ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

『「取り組み実践」への理解」(4)』から『(5)』を分割整理しました^^
基本的な妨げへの取り組み
以降『(5)』切り出しています。このタイトル一つのページとして大上段に取り上げ、じっくり整理しようと。
なお「心の成長への根本」の学び
の以下の部分をちょっと修正加筆し、
こうした「心の成長への根本」の部分こそ、自分自身ではどう考えるかを問い、自分としての考えを探求していくべきものです。どんな考え方があり、自分はどう感じており、そしてこれからどのようにそれに向き合っていくか、と。
「どう考えればいいのか」ではなく、あなた自身が、どう考えるかなのです。この心理学が示す「学び」に対して。
それをはっきり
させていくことで、もし納得理解があるのであれば、・・(略)・・
後半
「人生観」の学び
としてパラグラフ化するようタイトルを加えています。
「取り組み実践」への理解(5)

と言いつつ、ようは「2つ目の基本的な妨げ」克服についての説明を書くのにえらい苦労(*)をしており、恐らく今回のこの解説の中で最大の難関雰囲気。まそれだけ、今までこれが書けなかった「成長変化できない心」「成長変化できる心」変化する変わり目キモになるんですね。もちろん、関係するテーマについてはほぼ書けているんですが、恐らくその全てが関わる転換となり、それをどう短文心にも響くよう書けるか。
「人生観の学び」「愛と自尊心」「空想と現実」という3つ大きなテーマクロスし、「こうなれれば」という自意識の殻捨て去られる、最初の節目・・ということになるのだろうと。
ということで、島野自身その頃心の状態など思い出しながら、ちょっとさらにじっくり練っていますのでお待ち頂ければ。

(*)文章がなかなか浮ばない時間がてら、『島野日記ブログ』準備など結構始めている今日この頃。一応ブログもう用意しておりデザイン作業おおかた進んできている状況です。で『準備中』ロゴ左上に貼りつけた次第^^。実際記事書いてオープンするのはまだちょっと時間がかかるかと。ま意気込みとしては年内には・・とp(^^)q

写真先月中旬天候急転どしゃ降りよしず仕舞えなかった後、再び強い日差しとなり思わず感動するようなこんな光景になったという一枚縁側ひさし裏木目が、この古い木造であることを物語っているかと^^;



スポンサーサイト
お知らせ一般 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」(5)』を更新しました^^
「心を病む傾向」からの抜け出しの第一歩
パラグラフです。
「取り組み実践」への理解(5)

なお「人生観」の学びに以下一文加えています。
さらにハイブリッド心理学の言葉で言えば、「人生」を学校の道徳の授業の演習のように感じ捉える姿勢と、大自然を生きる一匹の動物として、この「社会」という名の大自然を生きることと感じ捉える姿勢の違いです。前者は、その「道徳の演習」従順であろうとするものも、反発を感じるものも含めてです。

「こんなくどい説明書きたくなかったーT_T;」とか「いややはりこれは入れておかないと実際のところ情報が足りない」とか結構悶々としながらも、一応話の筋道見えてきた感じで、続きさわりまでアップしてあります。

なお連休明けにまた北アルプスに出かける計画を立てており、出発前まで一段落するところまでは済ませておきたいと思っている次第p(*_*)q

お知らせ一般 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」(5)』を更新しました^^
10/10(水)まで不在のお知らせ:
先日触れた通り、また父と
北アルプスに出かけます。天候体力などが格別に良ければもう一日日程を増やす可能性もありますが、まずは水曜までの行程かと^^。

ということでちょっと急いで書いた感じですが、
心を病ませる4つの心理メカニズムからの抜け出し
「心を良くしようとするのをやめる」という第一歩

2つのパラグラフになります。
「取り組み実践」への理解(5)

「4つの心理メカニズム」それぞれ説明する感じで書き始めてもいたのですが、それぞれがパラグラフになっていくような長さになりかけ、こりゃまずい思い切って縮めています。ま詳しい治癒メカニズム説明別の場ということで^^。(今後インデックス整理します^^)。
文章があまりこなれておらず、誤字脱字もあるかも知れません。から戻ったらまた最終確認から続けます^^。

今日は午後これを楽天キャパンオープンテニス決勝錦織速報ネットで気にしながら書いていた次第。優勝と見たとき、思わずやったーとPCの前で両手を突き上げた島野でした\(^^)/


『読者広場』で以下コメント入れてあります^^。

『執着について』 パーニャさん No.498 2012/10/06
『「情熱」と「成功」』 しまの No.499 2012/10/06
『追記』 しまの No.501 2012/10/07


お知らせ一般 |   コメント(0)
北アルプスから帰ってきました^^
予定通り昨日北アルプスから無事帰ってきました^^。今回スナップ1枚だけアップということで。
行ってきたのは「黒部アルペンルート」を経由しての立山で、島野の後ろ岩峰「剣岳」です。



