ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「心と魂と命」の要の「本心」-5
これがいよいよハイブリッド心理学真髄部分の話になるかと^^。
・・・と書き始めたものの、これはまだよもやま話か・・^^;


「本心に帰る」ことの2段階の深さ(話はまだあと^^;)

「本心」には2重役目がある。

一つは、自分着実に向上させ変えていくためのエンジン本体
そしてもう一つは、「本心」が、「本心に帰る」ということを行わせる。

「本心」が、私たちのに、「本心に帰る」ということを行わせます。
「本心」がないと、「本心に帰る」もなにもない^^; 「どう見られるか」惑うだけ。


この「本心に帰る」に、2段階深さがあります。


「本心がない」人々・・

これはあとでもう少し詳しく取り上げるかどうかともかく、「本心がない」という印象の人は多いです。あるいは現代人マジョリティ?^^;

「本心」ない人生の早期「本心」持つことを放り出してしまったような人たち。

それは要は、「本当に心底から納得」を問いながら、それを心のふところ蓄えていく地道な生き方積み重ねるというよりも、「自分」というものを「こう見られる人間」という自己把握の仕方をする人たちです。


「こう見られる人間」として、「自分」というものを把握する。

それはつまり、「あるいはそう見られるかも知れないとして」の次に出てくる、「自分としては」という、自分としての確固とした感じ方考え方持たない、ということです。

・・・と書くと、少し違う気もする。
「自分としての感じ方考え方を持たない」というよりも、それを持つ意識の方向が、違う「本心」持つ人とではです。

あくまで「こう見られる」起点になっている。そこから、それが良いか悪いかという思考が始まる。
すると混乱が始まる。
そうした思考ごく表面の印象見栄えのことしか取り上げることができずものごとの本質見る目を失っているので、良い悪い判断の思考が、表面をすべるようにあっちに行ったりこっちに来たりとなるのです。


やがてそれに疲れてくる。そして思考の起点「こう見られる」を、またその表面思考によって捻じ曲げようとする。人は自分のことなんて見ていない。人の目なんて気にしなければいい、と。

何も根本的に前進しない。しばらく時間を経ると、また「こう見られる」起点になる動揺へと戻ることで、思考ほぼ全て表面の空回りであることが、心理学の目から観察されることになります。

それでは問題解決しません正しく人の目を気にするのが答えの出る道です。


心の動揺の2大根源

これはどこかで触れようと思っていた話ですが、私が「心の動揺の2大根源」と感じているものがあります。
心理メカニズムなどの難解な話は置いといて、直感的に感じるものです。

その一つに6/28『心の変化の核心と論理的思考-9』で触れています。
「攻撃性へ」の取り組みという話で。

「自らの攻撃性を克服できていない」。

もう一つがこれです。

「自分を見失ったまま、人の目を気にする」。


この2つ組み合わさることで、世の人心の動揺が見事にワンパターンで(?^^;)作り出されます。

自分に注がれる「人の目」を、攻撃的なものと感じて動揺するのですが、それはまさに本人が自らの攻撃性を克服できていない状況において、人の目が自分に対して攻撃的に見えるのです。
そして自分を見失っていることにおいて、実は自分自身が攻撃的な性向であることを、真正面から見据えて克服へと向うことができない

かくして見事に、「自分を見失ったまま、人の目を攻撃的に感じて動揺する」という惑いの心が出来上がります。


まず自分を取り戻すことが、動揺根本的克服への第一歩というか足場になります。

それはもちろん、「本心を持つ」という取り組みのことです。



「本心」を築く取り組み

「こう見られる」以前に、何をどう感じどう考えるのか。そこに「本心」が問われます。

その結果として、自分は人にどう見られるか自ずと方向づけられる。これが分かってくると、自分を人に良く見せるための、着実戦略というのも出てきます。
「こう見られる人間になれば」といった思考よりもはるかに着実に、実際人に良く見てもらえる、つまり「信頼」を築くがです。


精神論ではなく、具体的な思考内容問題になってきます。

「心底からの納得」基本的な歯車として、思考のを動かしていく実践の、積み重ねが重要になります。

これについてはこのあと「自分に対する論理的思考」として、詳しく解説をしていきます。


「本心がない」という症状(?)問題にちょっと話が道草(?^^;)しましたね。いったんアップしておきましょう。

スポンサーサイト



「心と魂と命」の要の「本心」 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用