ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

自分に価値があるのか分からない、と悩む人へ
新聞いじめ関連記事を見ていて浮んだ言葉など、今回の北アルプス行でも最もお気に入りの写真一つと一緒に、『写真と言葉』にて^^。
解説文の中でも使いたいなと感じますが、うまく収まるかはちょっと未定^^ゞ

場所「常念岳」山頂にて。夏山では山の麓に下がっているため、こうした雲海比較的よく見られます。これが夏山に行く目的一つでもある^^。今までの『写真と言葉』で使ったものとしても以下など・・
2010-08-21『「魂の成長」』
2010-09-24『人生を考える基準』
2010-10-30『成長の本質』
2010-11-09『「感情と行動の分離」の真髄・スピリチュアル』
2011-07-17『「嘆き」と「本心」』
2011-07-21『自分で心を良くしようとしてはいけません』
2011-09-20『「命の開放」とは「喪失を超えて望む力」の開放』
2011-12-30『「未知」への心の変化成長を決するもの』
思った以上にありましたね。ふーっ(←検索とリンク編集の作業一服^^;)




自分に価値があるのか分からない、と悩む人へ。

あなたに、どんな価値があるかではないのです。
あなたが、どんな価値に向かうか、どんな価値を生み出していくかなのです。


スポンサーサイト
写真と言葉 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」の更新&北アルプスパノラマ写真^^
前回北アルプス出かける前とりあえずアップしておいた部分を全面見直ししてあります。今回の教科書短文にしてはちょっと内容がくどいため^^;
ということで、前回の以下パラグラフ部分を下のように。

「目的思考」という最初のステップ ↓にパラグラフタイトルを変更
「自分に必要な前進」を感じ取れるまでの3ステップ
 削除
             
思考の素地 「目的思考」
意識の素地 「現実を見る目」
 中途です^^;

『意識の素地 「現実を見る目」』完成させてからアップしたいのもやまやまですが、まださらに練る必要がある一方、前回からかなり日が経っておりそろそろ読んで頂けるものを出したく。
この後「現実を見る目」とは何かの説明をして、「現実を生きる」というテーマで次のパラグラフという予定ですp(^^)q
「取り組み実践」への理解


あと先日北アルプス行でのパノラマ写真など作りましたので、週末前の一服がてらご覧頂ければ。
北アルプス常念岳より360度パノラマ写真 2012.7.26


以下でお見せしたのと同じ、全画面表示して頂くと下にコントロールボタンがありスクロール停止方向変更ができます^^
2012-05-01『北アルプス涸沢にて^^』
2011-09-10『応援ありがとうございます^o^)/』


なお上記で削除した未完成パラグラフは、いちおうログとしてここに貼っておきましょう^^。

「自分に必要な前進」を感じ取れるまでの3ステップ

「目的思考」を自分の思考の素地として培っていく中で、私たちが果たすべき3つの課題があります。
目的を欠いた、あるいは原因から結果までの合理性を欠いた「善悪」を振りかざすという「人間の業」に、別れを告げること。「自己方向づけが可能な目標」を持つこと。そして自分の「本当の問題」「本当の望み」は何なのかを感じ取ることです。
これが、「何を前進への動機として進むのか」で述べた、「今の自分にとって決定的な成長前進の一歩とは何なのかを知り、それに向かいたいという動機によってこそその前進の一歩を踏み出すことができる」という、心の変化が始まるステージ踏み立つための、3つのステップだと言うことができるでしょう。

