ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

詳説・感情を鵜呑みにしない思考-2:論理的思考
ではまず、「感情を鵜呑みにしない思考」とはどんな思考か、から説明しましょう^^。

それはまず言って「論理的な思考」ではありますが、ハイブリッド心理学では「論理的思考とは何か」という一般テーマはあまり扱いません。
まあ算数や理科の問題といった、もともと「感情」にあまり関係しないような内容で使う思考を主にテーマとして、論理的思考とは何ぞや、という議論も世にはあります。「論理学」と言うのかな。

ハイブリッド心理学で取り扱うのは、あくまで、「心」の問題、「感情」に深く関係した内容を考える時の思考のあり方です。


「感情を導ける思考」

するとまずは、次の2種類の思考のあり方の対比になります。

一つは、感情を鵜呑みにした思考です。つまり動揺する感情に流されるままに揺れ動き、それによって行動法を誤ってしまうような思考です。

もう一つは、感情を鵜呑みにしない思考です。動揺する感情に流されるのとは逆に、感情を安定へと導くことのできる思考です。


前者感情→思考という一方向の思考であり、後者感情→思考→感情というフィードバックがある思考だとも言えるでしょう。

感情プラスとマイナスを付け加えて表現するなら、悪感情からをテーマとして、
前者マイナス感情マイナス思考という一方向
後者マイナス感情中立思考プラス感情というフィードバック形になります。

後者で「プラス思考」とはしていないのがけっこうミソです。まあ「プラスマイナス」「感情」なんですね。「マイナス感情→プラス思考」とすぐに変えようとするのは「心の力み」「感情強制」形です。
それをしない「中立思考」によってなぜ「プラス感情」へと変化するのか。これが、「感情を鵜呑みにしない思考」をさらに心の外面と内面それぞれに向ける「感情と行動の分離」によって、という話になります。
これをおいおい説明していきます。


ともかく、ここではまず一言で、このように表現したいと思います。

「感情を鵜呑みにしない思考」とは、「感情に流される」のではなく逆に、「感情を導ける思考」だ、と。


「論理的思考」

そのための第一歩がどこにあるかへと、視点を進めましょう。

最初に言ったように、「感情に流されない思考」とはまず言って「論理的思考」なのですが、「論理的思考」ができればそれで「感情に流されない思考」になるわけではありません。


「論理的思考」とは、話の内容「つながり」がまずはしっかりしている思考、だと定義できるでしょう。

話の内容つながりとは、「理由」です。こう感じる。なぜならこうだから、と。
それをいちおうはしっかり意識できている時、感情に流される思考も、いちおうは論理的思考になります。


一例として犬恐怖など考えてみると良いかと。

私は犬に恐怖を感じる。なぜなら、犬は人を噛むからだ。
感情に流された思考ですが、つながりとしては「妥当」な、論理的思考ですね^^。

これが、話の内容のつながりがない思考になると、感情に流される思考であり、かつ論理的でもない思考になります。
私は犬に恐怖を感じる。なぜなら犬を見るとろくなことがない。家に泥棒が入るし、山で火事が起きる。
感情に流された思考で、支離滅裂ですね^^。


「つながり」の「正しさ」とは・・

ここで、話のつながり「妥当」「支離滅裂」かを判断する「基準」は、必ずしも絶対的なものではなく実は私たちの主観によるものであることを指摘できます。

犬が人を噛むと考えているのなら、犬を怖いと感じるのまあ仕方あるべえ、とくるわけです。おらっちは犬がそうめったやたらと人を噛むとは思わねえから犬っころは可愛いと感じるが、もし犬が人を噛むとばかり考えてたら、おらっちも犬が怖くなるべえだがや、とくるわけです(どこの方言だがや?^^;)

この言葉の中の「つながり」は一応「正しい」という話になります。


「犬を見ると家に泥棒が入る」になると、私たちがまず「そう考えるならまあ・・」と一応はうなづける「つながり」ありません。だからその言葉を支離滅裂と判断します。

あるいはその言葉の主は、「犬を見る」ことから「家に泥棒が入る」ことへの「つながり」を、この人自身の心の中では強く「感じて」いるかも知れません。かつて実際、偶然そんなことがあったこととして。
しかし、私たちは犬を見たあとに家に泥棒が入った経験などまずないので、その「つながり」「支離滅裂」だと「感じる」わけです。
これは「経験」による判断と言えます。

ただし人それぞれの「経験」の範囲限られたものです。それを、実際に自分で体験していないことについても、範囲を広げて、その確からしさを集めた思考が、「科学的思考」だと言えるでしょう。


まあこの辺はちょっと話が哲学的難解かと思いますが、要は、「こうだからこうなのだ」という「思考のつながり」の「正しさ」をどう考えるかには、実はかなり選択肢が出てくるということです。
その中に、「宗教思考」「科学思考」といった選択肢が出てくる、ということです。この選択位置づけを、また後で説明します。


「感情を表現する論理的思考」という第一歩

ですから後者の言葉でさえも、実は「論理的思考」です。「こうである。なぜならこうだから」と、言葉論理的な組み立ての形になっている。
「私は犬に恐怖を感じる。なぜなら犬を見るとろくなことがない。家に泥棒が入るし、山で火事が起きる」であってもです。

これが正真正銘、論理的でない支離滅裂な言葉になると、こんな感じ。
「犬が起きる。火事が入る。怖いと家、やめたい」。まあ『海辺のカフカ』猫のカワムラさんの世界ですね(読んだ人は分かるかと^^)。


ということで、「感情に流された思考」から「感情を導ける思考」までの変化第一歩について説明しました。
それは「感情に流された思考」であっても「論理的思考」である形です。
これは「感情を表現する論理的思考」です。

これが第一歩になります。まずは感情を表現している論理明瞭化する。これを「感情の論理」と呼んでいます。
それをはっきりさせることで、次に、別の論理からそれを見直すことが可能になるからです。


動揺する感情から抜け出せないという時、実はこれさえもできないケースが少なくないのです。
まあ猫のカワムラさん状態になるという話ではなく(^^;)、感情動揺によって論理的思考そのものがブロックされてしまうものです。平たく言えば、頭が回らなくる、という問題が起きてしまいます。
「怖いと感じる。なぜなら・・」という論理的思考ができず、「怖い・・逃げたい・・」と、思考が感情を鵜呑みにした次の段階へと進んでしまう

こうした心のあり方の状況分類についても、また後でまとめましょう。


とりあえず、「感情を表現する論理的思考」から「感情を導ける論理的思考」に移る、次の段階へと目を転じましょう。

スポンサーサイト



詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用