ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

自殺未遂体験からの7/23コメントへのアドバイス^^
大分日が経って(^^;)しまいましたが、7/23以下記事への非公開コメントとして、自殺未遂体験を持つ方からのコメントを頂いてあります。
2010-07-02『「魂の感情」とともに「価値観」を問う(後)』
そこで書いた、“「他人依存信仰」の中では、自分の「命」を自分で終わらせることが、人の目に対するアピールのような価値を帯びてしまいます”といった心の状態に、まさに自分があったと。

で、 アドバイスのために読んで頂こうと思うようなことを、ようやっと今回の解説で入れたところですので、アドバイスなどこの場を借りてざっと書いてみましょう^^。
記事カテゴリーはとりあえず『ハイブリッド人生心理学とは』に入れておきましょう。


まず非公開ということでごく印象的な状況だけ記させて頂くと、寝込む中で大勢の人「とんでもない悪人」と非難される幻想にうなされ、「飛び降りて命を絶てば許され、受け入れてもらえるのでは」という思いが浮ぶ中、やがて目が覚めても非難の声が聞こえ、それは夢ではなく現実ではとさえ思うようになった先に、避難の声への恐怖追い立てられるように飛び降りてしまったと。
その時は、自分では動かそうとしていないのに片腕もの凄い力ベランダの柵つかんでそう動いてしまった一方、何かに守られるかのように、頭部無傷に済み、普通の生活を送れるまで回復するとともに、“命が助けてくれた”という熱い思いも感じておられるとのことでした。

アドバイスとしては、一言でいうならば、
そうして起きたことが心の治癒成長の通り道であったことを理解すると共に、これからは心の成長への王道を歩むがいい。
ということになると思います。


心の治癒成長の通り道

まず「心の治癒成長の通り道であったことを理解する」については、
心の悪化メカニズムからの抜け出し
説明した“自分の「人物印象」を「どう演じる」という衝動にまつわる「心の悪化」”起きたものになると思います。八方ふさがりで前にも後にも動けないものとなり、「罪悪感」心にはびこってくる、と。
しかしそこに同時に、次のパラグラフ
「病んだ心」の膨張と「自己崩壊」の治癒を知っておく
で書いた、“私たちはこの闘いにおいて「自意識の業」に敗れ、その時、「自意識の業」を超える「魂」と「命」が、姿を現す”ということが起きているわけです。

そこでこの方の場合、“この悪感情を理由にした一切の外面の行動も、行わない”としたものを、行ってしまったものではあります。まあこれはこうした心の治癒成長知ってないと、無理もない話です。
それでも他の行動行うことをとどまった点において、「意識のあがき」捨て心の死と再生多少起きていると思います。

ここでまず知っておいて頂きたいのは、これが、これからの人生においても避けられないものだということです。
さらに次のパラグラフ
「自意識の業」の克服とは
に書いたように、ただ怒り嘆きに溺れるのとも、「自分から望む」ことをやめるのとも異なる、「唯一無二の自らの望み」「ありのままの現実世界と自分」に向き合うことを選ぶならば、です。

まあ本当にまた自殺を企ててしまうほどの心神耗弱になることはもうないでしょう。今回得た心の強さの増大によって。それでも近いようなことは起きる。そして再び、「意識のあがき」を捨てる通り方をすることで、さらに強いものへと変化していくのです。

それを繰り返すことで、やがて苦しみ減り自分の心の中で何が起きているのか分かるようになってくるのと同時に、心の豊かさ見えてくる。そう心得ておくと良いでしょう。
どのように心の豊かさ見えてくるのかが、今回の解説『1.ハイブリッド人生心理学とは』、さらに『入門編下巻』がその全体詳しく描写しているものになります^^。


心の成長への王道

「心の成長への王道」とは、「現実の世界」「魂の世界」2面に向かうものです。
つまり外面において建設的な行動法の知恵とノウハウ学び実践し、
内面において感情をありのままに開放し、深く理解する。深い心理学の学びも得ながらです。
そして、心の健康と成長に向かう行動法の納得理解と、絵に描いた餅のようにその通りには動かない内面感情ギャップを、生きることです。

この2面どちらか一方だけに向かおうとしても、「現実の世界」における豊かさと、「魂の世界」における豊かさの、どちらか片方しか得られないのではなく、その片方すら得られなくなる、というのが島野の考えです。
「現実世界」を生きる強さが、「魂の世界」を支え、「魂の世界」が「現実の世界」にどう向かうべきかの、真の羅針盤となる。相互補う合う関係にあります。

その2面に向かう方法を、今回「2.「取り組み実践」への理解」詳しく説明している次第です。
まずは「「学び」の流れチャート図」に示すような、方法論に沿った取り組みお勧め致します。
まずは「日常生活と社会生活の向上」というテーマから。

取り組み一番入り口として分かりやすいのは、「「学び」とのギャップを生きる」の中で説明した以下あたりになると思いますので、その辺重点的に意識して頂ければ。
まずこれがいかにできるようになるか。これは多くの方共通するアドバイスになりますので明記する次第です^^。
おさらいをしながら、流れを見ていきましょう。
まずはごく日常生活上の問題から、「何のためには何をどうすればいい」という「目的思考」を、本当に納得できた確かなことを積み上げて考えていく思考として培っていくと良いでしょう。
・・(略)・・
日常生活でそのように着実な「目的思考」ができることはまた、対人行動と社会行動の基本的な「素材」になるものでもあります。
・・(略)・・
それがまずは人や社会への行動法基本になるものとして、そこからさらに、人との豊かな親愛関係や、社会における自分への自信、そして人生の充実と満足を得るという「目標」「望み」に、そしてそれを妨げる何かの「問題」といったものに、心の成長の本題テーマが出てきます。

そうしてまずは「日常生活と社会生活の向上」というテーマへの取り組み開始し、具体的場面での検討など出てきたら、必要に応じ読者広場の方で何でもご相談頂ければ^^。

スポンサーサイト



ハイブリッド人生心理学とは |   コメント(1)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用