ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「心と魂と命」の要の「本心」-2
今日3つ目の記事です^^。


本心の2重の役目

その1概観した重要ポイントを踏まえますと、「本心」には2重の役目がある、それが2段階の深さにおいてある、と言えます。

まず「本心」2重の役目を書いてみましょう。


それはまず、着実に自分を変え、前進させていくための、エンジン本体です。

そのために、「別の感情を演じようとせずありのままの感情に向き合う」そして「自分で考えるということができる」という2つの回復要件がかかわります。これは「本心を持てる」ための、基本要件です。


次に、「本心」は、「本心に帰る」ための心の足場役目をします。

「本心」持つことで、次にそれを見失った時に、「本心に帰る」ということができる。「本心」持ち見失い「本心に帰る」という体験を経るごとに、「本心」より強くなっていくのです。

「これが自分の感情であり思考だ」と揺らぎなく感じることのできる心の財産が、より増えてくる。これが「自我の拡大」だと言えるでしょう。
「自我」については6/18『心の変化の核心と論理的思考-2』など参照^^)


「本心」は固定ではない

「本心」固定されたものではありません。それは心の成長とともに、内容的遷移(せんい)するものです。

「これが自分の本心だ」と頭で固定しようとすると、その時点ではそれが本当の本心であったとしても、やがてなります。そして再び、「本心に帰る」ことが問われるのです。


「本心」内容的遷移するのは、「命」プログラムされていることです。

これは何のことかと言うと、「価値観」最初から成熟形にしようとしても、無理だということです。最初から、「愛される」よりも「自分から愛する」に価値を置いた価値観しようなどと考えても、それはなのです。

解き放つ、つまり「開放」する。それを心の成長と成熟目指して行うとは、まず「愛されたい」願い心の中思いっきり開放し、次に、それを実際どう実現できるかに、全力を注ぐことです。一方的に愛されようとする未熟さの無様な側面を、いかに表沙汰にせずにです^^; そこに行動法学びが出てくる。
そして実際そうは思い通りにならない失意に、ありのままに晒すことです。愛されるよりも愛することの方が大切だなんていう、気休め捨ててです。そして心が死ぬような感情に、むしろ身を委ねることです。

そうして時が経つと、何か変化しているように感じます。何が変化したのかは分かりません。
しかし前と同じように、愛されたいと思えるような魅力的な人物を前にした時に、自分の変化を、はっきりと感じ取るのです。もう、一方的に愛されたくてじれるだけの感情ではない!自分から、相手と何をすることに楽しめるかを、考えることができる。相手に近づくための自分の行動の幅が、広がっている。

その時、魅力を感じる相手とどうお近づきになれるかどうか以前に、自分のこの変化に、感動を感じるのです。

心の成長成熟とは、そのようなものなのです。


「価値観」の遷移

とちょっと話が膨らみましたが、「本心」内容変化は、そのように、「命」プログラムされているものであって、自分でその内容方向づけ変えていくことは、できません

この表現ちょっと意外に感じる方が多いかと。それが「方向づけ」ではないのか・・と。

違います。自分で強制的に変えようとせずに、ありのままに感じることに心を「開放」するという方向を向くかどうかを、問うているのです!
「感情と行動の分離」というのは。内面側の話としてということになるでしょう。


今、「本心」ということをテーマにし、このあとそのための最も実践的な基盤となる「自分に対する論理的思考」解説していきます。

それができたら、「価値観」への取り組みが、ハイブリッド心理学実践の本道になります。

そこで多くの方勘違いしているのは、成長成熟形の価値観「当てはめ」をすることだと思っておられることです。このような価値観にすれば、いいらしい、と。
違います。実践するのは、「本心」に立って、今の自分の価値観を嘘いつわりなくあからさまにすることです。そしてそれが心の成長成熟段階においてどんな位置づけのものであるかについて、じっくり学び考え、自分に問い続けることです。本当にそう感じるのか?それだけか?と。

そうした「向き合い」によって、見えないまま変化へと向います。その変化は、「命」プログラムされているのです。


だから、生涯を通して、続ける必要がある。時間がかかります。一生を通しての、成長成熟です。

『入門編下巻』は、そうした「命」プログラムされた心の遷移を書いていますので、読んでピンと来ない、つっかえてしまうところがあれば、先はあまり無理に読まず、本は古本屋に出さずしまっておいて(^^;)、まずは目の前の人生と生活の課題に向うのがいいでしょう。そこで、つっかえたテーマどう感じるかに向き合うと、次第に違った感覚に出会うと思います。そこでまたじっくり読んでみる。

『入門編下巻』は、そのような読み方をして頂くためのになりますので^^。


ちょっと話が膨らみましたが、「本心」2重の役目というが、さらに深さにおいて2段階であるという話の後半を次に。

スポンサーサイト



「心と魂と命」の要の「本心」 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用