ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「ハイブリッドの道」の歩み方-12・エンジン始動2
「意志」の発動

さて今日1個目の『写真と言葉』で触れたように、自分のエンジン始動させるということを、

・「意志」の発動

という視点で考えることができます。


それがまさに、自分のエンジン「始動」させることの核心になります。

そしてそれは、のエンジン始動に例えられるように、ハンドルをさばくのはいったんやめてエンジン点火させるというただそのことだけに、向き合うものとなります。


思考や感情のあり方がどうかという内容の問題ではない。自分の根本的なあり方問題なのだ。
そうしたを、自分自身に向ける節目に、それはなるのです。

「自分の足で立って歩く」という、新たな自分あり方へと。

自分の人生という車運転席に、誰か他人に座ってもらおうとしていた自分、あるいは人の車に牽引されて走り、自分で運転してる振りをしていた自分から、自分の車の運転席自分で座り、自分のエンジン始動させて走り始める自分へと。



「心の依存と自立」と「本心」

このように「自分の足で立って歩く」という心の転換は、心理学において「心の自立」というテーマとして捉えられます。

それは言うまでもなく「依存から自立へ」という転換です。


一方、そこに「本心」というテーマをつき合わせると、人間の心の底にある核心の歯車が、いもづる式のように見えてくるとも感じます。

私たちは、自分本当の考えと気持ちを持つという「本心」を、「心の自立」相(あい)携えることがらとして、捉えることができます。
本心を失った心を、心の自立において、取り戻すことを考えることができます。


一方「依存」がある時、「本心」問えなくなります。

まだ親などの他人に依存する子供に、「本心」問うことはできません。実際に「本心」失うような事態が起きた時にです。
なぜならこの子愛されるために、自分を偽る必要があるのです。そこでまだ学童以下の子供に、心の自立によって本心を回復するのだ、と説くことは不可能です。

「依存」の中で「本心」問えなくなり、「病み」の問題として捉えられるものになります。


これはに見れば、「心の自立」の中で、「本心」取り戻すことと、「病み」からの回復が、同時に捉えられるようになるということを暗示していると言えるでしょう。


「愛と嘘」

「心の依存と自立」「本心」というテーマを考えると、上述の通り、そこに自然と「愛と嘘」というテーマが見えてきます。

幼く、本当に依存状態にある時は、愛に嘘が混じることで自分からは愛せなくなるという心の命題を、見ることはできません。事実幼い心は、愛される必要があるからです。

心の自立の中で、本心を偽って愛することはできないという心の命題を、真正面に捉えることができるようになります。


依存に傾いた時、「本心」問えなくなる。これは私たち大人の心にも、起きることです。人間とはそのような未熟な存在であり、それがこの道のスタートになるのです。

その時は、自分苦しいのは、「本心」失っているからであることを、見ることができなくなります。

愛されることの重みが重ければ重いほど、愛されるために「本心」を偽る必要がでてきます。
そして愛されることの重みが重ければ重いほど、自分が愛されないことへの怖れ強烈になります。

その時、自分を愛さない他人の目が、恐怖を感じるような「白い目」へと化す原因が、「本心」偽っていることにあるのは、もう見えなくなります。

意識の表面は、ただ自分は愛されたいのであり、愛されないことが苦しいのだと感じるのです。


「善悪」

「善悪」思考がそこでになります。「善悪」の思考の中で、愛に結びついた嘘が、おおい隠されるのです。

愛があるのであれば、こうすべきだ。こうであれば愛されるべきである。
そのように善悪で考える思考の中で、苦しみ怒りに変え、怒りの中で愛を求める、いや強要するようになります。
その時、自分どう本心を失っているのかは、全く見えなくなります。

恐らく最初に捉えられるべく疑われる偽りとは、実は自分の足で立つ力がありながらも、自分にはそれができないと主張していることに、あるのかも知れません。


「善悪」依存ととても結びつきやすい観念です。心の自立をした時、善悪を超えた思考が良くできるようになります。

「善悪」思考捨てた時、自分が本当に何に嘘をついたのかが、見えてくるのかも知れません。

こうして、が再び「思考」に戻ります。


見えるもの

全てが、見えない心の底で、つながっています。全てが、を成しているのです。


見えないもの見えるようになるのには時間がかかりますが、その前見えるものははっきりしています。そこに向うかどうか、向うためハンドルさばきをするかどうかの、明確な「選択」の問題として捉えることができます。

そしてその選択を成し、この道歩むほどに、良く見えてくるとともに、見えないものが、はっきりと「羅針盤」になってくるのです。
それがこの道歩みとなる「望み」なのです。


「見えるもの」「思考」「感情」そして「意志」です。

自分のエンジン始動でのそのあり方を見て、やがて「望み」羅針盤になる「見えないもの」本質理解しておくのが良いでしょう。

ということで、「歩み方ガイド」でのエンジン始動そのものの部分はどんな話になるのかを次に。

スポンサーサイト



「ハイブリッドの道」の歩み方 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用