ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「心と魂と命」の要の「本心」-7・人生の浄化
「人生の浄化」

私たち人間のにある、「本心に帰る」という心の動き
そのより深いバージョンを、「人生の浄化」と呼びたいと思っています。

これはつまり、私たちの「人生」そのものが、「本心」を見失った、あるいは「本心」に嘘をついたようなものとしてあるものから、「本心の人生」へと帰るということです。


人生のレベルでの深い「本心」とは、「命の本心」だと言うことができるでしょう。

その、「命の本心」立脚した人生へと歩む。
どんな状況においても、生きることを望み生きることを喜ぶそうした「命」本性立脚した人生へとです。

これがまさに、ハイブリッド心理学取り組みそのものになります。


「心の再生」

そこで起きる「本心に帰る」とは、「心が本心に帰る」というよりも、私たちのその中で生きていると感じる、意識構造そのものが「本心に帰る」というようなものになります。

これが先の記事で説明の「心の軌道修正」とは、深さにおいて異質なものである特徴を、2つ言うことができます。


まず、「心の軌道修正」では、「どっちが」自分の本心かという選択肢が、その時の見えます。
学業だけに専念する。それとも大学野球にも挑戦する。「結果」を見るか「過程」を見るか。

がその選択肢見比べでじっくり吟味することで、に見えてくるわけです。自分本心こっちだ!と。


一方、「人生の浄化」として起きる「本心に帰る」動きの中では、「どっちが」自分の本心かという選択肢が、見えません

選択肢一つしか見えないということです。それが人生なのであり、その中で自分は生きるのだ・・と感じる、今の心今の意識構造しか、ということです。
当然、それが本心を偽ったものとは、考えようも、見えようもないものになります。

一方転換のには、別の選択肢が見えてくる。別の選択肢というか、以前とは違う自分の心であり、以前とは違う人生の感じ方が、見えてくる。
それが自分の本心を取り戻したものだという、しみじみとした深い自覚と共に。


「自己操縦心性の崩壊」

で、本心見失われ本心帰るというより、意識構造切り替わるのです。
「本心を見失った意識構造」から、「本心を取り戻した意識構造」へとです。

これは何が起きるかと言うと、一つの心が死に、意識に連続性のない「意識の断絶」が起きてから、新たな心が再生するとでも言える様相になるということです。


ハイブリッド心理学を長く学んできた方であれば、これが「自己操縦心性の崩壊」の話だとすぐにお分かりかと。このブログでは2010-02-17『病んだ心の自己崩壊』解説しています。
2010-04-12『「絶望」の名手になれ』なんて記事でも関連する心得を書いていますね。


「意識構造の遷移」の中で見失われた本心

ちょっと長くなりますが続けましょう。
次の特徴も、「自己操縦心性」成り立ち経緯と関係してきます。


「心の軌道修正」では、自分本心を見失った経緯が、自身に見えます。

甲子園の夢が破れた一方、医学部に進学することができた。これからは親を喜ばせてあげたい。そう思ったのだが・・、と。
就職できた。頑張らねば、上司の期待に応えなければと思った。そんためにはこれこれの結果出さなければ・・と。それがいつしか、意欲情熱ではなくストレスだけに変化していった・・と。


「人生の浄化」においては、自分がいつ、そしてなぜ本心を見失ったのかが、よく見えないのです。

自分人生を見失っていることを自覚した人が振り返ると、それはやがて幼少期にさかのぼるものになります。そこにあるのはまずそして兄弟姉妹との関係の、何かの挫折です。
しかしその始まりを、そしてその正確な意味を、よく思い出すことができませんいったい何が起きたのか。最初の引き金は何だっのか。最初の引き金の、本当の正体は何だったのか。

そこにあるのは、ただ、あるべきでないことがあったという、漠然とした意識から、人生始まったという事実です。


このように、始まりをさかのぼると見えない壁があるのは、出生時「自他未分離」の混沌とした意識から、「自他分離」し明晰な意識へと、意識構造が変化するのをまたがって、本心を見失うような最初の何かが起きたものだという考えを、ハイブリッド心理学ではしています。

これは『入門編下巻』「7章 人生の答え」P.196あたりで書いたことですね。
人間出生後ほどなくして起きる、「心と魂の分離」この心理学が呼ぶ、意識構造の変化またがって、問題の始まりが起きたのだと。
だから、変化後の私たちの「意識」では、もう問題の始まりを思い出すことはできなくなるのだ、と。


「自己操縦心性の発動」

そして「人生」そのもの本心を見失うものになることを感じさせる変化が、思春期に訪れます。

ある日「漠然とした不安」自分おおっていることに気づくと共に、人々の目線が急にトゲトゲしいものになっているのを感じます。外見見栄えをめぐって、優劣意識強烈に他人へと飛び交うのを感じます。当然、その優劣意識自分へと戻り、強烈に降り注がれてくるものとして。

そこから、が、いや人生の全体が、何かに追い立てられるようなものになったのです。
この辺の話は、まず『入門編上巻』ではP.250あたりで書いています。


こうして思春期に置きた変化を、哲学的表現で言うならば、「存在の善悪と身分」をめぐっての「天国か地獄か」の審判が下される競技場に、自分が放り出されたと感じる。そんな変化です。
世界からは、そんな自分に注がれる、意地悪で攻撃的な目と、慈悲的で同情的な目が飛び交います。しばしば、私たちはこの視線の強烈さ絶えられなくなる感覚を、思春期に体験しています。程度が強くなると、「視線恐怖症」を引き起こすものとして。

これも何の話か分かる方も多いかと。「自己操縦心性の発動」が起きたのです。

これについて最も詳しく解説しているのは、未刊行ですが『理論編上巻』「3章 心が病むメカニズム-2 -「思春期」における発動-」になりますので、ご興味ご関心のある方は読んで頂ければ^^。


もし「命」が、あらゆる状況においても生きることを望み、生きることを喜ぶものなのであれば、「存在の善悪と身分」による「天国か地獄か」人生とは、まさに「命の本心」を偽った人生なのでは・・という話になります。

「人生の浄化」とは、そこから、「命の本心」のままの人生へと、立ち帰る歩みだと言えます。
それは果たして本当にあらゆる状況において生きることを望み喜ぶものに、なるのか・・と。


同じ本質へ

「人生の浄化」が、「心の軌道修正」とは深さにおいて異質である特徴を、まず2つ説明しました。
一つの心が死に、新たな心が再生するという様相になること。
本心見失う経緯の始まり見えず「不本意の人生」思春期発動するという心のメカニズムになること。

そんな事情があるので、「自己操縦心性の崩壊」なんていう特別な治癒現象について、理解しておくことが重要になるわけです。
意識構造レベル「本心に帰る」転換となるものとしてです。


そうした違いはあっても、私たちの意識姿勢において、そこにある「本心に帰る」ことの意味の本質は、同じものであることを理解することが、極めて重要になります。
その同じ本質見据えることが、まさに、「人生の浄化」とへと歩むための、心の足場になるからです。

その同じ本質とは何かを、次に説明しましょう。

スポンサーサイト



「心と魂と命」の要の「本心」 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (421)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用