目的を欠いた、あるいは原因から結果までの合理性を欠いた「善悪」を振りかざすこと。それが「人間の業」と呼べるものだと、この心理学では考えています。人間の不幸を生み出す根源として、内面にあるのが「自分から不幸になる」という「心の業」であれば、人と人との間で成される行動の形としてあるのが、この「人間の業」だと。
それは「勉強しなさい」というように、健全な善意の下に行われ得る「教育」や「躾」であったり、「とんでもない不幸になる相が出ています。救われるためにはこの・・」といった言葉巧みに相手を惑わし動揺させ、自分の利益を吸い取ろうとする「操縦」であったり、「おまえはこんな人間だ」と、ただ相手を叩き痛めつけることに快を求める「いじめ」であったりと、主に3つの形態を取ります。
これが、あらゆる不毛な人間のいさかい争い、そして病みの、大きな根源、土壌だと言えます。それら全てが、目的を欠いた、あるいは原因から結果までの合理性を欠いた「善悪」の観念を振りかざす、という形を取るのです。
それに別れを告げるのです。全ての善悪や評価の思考において、「何のためには」という「目的」を問い、「何がどうなってどのように」という「原因」から「結果」までの合理性を問いつめていくこととして。
何のために。私たち自身を病みから救うためにです。私たちの病みは、人が語る「善悪」を前に、「そうなのか・・」と鵜呑みにし、ならば自分はこうならねばならないのか・・という自分自身に向けるストレスの中で、基本的に生まれるからです。目的を、あるいは原因から結果までの合理性を欠いた「善悪」が、人間の病みを生み出すのです。それに別れを告げるのです。
人が言う、目的や合理性を欠いた「善悪」の言葉を鵜呑みにし振り回されることなく、人生を通して築いていく後戻りのない「自分の考え」として、取り上げるべきテーマがそこにどのようにあるのかから検討するのがいいでしょう。小学校で学ぶ科学知識からもつなげられるような、本当に確かな知識のつながりを問えるものとして。精神論もやめて。


お知らせ一般 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」のページを更新しました^^
意識の素地 「現実を見る目」  後半の 私たちが生きるこの「現実世界」を、・・ 以降
「現実を見る目」の学びと「内面の開放」
パラグラフです^^。

取り組み姿勢「素地」の話がこうあって、次にそうした「素地」の上で具体的取り組みテーマこれこれの目向けることで、「自分に必要な成長の一歩」感じ取るというのが見えてくる、という話の流れになる予定です。
まあ難しい話ですが、心の成長変化向くか向かないか決する部分ということで、話がつながる一通りの説明をせねばという部分ですね。
「取り組み実践」への理解


どーでもいい話ですが、ついに売り崩し生活費にあて始めた今日この頃^^; 運用はっきり言って失敗ですが(会社員時代から結局投資はほとんど負け^^;)、ただにそれで目を覚まされ、むしろそれで良かったのだと感じる面多々あり。これは開設予定日記ブログなどまた取り上げる機会があるかと。

そんなこともあり、ちょっとお尻に火がついた感があり、もっと早く満足できる情報提供コンテンツ整えねばと、執筆集中へのギヤ一段あげた感がありますp(^^;)q


先日土曜地元花火大会がありました^^。
(上空の花火と手前の風景の合成。でちょっと不自然^^;)




お知らせ一般 |   コメント(0)
これがなければ生きていけない、と絶望する人へ
解説ページおよびアドバイスを考えながら、結構気に言った言葉回しが浮んだため『写真と言葉』で^^。
先日の8/1『自分に価値があるのか分からない、と悩む人へ』と、タイトル写真はとりあえずシリーズっぽい感じで。ま内容も結局そうか^^。
写真は先日の北アルプスでのものです^^。



これがなければ生きていけない、と絶望する人へ。
その内容は人さまざまです。才能や美貌、財産、人に好かれる性格、豊富な人間関係、健康、エトセトラ、エトセトラ。

その根底に、これがあれば幸せになれるはずだと想像するものが、現実において不足していることに怒り破壊を向け、現実をさらに貧弱にしていくという、人間の心の業があります。

それは逆に、今生きていないから、そのように絶望するのです。

「これさえあれば」と空想するものを、自分がどのように身にまとうことができているかの自己満足に、自意識の密室の中で一喜一憂する姿が、そこにあります。
その代わりに、誰に対しても、どんな場面に対しても、自分の行動に自身が持てる、自分が今生きているという本当の充実感を感じることができる、そしてそれら全てを総合した、「人間としての自分への自信」を持てるようになるといったことを、自分が全て放棄していることに気づかないまま。

そのように人間としての中身が空洞であるほど、良くできた楽器のように、「これさえあれば」と感じるものを自分がどう身にまとえているかが、大きく響くのです。
今を生きることを積み重ね、人間として中身がつまってくるほど、それはもうあまり響かなくなります。

