;

そこに、「本心」問われることになります。それでは「嘘」があるからです。そして自分が与えられないことに苦しむ者は、与えられるために、まず自分から与える人間演じようとした時、今度は自分の嘘苦しむことになるのです。
それは「自己操縦」のストレスであり、「見せかけへの嫌悪恐怖」であり、さらに自分に嘘をついて善を演じ与えられようとする「卑怯な傲慢」への憎悪恐怖です。
(参照:12/16『いざない1・何をするのか』および12/24『いざない3・人生の鬼門2』


そうした心の世界全体から、抜け出るということです。「自立」というのは。

にそれを促すのは、一つ実際「依存の愛」「既知の愛」「喪失」出会うこと。そしてもう一つは、「依存」抜け出し「自立」への価値観どう持つか。この2つだと思われます。

この2つとも、あまりにも大きな話です。ここで手短に書こうにも。
それでも無理して書くならば(^^;)、私たち不幸にして心の問題に惑うのであれば、事実私たちの人生の中で「依存の愛」「既知の愛」「喪失」すで起きているのであろうということ。私たちのがそれを認めようとしないあがきの一方でです。
そのことに目をそらさずに見る目というテーマになります。
そこで同時に、私たちの「死と再生」谷間通るというテーマがあります。私自身のその体験を、『悲しみの彼方への旅』全体で、そしてその後一場面を、9/25『「ハイブリッドの道」の歩み方-14・エンジン始動4』で紹介したようなものとして。

一方そこで私自身犯していた誤りは、「愛」「与えられる」人間になるのが「成長」や「自立」だと、「依存」の中でイメージしたことを信じ込んでいたことです。だからそうはなれない自分絶望し、心の死に向かい、再生されたという経緯があったわけですが・・。


「自立」は「与える側になる」ことではなく・・

「自分から愛を与えられるように」ではなく、一度「愛」というテーマそのものから別れるのが、「成長」「自立」への正しい価値観です。
まず「自尊心」に向かうのです。「愛」とは無関係に。そこで得る「強さ」を支えに、再び「愛」向かい直すのです。

ちょっとこの話に関連し、『読者広場』で、
『真の望みとは』 hideさん No.383 2011/10/26
理論編下巻2章を参照頂き、
・「自立」とは、自らが「生み出す側」「与える側」に回ること
について「Yes」としておきましたが、これは「命の摂理」としての大枠の表現であり、固体本人の意識としてどうなるのか、ちょっと修正補足的な理解有益です。

つまり、「与えられる側」から「与える側」に、突然切り替わるようなことは当然ないわけです。
まず、「与えられる側」であることの「喪失」出会う
そこで自分の足で立って歩く「意志」を持ち始め、「自ら生み出す」へ。

そして「自ら生み出す」ことが出来るようになった時、もはや「与える側か与えられる側か」という二極論の心の世界そのものが、なくなっているのです。
なぜなら、自分生み出すものによって生かされるようになるからです。自分から与えることによって、自分が与えられている。それはもう「与えるか与えられるか」ということではなく、それが「生きる」ということなのです。

『入門編下巻』で書いたこの言葉も、それを短く表現したものです。(P.314)
 心の自立の完成に答えがあるのではありません。「依存」から「自立」への転換を体験することが命の摂理であり、それを経て「依存」と「自立」の区別を超えた本質に至った時、そこに真実が現れるのです。

「自立」への価値観

つまり「自立」とは、「生み出す側」回ること。これはYes
「与える側」回ること。これがYesになる以前に、それは「与えられる側であることの喪失」であり、それを受け入れる心の転換だという話になります。

そしてそれが「与える」「与えられる」区別のない、「生きる」ことへとやがて向かう。それを支える価値観を持つことだ、と言えるます。
それが「心の自立」なのです。

その価値観具体的内容とは、『詳細マップ』「右ハンドル」でも言葉を入れておいた通りです。
「自尊心」「生み出す」ことに。「愛」は、「喜びと楽しみの共有」に。その徹底を探究する先に、「否定価値の放棄」開かれます。

それらと異なる価値観とは、「依存」に基づく価値観なのです。「自尊心」「打ち負かす」ことや「愛される」ことに。「愛」認め合うことに。それらが「善悪」の下にあるように感じる価値観全てがです。


このように、「与えられる愛の喪失」と、「自立への価値観」大きな2頭立てとして、どのようなものとして「愛」を求め目指す存在だと、本人が自分を位置づけるか転換がある。

すると、前記事にまとめたような、感じ方の違いが出てくる、という話。ちょー難しすぎ~^^;

とにかく「転換」は、道のり全体だと考えて頂ければ正解です^^。要点ポイントをこの後ざっと押さえておきますので^^。

そうした「転換」前後で、何がどう変わるかポイントだけ押さえて、この記事のカタ(^^;)をつけようかと。

スポンサーサイト



詳説・心の治癒成長メカニズム |   コメント(1)
コメント (新着順^^)
[編集] | URL | 2012-01-06 Fri 21:28:42
あまり親しくないが顔見知りの他人と道ですれ違う時、妙な惑いが生じます。
その惑いが嫌で、そのような人がいるところには近づきたくないと思うようにさえなるに至っています。

ここにもアンビバレントな感情があるのかもしれません。

ただ、視線恐怖や上記状況に取り組むことができないのであれば、現実にどういう行動をとるのが適当であると島野さんは考えますか?

たとえば、視線のやり場に困る。その時に、視線をどこにおいてどうやり過ごすか、また、あいさつはするのか気付かないふりをするのか、などといったことについていい知恵はないでしょうか。

小さな問題にも思えますが、現状として、苦しい状況です。
当面、内面に解決ができないのであれば、何か苦しさの軽減方法はないものか。
いかがでしょうか。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用