お知らせ一般 |   コメント(2)
『「取り組み実践」への理解」(4)』に加筆しました^^
「学びの一覧表」「4.悪感情の克服」の中に、「罪悪感」項目追加しました。

合わせて『読者広場』で以下コメント入れてあります^^。

『(No Subject)』 ゆうすけさん No.502 2012/10/07
『「罪悪感」へのアプローチ』 しまの No.505 2012/10/12

お知らせ一般 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」(5)』を更新しました^^
『読者広場』で以下追加コメント入れてあります^^。

『執着について』 パーニャさん No.498 2012/10/06
『追記2:感情と行動の分離』 しまの No.506 2012/10/12


前回アップ分かなりはしょった感じであり、さすがに話がつながっていない(^^;)ので説明追加です。
「取り組み実践」への理解(5)

まずは、
「心を病む傾向」からの抜け出しの第一歩
に若干加筆
「心を病む傾向」からの抜け出しの第一歩

・・(略)・・
それがまさに「気持ちの枠はめ」と「善悪と評価」の中で考える姿勢の焼き直しであることは、もうお分かりかと思います。

ではどうすればいいか。
一言でいえば、「気持ちの枠はめ」「心の枠はめ」ではない、「真の心の成長」を知ることです。それはまさに「こんな自分であれば」「こんな気持ちになれれば」という「気持ちの枠はめ」「心の枠はめ」という命綱を切って、心の健康と成長に向かい得る行動法によって、この「現実世界」に向かって行動していくことにあるのです。
それを知り、実際に身をもってそれを深く自覚し、それを選択することです。「真の心の成長」に、向かうことを。

その選択を問うための道のりが、すでにずっと前から始まっています。・・(略)・・
・・(略)・・



次に、
心を病ませる4つの心理メカニズムからの抜け出し
について、抜け出し心理メカニズム説明を簡潔に加えました。まこのパラグラフ前回アップ分前半で、今回後半追加という感じですね。前半部にも多少加筆調整をしています。
心を病ませる4つの心理メカニズムからの抜け出し

一方実際において、その最初の大きな変化の節目がどのような形のものになるのかは、感情面で実際どのように心を病んでいるかの度合いと状況によって、幾つかのものが考えられます。
それを把握しておくことは、自分をその
「真の心の成長」へと方向づけ、より早く向かうことに役立ちます。そのために、ここで心を病ませる根源となる4つの心理メカニズムを理解しておくことは無駄ではないでしょう。
・・(略)・・

・・(略)・・
そこで心を病んでしまうことの決定打は、「ありのままの自分では駄目だから」という、このストレスの始まりの感情が、自分自身で受け入れ難くなり、飲み込んで、もはや感じまいとする心の動きが働くことです。これは最初の「心の惑いと病み、その治癒克服と心の成長」で述べた通りです。その結果、人の思考は硬い「善悪」の思考へと流れていくという心のメカニズムがある、と。
心の奥底に置き去りにされた、根深い自己否定感情変形したものとしてです。それに向き合い直し、克服へと転じる歩みを阻まれた、心の病みの中で・・。

そんな状況において、この4つの心理メカニズムのどれもが、「それでは駄目だから」などと考えてすぐに変えられるようなものではありません。その全てを、今の自分の、ありのままのスタートラインと受け入れ、ありのままに向き合うことから、「真の心の成長」への歩みが始まり得るのです。
そこから、外面における行動法の「学び」と、ありのままの内面感情に向き合う、一貫した歩みによって、この4つの心理メカニズムのそれぞれが、対照となるものへの転換を模索し得るものとしてです。


それは一言でいえばこのようなものになるでしょう。
*以降、次まで加筆*
いずれにせよ、そのように外面の行動法についての「学び」を心の視野に入れ、ありのままの内面感情に向き合って生きる時間が、「命」の作用として、この人の心に成長への変化をもたらし始めるのです。

これでもまだ次の話話がつながっておらず「心の悪化メカニズムからの抜け出し」というパラグラフ挿入する予定です。
これが病んだ心から健康な心に転じる、天下分け目の転換点ということで今回の解説に入れるものになる感じです。

お知らせ一般 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」(5)』を更新しました^^
心の悪化メカニズムからの抜け出し
パラグラフです。
「取り組み実践」への理解(5)

・・が、これではまだ話が完結せず、もう一個パラグラフ追加します^^; 「「病んだ心」の膨張と「自己崩壊」を知っておく」ということで。
ま結局、病んだ心の治癒メカニズム説明しっかり入れる感じになる次第。これを知らないと、結局治癒に向かえないんですね。そのせいで島野抜け出すまでに結構な回り道をしてしまった部分なので・・。

お知らせ一般 |   コメント(0)
  次のページ>
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
月別全記事
QRコード
QRコード
管理者用

FC2Ad