ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

心の変化の核心と論理的思考-1
では解説の方を続けましょう。『写真と言葉』に引き続き今日2個目の記事です。

ハイブリッド心理学全ての執筆最もマクロな俯瞰と、その中で心が変化する核心の仕組みについての最もミクロなクローズアップ
これを交差させる話ということで、タイトルを『心の変化の核心と論理的思考』にしておきます。


心が変化する核心の仕組み

まず、ハイブリッド心理学全ての執筆の、最もマクロな俯瞰から書いてみましょう。

それはこの取り組み「目的」があり、そのために乗り越えなければならない「課題」があり、その解決克服への深遠な「答え」があり、それに向かうための具体的な「実践」があり、それを歩む先にある「道のり」がある、ということになります。


心が変化する核心はそこで、「答え」「実践」の間にあることになります。なぜその「実践」が、その「答え」向かうことになるのか。
ここにまた、というかここにこそ、深くて複雑心の変化仕組みが備わっているという話になります。


「目的」

ハイブリッド心理学目的は、『実践ガイド』でまとめたように、次の3つの側面から成ります。
Ⅰ-1.ハイブリッド心理学の目的と役立てることのできる範囲

1)人生の課題や悩みの解決のための具体的実践法。つまり人生をよりうまく生きるための具体的方法
2)心の障害の根本的解決
3)より深く遠大な心の豊かさ。「現実世界」と「魂の世界」という深遠な意識論、スピリチュアリズムの次元に行き着くもの



「課題」

そうした「目的」を前にして立ちはだかる「課題」をどう見るかに、心の取り組みとしての基本的スタンスが示されることになります。
それをこのブログで改めて分かりやすく書き始めた次第です。

それは、「受け身意識の闇の川」だと例えたものです。
つまり、人にどう見られるどう思われるかという意識の中で、私たちは自らにストレスを加え、自分を見失い他人を憎むように駆られてしまう、心の穴があるのです。

そこに、自ら不幸になるという、人間の心の業があるのだと。

そこに落ちて「抜け出す」というのが、心の治癒成長変化一つのサイクルになるのだと。


その闇の川に落ちると、3種類の水が流れてくる。
「青の水」「嘆きの水」です。これは、目をさまして抜け出すしかない。
「赤の水」「力みの水」です。力をぬくことを学ぶことです。
ここまでは話は単純です。しかし次の水で、全てが元に戻ってしまう。

それは「黄色の水」です。「黄色の水」とは「善悪の水」です。
こうあるべきだ。正しければ怒るのが正しい、といった観念の中で、は再び「青の水」「赤の水」にも、まみれてしまうのです。

「黄色の水」からの抜け出し核心部分は、いまいち書くことができずじまいでした。それをまさにこれから書くことになります。


「答え」

その核心への大きな鍵については、多少とも詳しく書いてきました。「魂の感情」です。
「魂の感情」が、大きな鍵として現われる。そうなるゆえんであるところの、上記課題への答えとはこれです。

「心と魂と命」という仕組みがあるのだということです。

私たちの「心」は、それを生み出した本来の大元である「命」からはがれて、とても薄っぺらいものになったらしい。

そこで「心」を再び「命」につなげるための仲立ちとして、「魂」というもう一つの心の機能体があるという仕組みです。


「実践」と「道のり」

その答えどう、そしてなぜつながるのか詳しく示さないままだったにせよ、それに向うための実践、そしてその先にある道のりを書いたのが、これまでのハイブリッド心理学の執筆大部分になります。

そこで心の変化核心につながるための視点を、先の『「開放力」としての「思考力」-7』で書きました。

「実践」「道のり」について書いていることの全てが、「自分を当てはめる」ためのものではなく、「自分に問う」「自分を疑う」ためのものとしてあるのだ、ということです。

そして、そのように自分に問いて返ってくる心の声は、心の成長段階によって異なるものになる。それに向き合うごとに、未知へと変化していく。
だから、生涯を通して、問い続ける必要があるのだ、と。生涯を通して、自分に問うテーマを網羅しているものとして、ハイブリッド心理学の著書生涯に渡って手元において欲しい。一度読んでどう感銘したかで終わるのではなく(宣伝含む^^;)


「心の変化の核心」

ということで、「答え」「実践」のはざまにある、「心の変化の核心」を説明していきましょう。
そこにおいて「論理的思考」はどんな役割を担うのか。
それがどう「心と魂と命」という答えにつながるのか。

これが、島野が本が売れて著名になるという虚栄心の死(^^ゞ)と引き換えに(?^^;)、これは世に書き残したいと意欲を感じるものになります。

スポンサーサイト



心の変化の核心と論理的思考 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (420)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用