ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

島野が神になるのをやめた時-12・未知への信仰
『実践の進め方』の話を少しさしこんでいましたが、「神になるのをやめるひらめき」心の底での意味について、仕上げにいきたいと思います。
「内面の選択肢」の中でも最も心の奥深くにある、「命」の扉を開けるための選択肢です^^。

この話を一通り終えるところまでを、『本格的な歩み(後半)』としてまた記事一覧など作りましょう。


そしたらいよいよ、こうした「内面の選択肢」『実践の進め方』をがっちゃんこと合わせた、実践の本格的な虎の巻を展開したいと思います。
『人生の豊かさへの歩み』として。


最も奥深い「内面の選択肢」

さて、私が37歳を間近にした1997年の冬「神になるのをやめるひらめき」へと至るための、「4つの準備」があったという話をしていました。
この4つです。


1.完璧は存在しない
2.社会を生きる自信
3.怖れの克服
4.神への未知の思考

この最後のものです。「神」という観念です。

それについて、4/15『島野が神になるのをやめた時-11・科学の目』を書いたすぐ後に、私は以下の文章を書いていました。
「神」という観念について、私が今感じるものを、ちょっと叙情文調で。

まずはこれをアップし、「4つの準備」「神になるのをやめるひらめき」に至る意味を、考えてみたいと思います。

私はそこに、私たち人間の、心の闇と輝きを分かつ小さな分水嶺のような、心の真実が見えてくるように、感じるのです。


「神」と「信仰」

私たち人間が、知性思考つまり表の思考「神」をどう考えるかのパターンを、ざっと眺めてみました。
(参照:4/13『島野が神になるのをやめた時-9・神への未知の思想』

そうして私は思うのです。私たち人間は、「神」という観念から逃れることは、できないのだと。


かつて人々「信仰」の下に、行動の秩序と、心の平安を得て、慎ましく生きていました。そこに心の安住を得ることができることが、何よりも「幸福」として。

一方現代人において、「神への信仰」というものは、もう非日常の、自分には関わりのない、特定の人たちのための儀式でしかないかのように、人々の頭の中では捉えられているかも知れません。


しかし私は感じるのです。私たちの心が、「神への信仰」の支配下にあることを。

現代人において問題なのは、神へ敬虔の喪失ではなく、思考の放棄だと言えるでしょう。自分の生き方姿勢の根本は何なのかといった命題への思考を、人生の早期に放り投げ、うまくいっている他人を見る目だけを膨らませていく中で、「自分の唯一無二性」を考える思考を放棄してしまったことです。


しかし私は感じるのです。「神」が、答えを出さなければならない問題であることを。
その思考を放棄してしまった時、人は自動的に、自分が神のような絶対者の座にいるかのように、無意識の深層で感じる始めるようなものとして。

その結末とは、自分自身が、その「絶対的な規律-監視-賞罰」を決める絶対者なのだと感じる感覚へと陥っていくのです。
その先にあるのは、ホーナイが指摘したような、「内面の地獄」です。それは、不完全な人間である自分に、自らが絶対者として処罰を加え始めるというものです。


ハイブリッド心理学目的は、そこからの脱出です。

まずは、自分がどんな思考をしているかを、しっかりと思考することから始めましょう、という話になりますね^^。


未知への信仰

では「無神論」はどうか。せめて、絶対的な「規律-監視-賞罰」を否定することで、自分を絶対的に処罰し始める、内面の地獄は逃れられないのか。


私は、「無神論」はそうした心の深層までは、いわば“浸透”しないと思います。

表の知性思考「神なんて科学からは否定されますヨ」という顔をする一方で、“プライベートな内面”で抱く願望をめぐって、自分を絶対的に処罰する感情は、そんな表の思考など何のかかわりもないかのように、流れ続けるという状況になるのではと。

そもそも「無神論」も、「神はいない」と断定していることにおいて、自分は何でも知っている、自分が神だという心の底の姿勢を取っているように、私には感じられます。


「神への未知の思想」においてのみ、心の底から絶対的な「規律-監視-賞罰」を捨て去ることができる、すべての心の条件が、矛盾することなく整います。

神の存在の感覚は捨てていない。自分神に従う者であり、神の導きがあるという情緒、最後にはそれに委ねるという情緒が残っていることにおいて、絶対的な「規律-監視-賞罰」を、その神への信仰の情緒の下に捨てるという、揺るぎない「選択」が、可能になるように思えるのです。

つまり、これは神が指図したものなのだ、と考えることにおいてです。

神が、自由を指図したのだと。そこに、心が解き放たれるのです。


これをハイブリッド心理学では、「未知への信仰」などと呼んでいます。

「信仰の情緒」という強靭な揺らぎなさにおいて、絶対的な「規律-監視-賞罰」を捨てる選択が、成立するというものです。


これ以外の思想パターンでは、それは不可能です。無神論ではそもそも神を否定しているので、信仰の情緒を見失っています。
捨てる選択が、強靭な情緒で支えられない心の底は結局、絶対的な「規律-監視-賞罰」がアリの世界となり、そして実は自分が神なのです。これは内面の地獄へ戻りますね。


実践への補足

もちろん当時の私が、こんな理屈の整理をして「ひらめき」に至ったのでは、全くありません極めて直感的「ひらめき」でした。
(参照:4/5『島野が神になるのをやめた時-2』
ここに書いた整理は、何が私の心に起きたのかと今振り返って、理屈の整理四苦八苦してなんとか見えてきたものです。

実践をされる方においても、ここに書いたものを理解して「ひらめき」へ、という話には全くできないと思います。まずは別パターンを見分けて、脱していくための参考にはなると思います。


重要なのは、私が絶対的な「規律-監視-賞罰」を、心底から捨てたいと、その時期感じ始めていたことになるでしょう。
それは先の3つの準備が用意したもの、ということになると思います。
「完璧は存在しない」
「社会を生きる自信」
「怖れの克服」

この3つです。実践としても、これを日々の中で問うことが、まず何よりも前進のために重要になるでしょう。

それが揃わないと、結局人は「完璧の圧倒感」というものに、心がなびいてしまうと感じます。その段階で「神への思考」をどうこう考えても、絶対的な「規律-監視-賞罰」の心における「有効性」はビクともしないのではと。


この全体の関連を次に振り返って、私の「神になるのをやめるひらめき」今回の振り返り考察を締めたいと思います。

スポンサーサイト



島野が神になるのをやめた時 |   コメント(2)
コメント (新着順^^)
RE:
しまの [編集] | URL | 2010-04-25 Sun 10:21:07
どうもですー^^。

それへの説明を、記事で書こうと思います。
『「自己分析」虎の巻』カテゴリーのスタートという形で^^。「恐怖の分析」とかの話として。

「自己分析」そのものの説明から始めますので、読んでいって頂ければ^^。
ryo [編集] | URL | 2010-04-23 Fri 14:27:22
以前ブログで書かれていた、身近な恐怖の克服に関してご質問があります。
僕は、ゴキブリが怖いです。また、昆虫図鑑の虫の細部を映した写真などが怖いと感じます。
怖いというより、気持ち悪いという感覚なのかなとも思いますが、やはり怖いと言えると思います。
島野さんは、その点につきどう考えておられるでしょうか。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (415)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用