ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

全ての根底は「命」と「信仰」-3
「実践の流れ」への「意志」の役割

あと少し、「意志」役割の説明を加えておきましょう。「実践の流れ」における役割です。
『全ての根底は「命」と「信仰」-1』でまとめた流れです。


まず、「感情を鵜呑みにしない」で考え行動したい。要点は以下の4つでした。
1.「気持ち」は不変ではない
2.「自分の気持ち」の全てが「心の現実」
3.「人の気持ち」の全てが実は「自分の気持ち」
4.どう行動すると「気持ち」はどう変化するのかへの理解

その先に、「心が良くなる流れ」に向いたい。3つあります。下のもの上のものへの支えになります。
1.「望み」に向う
2.選択思考
3.怖れの克服


「自分の気持ち」と「人の気持ち」への姿勢

「感情を鵜呑みにしない」
において、上記の2番3番決め手になってきます。

「自分の気持ち」は、全てを受け入れる。もちろん鵜呑みにするということではなしに、成長へのスタートラインとしてです。


「人の気持ち」として心に映るものこそが、鵜呑みにしてはならないものになります。

それは全てにおいて、「現実」「空想」混合の中にあります。
「人の気持ち」として心に映ったものが、かなりの程度で「事実」である場合もあるし、全くの「妄想」である場合もあります。

そして私たちが必ず考慮しなければならない事実とは、心を病むほど、「人の気持ち」として心に映るもの極端に偏ったものになる一方で、本人がそれを疑えなくなってくるということです。
もちろんこの先には、たとえば他人が全て自分への殺意を抱いていると確信する、統合失調症など最も重篤な心の障害があります。


心が健康であるほど、「人の気持ち」として心に映るものの偏りは少なく、自分でそれを疑えもするという形になります。

心を病むほど、「人の気持ち」として心に映るものの歪みが大きくなり、自分でそれを疑えることが極めて望ましいのですが、心を病むほど逆にそれに確信を感じるようになってしまうという問題があります。


少し話が膨らみました^^;
ともかく、「自分の気持ち」全て受け入れ「人の気持ち」はあまり感覚で決めつけない。あまり執着しない、とも言えるでしょう。

これが「感情を鵜呑みにしない」健康形です。


「心が良くなる流れ」への姿勢

その先に、「心が良くなる流れ」に向う。

「人の気持ち」にはあまり執着しないことが、3番目「怖れの克服」にとって、極めて重要です。
私たちは、空想上の「人の気持ち」におびやかされるからです。

「自分の気持ち」については、それを全て受け入れる先に、1番目「望みに向う」というのが出てきます。


「成長」

ただしもちろん、「意志」によって、「人の気持ち」への怖れが消え、「望み」に向うことができるなんて話には、そう簡単にはなりません。そう考えるのは絵に書いた餅以外の何ものでもありません。

なぜなら、「望み」そのものが、「人の気持ち」によって描かれるからです。
人からこんな気持ちで迎えられたどんなに嬉しいだろう。それが「望み」になるのです。

そこに、心の駒が再び「怖れ」に戻るつなぎ目があります。


私たちは、「人の気持ち」によって望みを抱き、「人の気持ち」によって怖れを抱くのです。
そこに、「成長」があるのです。



そこで、「自分の望む気持ち」「人の気持ちへの怖れ」凌駕して、行動へと向った時、そこにはっきりと、「成長」が現れるでしょう。

「人の気持ちへの怖れ」があまりにも強く、「自分の望む気持ち」行動へと至れない場合もあるでしょう。これをありのままに感じ取り、受け入れることも、また一つの「成長」になります。
やがて同じ場面で、「望む気持ち」「怖れ」凌駕する時の訪れに向っての、準備としての成長に。


人間の「不完全性」

これが「心の自立」の中に生まれる「意志」だけで可能になるかどうかは、人間の場合、とてもあやふやです。

そもそも完全な「心の自立」というものはないというのが、ハイブリッド心理学の考えです。(詳しくは『入門編下巻』で^^)


さらに、心に映る「人の気持ち」を疑えなくなる、「心を病む」という側面を、程度の差こそあれ誰もが抱えるのが人間だと、ハイブリッド心理学では考えています。

そこに、「意志」だけでは足りないものを補うものとして、「信仰」というものが出てくる。
それが人間の心なのかも知れません。


「信仰」がないと、「意志」も持てないのかも知れない。 それが人間の心なのかも知れません。
今はそう感じています。


どのように「意志」が生まれるのか、そして最後に「信仰」というものが出てくるのかへと、視点を移しましょう。

スポンサーサイト



(8)魂の世界 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用