ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

病んだ心から健康な心への道-4
3種類の「受け身の水」

より大きな「望み」へと向かう、未知の自分への成長に歩み出した時どうしてもそこに現れるのが、「受け身意識の闇の川」です。

意識が「受け身」に転じることから始まる、感情の動揺が押し寄せてくることになります。


その川は、私たちの心が「未熟」であるほど、幅広く、そして、「心を病む」という問題が深刻であるほど、深く、私たちの前に現れると言えるでしょう。


「受け身意識の闇の川」には、3種類の水が流れています。

「赤の水」。これは「心の力み」の水です。心が無酸素運動に流れて、窒息し始めます。

「青の水」。これは「嘆き」の水です。もがいてもうまく行かず、心がブルーに染まります。ここで、なぜか逆に気持ちが良くなってきてしまう面があるのが厄介です。

「黄色の水」。これは「善悪」の水です。ここに至り、受け身の怒り嘆き「何が正しいのか」という「善悪」の問題に化けてしまいます。こうなるともうなかなか抜け出せず、闇の川の住民になってしまいます。


「赤の水」(心の力みの水)

「受け身意識の闇の川」に落ちると、そこには「見られることから始まる世界」が広がっています。

自分を取り囲む「目」に、自分はどう見られるかという「空想」から、意識が始まる世界です。
その目とは、他人の目であったり、実は自分自身の目であったりするでしょう。
そこで自分が酸素を吸えていないことに気づかないまま、私たちは「どうすれば・・」と思考し始めます。

そこに、「赤の水」が流れてきます。
この川の水は、それが頭に染み込むと、その水によって脳が勝手に動くかのように働いてしまいます。


「赤の水」とは、「心の力み」の水です。
人はそこで、息をとめ、頭に血をのぼらせて、万力で締めつけ絞り出そうとするかのように、心に力みを加え始めます。
こんな自分でいなくっちゃ。こんな心でいなくっちゃ、と。


「心の力み」とそこからの抜け出しについては、2/6『「心の力み」を捨てる』で書いた通りです。

それは心の無酸素運動です。人生は長距離走であり、そのための心の使い方ではありません。
「こうすれば・・」「こんな心で行けば・・」と、心に型枠をはめて押し出すようなイメージで心を良くしようとする考えを捨て、「肯定形文法での思考」「建設モードの行動」によって人生を生きる体験を積んでいくことです。それによって、「命」の力が、心を自ずとより豊かで強いものへと成長変化させていきます。それに委ねることです。


「赤の水」からの抜け出し

「心の力み」を引き起こす、この「赤の水」からの抜け出しを難しくするものについて、いくつか考慮点をあげておきましょう。

それはまず、「心」というものが、「見られるもの」「見せるもの」さらには「見えるもの」のように感じる感覚です。


「心」「見られるもの」に感じる感覚とは、「見られて愛されたい」という未熟な願望の、意識表現の一つの側面そのものでもあります。
その願望が、実は「赤の水」の正体と言ってもいいかも知れません。

それに応えようと、「見せるもの」としての「心」に、力みを加える。
それは次第に、ありのままの自分から遠ざかって別人を演じようとする、自分を見失う迷路に足を踏み入れることになってしまいがちです。


そうして「心」「人に見られるもの」に感じる中で、「心」が実際に「見える」ものであるかのように感じる感覚に、要注意です。

なぜならそれは実際のところは、自分の心に蓋をして見えないようにするという方法で消し去った感情が、他人の中に最も強く映し出されるといった、心の罠のメカニズムが大きな背景だからです。
それはまず「疑り深さ」「嫉妬深さ」「競争心」「強欲さ」そしてまさに「見られて愛されようとする幼稚な願望」といった類が、典型的なものになります。

それを「人の心を見抜く目」「感受性の高さ」だなどと勘違いすることなかれ。次第に、「人の心」の空想イメージに心が埋め尽くされ、心を病んでいくようになってしまいます。

同じように未熟な他人の心は、実際良く見えるものです^^; そこには確かに事実があるかも知れません。
しかし、自分より成長し成熟した人の心は、原則としてあまり見えません


「見られて愛される」という「赤の水」の中で、私たちは「今の心」の中に自分自身を閉じ込め、心を窒息死させてしまう方向へと向かいがちです。

「感情と行動の分離」の姿勢で、 心の中に映るそうした感覚や感情ただ流し、心理学の目で理解します。
そしてそれらを鵜呑みにすることなく、肯定形の思考法と建設の行動法によって外面へと向かいます。

その実践の積み重ねの先に、そうした感覚や感情も次第に強さを減らし、やがて根底から消え去っていきます。

自分自身が未知の自分になると同時に、成長した人の気持ちも良く分かるようになるという、変化と共にです^^。

スポンサーサイト



(11)心の闇との決別 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用