今を生きるとは、本当に望むものに向かい、そして本当に愛するもののために、全力を尽くすということです。


写真と言葉 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」のページを更新しました^^
「学び」と「開放」と「自己分析」
「自意識(空想)を生きる」から「現実(今)を生きる」へ
パラグラフです^^。

次のパラグラフの前に、上記2つ目あと少し文章加えるかも知れません。
成長変化起動に乗る部分たどり着くまでに、あと少し・・^^;
「取り組み実践」への理解

お知らせ一般 |   コメント(0)
『「取り組み実践」への理解」のページを更新しました^^
「今までの心の死」を経る
パラグラフです^^。前回パラグラフへの追加はありませんでした。
「取り組み実践」への理解

ようやっとこの解説ページ締めが見えてきた感じです^^。で次は「心の成長のスタートラインに立つ」というのにする予定。


先日14日近隣の町で行われた「尾島ねぷた祭」(群馬県太田市)に行ってきました^^。かつてここが弘前の飛び地であった縁(江戸時代?)から行われているもので、青森方面では「ねた」津軽方面では「ねと呼んでいるのに合わせ、こっちも「ねです。

こうしたお祭りの際はもちビールおつまみしこたま持参。でなくともビールが進む猛暑の日々で、ちょっと胃を休めたく感じている今日この頃島野です^^ゞ
・・と言いつつ今日午後手が空いたらトレーニング近くの山に登り、はまたビール一服になるかも・・^^ゞ




お知らせ一般 |   コメント(0)
「行動学」から考える領土問題^^
今日は珍しく時事ネタで一つ記事など^^。
「行動学」視点からになるますが、それ専用のカテゴリーまだなかったようで、とりあえず『人生を豊かにする思考法行動法と価値観』カテゴリーに入れておきます^^。


尖閣竹島領土問題騒がしい今日この頃ですが、島野が感じることなど書きますと、もっと平和裡、友好理に解決しようという論調出ないのかなあと。
「行動学」からは、ハイブリッド心理学が推奨する必読書とも言える
ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)
でも指摘された、
「内容について合意できない場合は、手続きについての合意を取りつけよ」というのがまず有効かと思います。

どっちの領土かを、この手続きで決しましょう、と。その手続きによる判断を、潔く受け入れましょう、と。
その点、「国際司法裁判所」による裁定というのは一つの良い方法だと考えます。それが用いる「判断基準」詳しく明らかにし、それについての合理の上で、手続きについての合意を取りつける。
「もしその結果がそう出るのであれば、そちらの領土であることを認めます」という姿勢も示すことが、その合理を取りつけるために良いことだと考えます。

より大局的には、重要なのはどちらの領土かではなく、人間全体の幸福です。それに比べれば、どこがどの国の領土かなど、実にちっぽけなことです。奇麗事ではなく心底からそう感じます。国家間の対立は、それを妨げるものでしかない、と。

先日、報道ステーションでの「人間魚雷」についての特集を見て、思わずがこみあげました。それに誰よりもいち早く志願し、「聖戦」を謳い、「ばんざい」を三唱し散っていった若い兵士が、出身校に宛てて出した手紙が後に人の目に触れることになった。「生徒達には、それぞれに適した道に進ませて下さい。予科練に行くのは無意味です。死ぬのは自分たちだけで十分です」と。
これには思わず、最近TV感動の涙場面などでも大抵微笑ましく見るだけ薄情な島野(^^;)としても、思わず込み上げた次第。
そうした悲劇繰り返さないことが、最大「目的」だという優先順位であることを、踏まえたいものだと考えます。

で、ならばもうちょっと別の論調や外交法があっても・・と感じる今日この頃ですが(たとえば韓国に対しては慰安婦問題へのより人道的配慮や、中国に対してはやはり国際司法裁判所による裁定提案するなど)、私としては今自分にできる精一杯のことということで、そうした問題社会に任せ、自分の命と引き換えに書くべきことへとまい進する所存ですp(^^)q

ということで、写真昨日近所山登りトレーニングでのもの^^。




(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 |   コメント(2)
  次のページ>
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (388)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (1)
月別全記事
QRコード
QRコード
管理者用

FC2Ad