ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

心の変化の核心と論理的思考-9
今日の2個目^^。


「開放」へと歩む心の変化の真の核心

「心底からの納得」を感じること。これが心の根底の変化歯車を回す、核心基本になります。

その上で、「開放」へのへと歩むという、心の変化の核心とは何なのか。その最もミクロに見た正体です。
結論を言いましょう。


逆説です。「納得を否定する」ことなのです。

今までの自分が得た、安易な納得を、ということになるでしょう。
その全てを、捨てるのです。

そこから、真に納得し得るものを、自分の思考を、再構築していくのです。
これが、「開放」への進むという、心の変化の核心です。

そこで、思考再構築のための材料を提供する。これがハイブリッド心理学学びだということになります。


「答えが出ることなく答えが出る」

これを踏まえ、ハイブリッド心理学どう読んで頂きたいかの、極めて重要な話をすることができます。
今まで書いた、「ハイブリッド心理学をこう読んで」という話のどれよりも、これが重要になるかも知れません。

ハイブリッド心理学では、「正しい開放への道のりとして、問うべき「選択」をさまざまに出しています。それが選択されることなく先に進むことはないというものとして。


そこでもちろん、「選択」とは「当てはめ」ではない、という話です。
「そう思えばいい」というので、ないのです。

真剣に問うことです。その結果が、ハイブリッド心理学で書いている「選択」の通りに絵に描いたようにならなくても、そこに前進が起きているということです。

いわば、「答えが出ることなく答えが出る」というようなものとして。


「攻撃性」への取り組み

たとえば、これはこの後にも取り上げたい話の一つですが、心の悩みに惑う最大の原因一つが、

「自らの攻撃性を克服できていない」

ということにあります。
自分から人に攻撃をしかける基本的性向放置したまま、人からの言動動揺し、「白い目」で見られることを怖れます。
自らの攻撃性映し出されたものであることを、自覚しないまま。


ですから、ハイブリッド心理学が提示する「破壊から建設への選択」が、大きな通過点になります。

「否定破壊できる」ことの価値を、捨てるのです。


しかし読んだ方がそれを自らに問い、素直にはい捨てましたとなれるとは、私は微塵も期待していません。そうなるとしたら、十中八九自分への嘘があります。

これは「その1」で指摘した、「自分に問いて返ってくる心の声は、心の成長段階によって異なるものになる」というのに関連します。「それに向き合うごとに、心は未知へと変化していく」と。「だから、生涯を通して、問い続ける必要がある」のだと。

『入門編下巻』などは、ボリューム的制約もありますので、心の成長段階に応じた心境変化変遷など全て書けないので、基本的にはそれぞれの「選択」が最終的に完結した節目進むという、大きな節目流れだけを説明していることを、念頭に入れておいて頂きたい次第です。


「逆の入れ込み」がしばしば成長通過点になる

では実際「選択の問い」は、成長段階通過点ではどうなるか。

私の場合、「逆の入れ込み」が起きているのが結構あります。というかそれが通過の基本になる、とさえ言えるこれまででした。


「自らの攻撃性」への向き合いにおいては、心底からそれに魅力を感じていることを、いったん自覚するのです。
その魅力の味を、心の中思いっきり空想して味わうのです。もちろん外面においては「怒り破壊の非行動化」をまずは選択した上でです。

クリント・イーストウッド演じるダーティ・ハリーのように、苦虫噛み潰したようなスゴミの表情で、相手をねじ伏せ、撃退している自分・・。
それが望むものでありながら、実際体がブルブル震えて何もできない自分を目のあたりにしながら。

そうして身をもって自分が何を望むか現実と、実際に自分が何をできるか現実を、味わっていく。
そこに、実は「開放」がおき始めているんですね。

一方で、そうした腕力の強さを超える、行動学威力などを、学んでいくわけです。「ハーバード流」などを学ぶと知ると思いますが、世界の危機救うのは腕力ではなく行動学の知恵なのです。


そうした身をもって自分を知る体験学びを経て、「破壊から建設への選択」再び自らに問うた時、から返ってくる声も違ってくるでしょう。
確信の気分の中で、自らの「否定破壊」への心の動き本当にゼロにできるものかどうか。それをこれからの人生で見てやろう、と。

こうした「選択」通過のあり方については、出版本にはしていませんが『実践編上巻』「9章 価値観と行動学」にて、「価値観」関連の解説で詳しく説明していますので、ご興味ある方は参照頂ければ^^。


もちろん、この「逆の入れ込み」も、そう聞いて「ではそう思えば・・」と自分に当てはめようとするのが不毛なことであるのは、言うまでもありません。


まとめ締めを、もう一個の記事で書きましょう^^。

スポンサーサイト



心の変化の核心と論理的思考 |   コメント(2)
コメント (新着順^^)
結局。 [編集] | URL | 2011-07-04 Mon 14:15:45
つまり、男性は「人間としての価値」=「男としての価値」になり得ますが、女性の場合はそれが成り立たない。いつまでたっても「若い」しか誉め言葉がない。
仕事はできるかもしれないが、頭もいいかもしれないが、女としての魅力はちょっと、というように。
年齢を重ねることでは不利にしかならないのが女性です。30歳ぐらいで安楽死する制度が必要と思います。
人間としての魅力が、女としての魅力になることがないということは、どこかで女を捨てねばならないということです。
男には、男を捨てて人間としての魅力をつけなければ…なんていう言葉聞いたことありません。
どう生きたらいいのか全く分からないし、全然希望が見えません。
女はどうすればいいんですかね。
今は女も女としてだけではなく、仕事もしなければならない昨今、重大な課題です。
管理人のみ閲覧できます
[編集] | | 2011-07-04 Mon 12:03:32
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (420)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用