ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

全ての根底は「命」と「信仰」-2
先の記事は『(前)』から『-1』に変更しました。4つ以上になりそうなので^^;


「感情と行動の分離」ができない理由・・

動揺する感情を克服したいのなら、まず感情を鵜呑みにして考えて行動してしてしまわないことから始める。
その上で、
内面感情ありのままに流し理解することをし、外面行動建設的なもののみにする。

この「感情と行動の分離」大原則に、納得は感じても、実際にはそうできない方が、たくさんおられます。


それは多くの場合、「建設的な行動」頭で描けても、「感情を鵜呑みにしない」ことが難しいというものであることを、『「感情を鵜呑みにしない」とは』シリーズで説明しました。

心得たい要点が次の4つになることも。
1.「気持ち」は不変ではない
2.「自分の気持ち」の全てが「心の現実」
3.「人の気持ち」の全てが実は「自分の気持ち」
4.どう行動すると「気持ち」はどう変化するのかへの理解

まあ無理もありません。

「建設的な行動」は、成熟して安定した心の人であれば行いそうな行動を、絵に書いた餅として(^^;)頭で描くことは、まあできるとします。

しかしそもそも「感情」というのは、それ自体が行動への方向性を持っているからです。
「愛」「楽しみ」は、近づくことへと。
「怒り」攻撃へと。そして「怖れ」逃げることへと。

それを、時と場合によっては正反対の行動をすることが、「建設的」になることもあるというのですから、難しくなるのは当然ですね。


なお上の中で、「楽しみ」だけが、そうした難しさのない感情です。
これも重要です。「楽しみ」が、全ての「建設的行動」への真の足場になるともいえます。

ただし、私たちが歩む道とは、「楽しみ」などまだ見えようもない動揺の中で、この「感情と行動の分離」必要になるものです。


2つの支え

動揺する感情の中で、感情を鵜呑みにしないで考え行動する。

その支えになるものは、2つあるようです。

一つは「意志」です。これについては、今までも「心の自立」という転換の話の中で触れてきました。

もう一つは、「信仰」のようです。


第1の支え:「意志」と「心の自立」

「意志」については、2/16『「意志」と「行動学」』で、「受け身でなく自発的に何かに向うおうとする強い気持ち」「気持ちを一本にまとめていく上位の気持ちなどと説明しました。

これは「心の自立」をすることと、ほぼ同じことだと言えるでしょう。「心の自立」とは、自分の「意志」で行動できるようになることです。


一方「心の自立」については、よく、「自分の気持ちを自分で受けとめること」だと説明しています。自分の気持ちを人に受けとめてもらうのではなく。

気持ちを人に受けとめてもらうのであれば、「意志」いりませんね^^。私はこんな気持ちなんです。それを相手に伝え、相手が受けとめてくれればハッピーエンドです。どうハッピーエンドなのかは微妙ですが・・^^;

自分の気持ちを自分で受けとめるとは、気持ちを人に伝えるのをやめる、ということではありません

「意志」による行動の中にあるものとして、伝えることが何かを生み出すことになるものであれば、気持ちを人に伝えるのです。ありのままに。


「意志」と「気持ち」の違い

「意志」持つ人は、この違いはっきりと分かります。

「意志」持たない人は、この違い良く分からないかも知れません。「意志」持たない人は、「意志」を、「気持ち」同列のものとして感じるからです。

だから結婚候補の相手が、自分を愛する気持ちの熱さ関心を払っても、自分を愛する意志の強さ関心を払うことができない、ということになるのでしょう。


「気持ちの熱さ」「意志の強さ」は、ぜんぜん違うものです。

前者すぐ冷め、今日も某有名女性タレントのニュースが騒がしいように(^^;)、いともあっけなく、お決まりのように(^^;)、離婚の話が出てきます。

後者は、生涯変わらないものになり得ます。そしてそれが、「気持ちの熱さ」をいつまでも失わないものにする可能性さえ、出てきます。


「意志」は「命」にあるもの

どうすれば「意志」が持てるのか。どうすれば「心の自立」ができるのか。


それに対する、ハイブリッド心理学からの
答えは、ありません。

それは本来「命」にそなわっているものであり、私たちがどうこうして作り出したり、学んだりする必要のあるものでは、本来ないと考えています。
問題は、逆に、私たちが自ら、積極的に、それを捨てるような思考を身につけたことであると。

それは私たちの人生の、あまりに早期幼い頃から起きているので、私たちはそれを捨てるような思考見直すとともに、それに向うとは具体的にはどんな行動の仕方のことかと、多少とも学び直す必要が出てくる、ということになるのでしょう。
人生を通してです。


こうした観点からの「意志」「心の自立」とは、全ての「命」ある生き物に言えるもの、といった視点から出てくるものです。

これが実際のメール相談の中で、どんな風に検討されるものとして出てくるか、ちょっと紹介したいと思います。

スポンサーサイト



(8)魂の世界 |   コメント(0)
コメント (新着順^^)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用