ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

病んだ心から健康な心への道-2
ハイブリッド心理学が見出した『病んだ心から健康な心への道』とは、どんな道か。
情景のイメージとして書いてみましょう。それが文字通り、イメ-ジし安いものになると思います^^。


『病んだ心から健康な心への道』の情景

私たちの前に、人生の道のりが広がっています。

目を上げて、少し向こうを見やると、そこには「成長の地平」が広がっています。

それは人々が人生に向かい、成長している地平です。
自分もあんな風になりたい、そう思うかも知れません。成長している人々の実際の内面とはどんなものなのかは、見えないままにです。


自分もすぐあんな風に、人生の中で成長していきたい、と考えるでしょう。
すぐそうなりたいと考え、向こうにむかって歩きはじめます。

でもなぜか、なかなか前に進んでくれません。空回りしているのです。
足元がしっかりしていないのです。砂地に足を取られたり、泥に足が埋まってしまったりしています。

なぜなら、自分が今いるのは、「成長の地平」しっかりした地面の上ではなく、「未熟の故郷」もろい土の上だからです。


「未熟の故郷」

「未熟の故郷」足元がしっかりしないのは、大きく2つの要因があります。


一つは、ごく基本的な「未熟」によるものです。「望み」が、「与えられる」という形の望みであることです。

心が未熟であるほど、それは自己中心的で、甘えて我がままな願望という性質のものになってしまいます。
これは心の健康度に関わりなく、私たちが成長の途上にいる限り、そこから始まるのは仕方のないことです。


もう一つは、「心を病む」という要因です。

心を病む深刻さが増すほど、「望み」の感情が妨げられ、葬り去られ自分への否定感情と、他人への敵意と憎しみが流れるようになってしまいます。これは1/22『「心を病む」ということ-1』で説明しました。

程度の差こそあれ、「心を病む」という問題現代人に避けられないものだと、ハイブリッド心理学では考えています。
「未熟」の地に立つ心は、そうした心の部分を、大きさ割合の違いこそあれ、心の一部に抱えて歩み始めることが避けられないものと言えるでしょう。


その結果、「未熟の故郷」に立っている心の「望み」は、そして「成長の地平」でうまくいっているらしい人々の姿は、とても限定されたものに見えてしまいます。

それは、人との競争に勝てるような、人に抜きん出た何かを持つことで、それによって人を惹きつけて愛されたいという、「与えられる」という形の願望です。何かの能力美貌などによってです。
心を病む度合いに応じて、それが、他人を足蹴にして勝ち誇ろうとする、敵意と攻撃心に満ちた、すさんだ衝動になってしまいます。


もちろん、それを満たすものを持てる人など、そうそういるものではありません。しかも、自分から努力することなく「与えられるもの」としてなど。
さらに、他人への敵意と攻撃心が、人との良い関係を育てることを阻んでしまいます。社会をうまく生きることを、阻んでしまいます。

「望みに向かい自分の全てを尽くす」ことが成長への道だと言ったところで、そうした受け身に与えられる願望すさんだ衝動の先には、人生を生きる道があまり開かれないのが現実です。


心の叡智と隘路

心の叡智が示す答えは、とてもシンプルなものです。

「望み」の状態がどのようなものであろうとも、人生を前に進むための最善の方法が変わることはないのです。


感情に流されて行動するのではなく、感情の底にある自分の「望み」を良く知り、それに近づくためのことに「肯定形の思考」「建設の行動様式」で向かうことです。
これを「感情と行動の分離」と呼んでいます。

受け身に愛されるための条件と感じるものにせよ、そこに近づくための向上を、自分自身で生み出していくことです。「一歩一歩の向上思考」によってです。
競争心に駆られたとしても、他人を蹴落すのではなく、自分が向上することに意識を向けることです。


そうして自ら向上を生み出していく歩みの中で、内面感情も自ずと、きれいなものへと浄化されていきます。
それが、「成長の地平」の姿でもあるのです。


しかし、そうした「成長の地平」へと進むことを困難にするものが、立ちはだかっています。

「受け身意識の闇の川」です。
そこに落ちると、人生を前に進むのとは全く別の方向へと、思考と感情が自動的に動いてしまう「受け身の水」が、そこには溢れ流れています。

「赤」「青」「黄」の3種類(^^;)の水です。そこで自動的に動く思考感情と、抜け出しの知恵へと話を進めます。

スポンサーサイト



(11)心の闇との決別 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用