ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「心」と「魂」と「命」の構造-3
サイトの『読者広場』サーバーでアクセス障害が現在発生しており、開けない模様です。
データ等の消失はなく誠意復旧中とのことで、そのうち開けるかと^^。


私自身の最近の変化で、「心と魂の対話」そして「心と命の対話」についてを出す前に、再び解説を入れておきたいと思います。


「心」と「魂」と「命」の意識のあり方の違い

ハイブリッド心理学では私たち人間の心というものを、「心」「魂」「命」という3つ(3層)の機能体から成り立っていると考えています。

なぜそう分けるかというと、意識のあり方まったく異なるからです。

だから、私たちの「意識」が、日常的「心」の領域だけで働いているものから、「魂」へと深まり、さらに「命」へと広がるものへと到達した時、異次元の世界への変化が起きるわけです。


ここではそれを、下ののようににしてみました。

細かい話はこの後にもするとして、ここでは最も大きな違いの話を書いておきましょう。


図2 「心」と「魂」と「命」の意識の質の違い


「意識」の質の基本的な違い

最も大きな話で言いますと、「心」日常的な、5感を駆使してものごとを見分けて意識している「明晰(めいせき)意識」の世界です。

一方、「魂」「命」は、そうした明晰意識を受けて流れる「感情」の中で、性質が異なってくる部分です。


「感情」の違いについては、「心の感情」「魂の感情」違いについて、すでにこのブログで説明しています。
「心の感情」「思い描く感情」
「魂の感情」「湧いてくる感情」擬音表現が似合う感情だと。ワクワク、ウキウキ、キュ~ン、ドヨ~~ン、ガ~~ン。
2010-05-28『「魂」による「心」の浄化-2』

そこに今回、まあ私自身が「命の無の世界」をはっきり感じる中で話を加えたいのが、
「命の感情」です。
これは一言でいえば、「極めて力強い前進の無の感情」です。超越的に、確信的に、今生きる命がここにあり、前へと進むのだという、そしてそこに何がどうあるべきかという空想が「無」となる感情です。

まさに、「自我の広がり」ゴールと言える意識世界だと言えるでしょう。

「心の感情」「思い描く感情」
そして「魂の感情」「湧いてくる感情」であれば、
「命の感情」とは、「今ここにある命の感情」だと言えるでしょう。


「自他区別の違い」で異次元世界へ

そのように、「意識」「魂」領域そして「命」領域へと深まり広がることが、私たち人間の心の病みと闇、そして心の業根本的克服となる。

そうなるゆえんは、そうした意識の質の違いに伴って、それぞれの意識「自他区別」をどのように捉えるものかの、根本的な違いに、答えがあると言えます。


つまり「心」は、「自他」つまり「自分」「他人」を、はっきり区別する意識として働きます。またはっきり区別した上で働く意識です。
「心」をおおう「自意識の殻」(自己操縦心性)では、それが特有のメカニズムによって、ギスギストゲトゲしいものとして流れてしまう仕組みになっています。

それが「魂」では、自他区別薄れ始めます。それはまさに、自分他人境目のない一体の存在として溶け合うことを希求する感情として流れるのです。もちろん、それが私たち人間の心で、「愛」として感じ取られる感情としてです。

そして「命」意識に至り、「自分」「他人」区別は、完全に消えるのです。


これが、私たち人間の心の病みと闇、そして心の業根本的克服となる。
なぜなら私たち人間は、「自分」という意識によって、心を病み、人生の道をそれるからです。

それが消える意識世界への到達が、根本的克服への答えとなる。
なぜ答えになるのか答えについて、これ以上の饒舌な言葉はいらないでしょう。


「明晰意識世界の論理性」から「自己の真実」へ

もちろんこうした「魂」「命」説明を聞いて「感じ取ろう」としたところで、感じられるものではありません。
そこに、そこにどのように向うかの、が現われる。

世の多くの心の取り組みは、ひたすら「こう感じられればいいんですよ」「こう感じられませんか」という話を繰り返すものになるでしょう。


ハイブリッド心理学だけが(今私の知る範囲では^^;)、それとは異なるを取ります。

「明晰意識世界の論理性」から「自己の真実」へと向うものです。


まず、明晰意識の世界で、しっかり論理的に考えることを学ぶことです。

その姿勢が、やがて、「魂」そして「命」に到達する、「自己の真実」を問う姿勢へとそのまま引き継がれるからです。


この辺の話をしたら、ようやっと論理的な思考の仕方そのものの説明に行けるかと^^。

スポンサーサイト



(8)魂の世界 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用