ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「ハイブリッドの道」の歩み方-14・エンジン始動4
「自ら前に進む」という転換

ハイブリッド心理学が考える「終わりなき成長の道」歩みは、次の2面があって始まるということになります。

・自分が「自らの人生の運転主」になるという、「自ら前に進む」という転換を持つ。
・自分で考え、自分の考えを持ち、自分の生き方を築いていき、そこにおいて感情を自分から感じるものと捉える。

順番どっちが先ともいえない気がします。あるいは、後者の中前者訪れるという形になるのが一般形かも知れません。私自身がそうでした。


まず「自分で考える」ということができるようになる。それ自体が、「自ら前に進む」という心の転換を、いわば培養すると言えるかも知れません。

いやそうだとしても、「自分で考える」内容として、「自ら前に進む生き方」というものを選ぶ方向に行っているのが前提になるでしょう。「自分で考える」内容に向くケースもある。先の記事「自立」と「依存」の交錯を書いたように、
「自ら前に進む」ことが大切だと、まずは頭で考えられることが前提となる。

そしてある時に、単に「頭でそう考える」のではなく、自分の存在全体において「自ら前に進む」というのがどんなことであるのかを、体得する時が訪れる。


いや、それは「体得する」ようなものでもないような気がします。
それはもうすでにあるのです。「自分から前に進む」という「命の力」が。

私たちは逆に、その「すでにあるもの」から目をそらす何かに、しがみつき続けているのです。
それが、捨て去られる時が訪れる。


島野が「自ら前に進む」転換を成した日

私自身にそうした転換訪れた日が、かなりはっきり日記に残っています。

『悲しみの彼方への旅』に描写した内面の激動の日々が過ぎ、社会人となって全てがリセットされた感覚の中で人生を生き始めた、24歳の頃のことでした。
まずは紹介しましょう。ちょっとごちゃっとしますが色づけして^^。

1985.5.6(月・振替休日)

 この1か月、ちょっとした憂うつや孤立感を感じることはあっても、けっこうすぐに立ち直り、けっこう元気にやってきた。
 だがここ最近は何となく悪い、というよりも下降の方向に向かっていたように思える。心の中で、自分から他の人達への疎外感を抱いていき、そして自分は嫌われているという感情の中にいる自分を見られていると思い、“どうせ自分ははぐれ者だ”という退廃的な感情を抱く。人を積極的に愛する心が自分にはない、という思いが、僕を苦しめた。自分が自滅的な思考に陥っていることを分かりながらも、「愛のない自分」への自己嫌悪感をどうすることもできなかった。
 今日になって僕は、“以前よりも人と一緒にいることができる”かどうかを思案している自分を自覚した。だがこうして“以前よりはいい”と考えることができるだけのままでは、もう不毛に思えた。今すぐにでも自分を変えない限り、全てが同じことの繰り返しに思えた。

 午後、一人で壁打ちテニスに行く頃になって、僕は自分に疑問を突き出した。“自分はのけ者だ”という感情に悩みながら、本当にその感情をなくす気があるのか?“自分はのけ者”という感情にいつまでも浸りながら、その上で自分がどれだけこの社会でうまく行けるのかと眺めているだけはないのか?
 それは僕の心の中にあった霧を、消したような思いがした。
 もう一度自分に対して確認する。“自分はのけ者”という感情を抱かずにいる意志を持っているのか?

 それがあれば僕はそれを抱かずにいるだろう。それがないとしたら、今までと同じことの繰り返しだ。

ちなみにこれは今日記を探したものではなく、『理論編』あたりの準備原稿旧掲示板で書いていた2006年秋頃に見つけていたものです。

その時の解説記事はまだ整理が粗く、特に改めて読んで頂くにはおびませんが、参考になりそうな部分を抜粋しておきましょう。
旧掲示板過去ログ2006.10のNo.1114 2006/10/30より)

結局のところ、甘く自滅的な感情に流され耽り続けるのか、それともそれを脱する意志があるのか?これを自分に問うことです。
実に単純な問いです。
その意志があれば、心理障害は根本的に治癒します。これは実に簡単なことなのです。
それを脱する意志を持ち、それを脱する意志が導く建設的な生き方をすればいい。それだけです。


なぜ心理障害にある多くの方が、あれこれと悩み考えながら、大した治癒変化もなく生涯を終えるのか。
これも結局は単純な話で、自分の感情を良しとし、感情を基準に考え、結局は心理障害を是とする思考法行動法で生きていくからです。
心理障害の治癒は最終的には、「治る意志があれば治る」という、結果だけ見れば単純な話が言えるのがどうも事実のようですが、まさにその治る意志の障害を生むのが心理障害だというところに、問題が複雑化するゆえんがあります。

最も典型的なのは、心理障害が映す感情を真実と思い込み、さらに、自分がその真実を持っていることを、そうでない「無神経で愚鈍な他人」に対する優位性であるかのように、そこに自分の自尊心を支えるものを求めてしまうケースです。
こうなるともうアウトです。心理障害が生み出す苦しみを感じながら、その苦しみを感じる自分に他人への優越感を感じ、しかもその苦しみが他人のせいだと怒り、さらに心理障害を膨張させていく、という典型的な姿になります。

僕のこうした「意志を重視」する言葉を読んで、「心の障害への理解が足りない」と感じるならば、まさにそれが「心理障害であることへの自尊心」を映した思考かも知れない。

結局のところ、心理障害の苦しみの裏には、甘い感情があるんですね。心理メカニズムとしては、プライド感情と「残存悲嘆衝動」になるでしょう。
それを捨てる気があるのか。
もしそれを捨てる気があるのなら、心理障害は根本治癒するでしょう。捨てる気がないのなら、現状維持のままです。
これは実に単純なことなのです。

ちょっと長くなってますが、そのあとの、取り組み道のりとしての位置づけの考察部分も。
そこで私は、「しがみ続けてきたもの」をこう呼んだわけです。「甘い自滅感情」と。

これが「自分の人生を生きる」という選択をより実質的なものとして成すことになるでしょう。これがひいては、「変えることができる」自分自身への感情と姿勢の究極のものだということになります。

このように「甘い自滅感情」を捨てる意志を問う瞬間というのが、多分、治癒成長への取り組み上のしかるべき時期に訪れるでしょう。
それはせいぜい1回か2回です。それだけ、これは感情分析の習熟のような反復実践ではなく、純粋に「意志による選択」なのでしょう。
ただしそのためにはある程度の内面の力の増大が得られていることが条件にもなると思います。まだそれ以前の方へのアドバイスをこのあと少し書きましょう。

参考まで、僕に「甘い自滅感情を捨てる選択を問う瞬間」が訪れた時の日記など紹介しましょう。
それは大学院修士を卒業してシステム開発会社に就職し、生活の全てがリセットされたかのような開放感の中でも、やがて沈む自分の感情に向き合った時でした。
初夏に入ろうとしていた時期ですね。

ということで、日記から見つけたその日のもの紹介していた次第です。

ちなみにこの日の日記のあと、私はもう日記を書く作業というもの自体への自己軽蔑感を感じ、ひたすら外面へと向かい、1年間ほど日記を書かない時間が訪れます。『悲しみの彼方への旅』P.327「忘却の日々」の始まりを告げた日記でした。
しかしそれでもちろん私の内面の消えることはなく、ここから、「終わりなき成長」への長い歩みが始まったわけです。


ちょっと長くなりましたのでいったんアップし、「自ら前に進む」というエンジン始動まとめを次に。

スポンサーサイト



「ハイブリッドの道」の歩み方 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用