ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

真の答えに向うための論理的思考とは-7
一日に複数記事は久しぶり^^。


論理思考入門エクササイズ^^

では論理思考エククサイズです^^。
夏はなぜ冬よりも暑いのか。

ここで恐らく多くの方に思い浮かぶであろう、学校などで習った知識があります。
地球の自転軸が公転軸に対して少し傾いているから。


「つながり」を問う

しかしここで「つながり」問われるわけです。「暑い」「地球の軸が傾いている」は、直接にはつながらない話です。これはいいでしょうか。
地球の軸が傾いているので、地球太陽のまわりを1年1周する間に、地球のある地点たとえば日本の東京での、太陽の光の受け方は、より頭上真上からとなる「夏」と、より地平線近くとなる「冬」と、その中間の「春」「秋」という周期で変わることになります。

だとするとなぜ夏が暑くなるのか。

私自身思考した場合ですと、それではちょっとつながらない。皆さんはそれで「つながった」と感じるでしょうか。
私の場合それが、

その結果、夏はより強くより長い時間太陽の光を浴びるので、暑くなる。

となって、「つながった♪」と感じます。

ここで太陽の光のみならず、ガスコンロの火電気こたつの赤外線、といった「熱光線」一般について、今までの人生でもう揺らぎない事実として納得していることにつながるわけです。
より強い「熱光線」を、より長い時間浴びるほど、熱くなる、と。

ということで、つながった論理たどり直して確認します。地軸が傾いているから、夏は太陽光をより強くより長く受けることになり、暑くなるのだ、と。


「欠けたつながり」を追求する

これはとりあえず「科学の知識」をベースにした論理的思考ということで、上記までの思考ができれば、「科学的論理思考実践」「可」と評定できるかと^^。

しかしそこにはまだ「欠けたつながり」があると、私は感じました。
太陽がより真上の角度になることで、その光を浴びるのが「より長く」直接つながる。しかし「より強く」には、直接はつながらないのでは、と。
より地平線近くの低い角度になるとしても、太陽からの距離そう変わるわけでもあるまい。

でこれについてちょっと考えたのですが、
より地平線近くの低い角度からの太陽光線は、通過する大気がより厚いため、強度が減少する。

のではと。

ということで、「地軸の傾き」という当初の話だけではなく、「通過する大気量」という別要因を加えて考えて、「きっとそうだ。つながった♪」となった次第です。


このように、科学的に思考する中で、「欠けたつながり」に気づき、それを追う思考ができると、「科学的論理思考実践」「優」と評定される段階と言えるかと思います。

この段階が、ハイブリッド心理学での「論理的思考」必要レベルになります。特に、「感情分析」によって埋もれた感情自ら探索するためにです。
もちろん感情分析そのものは、一般の科学知識ではなく、「心理メカニズム」「価値観」などの心理学知識をベースに進めます。


科学思考の添削^^;

なお私の上記の私の思考は、「科学的論理思考実践」としては「優」であっても、考えた内容はどうやらちょっといまいちのようです^^;
ネットで見たところ、「より強く」は、
「単位面積あたりの熱量」が、太陽がより真上つまり地面により垂直になるほど大きくなる。

という話らしい。これはなるほどですね。
通過する大気層の厚みの違いというのは、間違いではないとしても、それらに比べれば誤差内程度の話かも知れない。


ともかく、「欠けたつながり」を追えるようになれば、自分の思考どこが正解どこが誤りかを、適宜このように確認し、思考の全体「積み重ねて」いけるものにすることができます^^。


感情動揺を固定化してしまう思考

このような「ていねいな論理的思考」とは対照的に、「論理的に考えることを放棄してしまった思考」がありますね。
典型的なのは、ここでのお題では、

夏は暑いに決まっている。

とか。

これは子供が何についても「なんで?」「どうして?」と聞かれる大人が、説明を考えるのが面倒になって発する手の言葉ですね。
そのように人との対話の中での場しのぎに使うのはともかく、一人で思考する時もこうした思考を使っていると、「感情動揺の固定化」が起きてしまいます。
人の目は怖いものに決まっている、というように。それでは人の目恐怖自ら固定化し、克服も何もあったものではないですね^^;

なぜ怖いのか。そう問う先に、上記例題では科学の知識をべースにして論理的思考を展開できたように、心理学の知識をべースにして論理的思考を展開することができます。

そこに、自分がなぜ人の目を恐れるのか揺らぎない心の事実につながった時、論理的思考さらに超えて「命」答えを示し始める。
これが、論理的思考はあくまでほんの一部の役割だという、「心」と「魂」と「命」の3層構造全体の話になってきます。う~ん難解?^^;
(参考:3/23『島野が至った「命の無の世界」-4』 つまり、ていねいな論理的は、屁理屈ばかりを弄する「自意識の殻」を打ち破るためです)


まずはともかく、こうした「ていねいな論理的思考」をすることが、ハイブリッド心理学実践の第一歩になります。

それがごく心の外部出来事ではなく、人の感情や行動が関わる問題をテーマにした時にどうなってくるのか、引き続き詳しく説明していきましょう。

スポンサーサイト



真の答えに向うための論理的思考 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用