ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

特説・「心が良くなる」とは-22・「望み思考」が「人生を生きる思考」1
タイトルに入れていた「その答えxx」取り外しました。今までの記事も含め。
まあ当初
「教科書的短文」念頭に、せいぜい「その答え5」まで程度にまとめ、次に「罠と轍」という感じでまとめる話の流れを考えていたのですが、結局それどころではない沢山の記事になっている状況^^;
言葉がまとまっていくというのはこんなものですね。「変化」というのは「時間」をかけて前進していくという、『真髄を決定づけるもの』で言った話の、これも一つの例です^^。
こうして
視点ポイントをまず洗い上げる作業が通り道になるものであり、正真正銘教科書的短文は今後サイトの充実の方で掲載していこうかとp(^^)q


「望み思考」が「人生を生きる思考」

さて前記事では、「望みの変化」真髄「命の生涯」における「望みの成熟」だというから始め、「望む気持ち」「望みの感情」感じ取るというをしましたが、そのように「自分の望みを感じ取る」「自分の望みを自覚する」というのが、このあと望み成熟していくことにも増してそれ自体において極めて大きな位置づけになりそうです。
これをちょっと説明しておこうかと。

それは一言で、「望み思考」「人生を生きる思考」になる、というようなこととして。

対照として、「人生を見失う思考」があるものとして。これは「善悪思考」です。『積み重なり3』で、「目的意識」「目的思考」対照になるものとして指摘しているものですね。


「望み思考」

まず「望み思考」について再度確認しておきましょう。

一言で、まず「論理的思考」「目的」セットにして生まれるものです。「自分の目的」セットにです。

外界現実うまく生きるための思考としてはです。ひいては、人生うまく生きるための思考としてはです。
冬の屋外寒い思いしないためには、どんな服装をすればいいか。心頭滅却すればいいという絶対精神力追求思想ではなく、ごく現実科学的視野に立つならば、これくらいの寒さに耐えるためにはこれくらいの厚みの服を着るといいという論理的思考ができます。「防寒機能」についての科学的思考もできるでしょう。

学校で出された試験に答える時にも論理的思考もちろん使うでしょうが、「目的」もへったくれもありません。問題出されたのなら、答えなければならない。それが学校
1たす1は2になるのは、何かの目的の下にではありませんね。これは「論理的思考」ではなく、ただの「論理的知識」です。学校では、とにかく論理的知識追求しています。

学校でそれを学ぶ目的は・・と考えた時に、いい成績を取るため・・ではその目的は・・いい大学に入り、いい就職ができるために・・と「自分の目的」追う思考ができれば、それは「人生を生きるための論理的思考」になってきます。これこれの大学に入るためには、これこれの偏差値程度成績が必要・・といった「外界現実」知識とも組み合わせた思考の積み上げになってくるわけです。

ではそれが本当に自分の望みか、と考えると、それが「望み思考」になります。

もしそれが本当に自分の望みであり可能性もあるならば、まずはそれに向かって突っ走るしかない。
それが自分の望みであったとしても、自分の今の実力では極めて難しい・・となれば、まずはその「望み」見直す必要が出てくるでしょう。もっとハードル低くするか。
それが自分の本当の望みではないとしたら・・いい大学に入っていい就職ができることが、自分の人生での本当の望みではないのであれば、そもそも学校に通うこと自体を、見直す可能性が出てきます。

いずれにせよこうして、「目的」セットにして、まず「生きるための論理思考」成立し、にその「目的」というものが、どれだけ自分の「望み」であるのか自分自身問い、確認する。

そうして「自分の望み」自分把握していることにおいて、「目的」セットにした論理的思考をしていく。
こうした思考姿勢が、「望み思考」とここで呼ぶものです。


自分自身の船主になる

まずはぜひ、そのような「望み思考」を、普段の日常の中でしているかできているか確認頂ければ^^。
「目的」しっかり意識した「外界現実への向かい方」論理的思考を、その下展開させるものとしてです。

そのように「目的意識」「目的思考」があり「望み思考」揃って、私たちの臓器機能十全状態になります。それが揃わない、多臓器不全状態ではなく。

それは人生という大海原を進む、自分という船主になることです。
それによって、「自分」舵取り、ひいては「人生」舵取りとして、「思考」機能するようになるからです。

自分向かいたい大地と、その前に広がる大海原海図があり、自分が乗る装備とその使い方があり、それを「外界現実への向かい方」として使うことで、より揺らぎなく進むことができると同時に、ふと悪感情に見舞われた時も、自分原因を知り対処を取ることも可能になります。それは進む方角を間違えていたのかも知れないし、あるいは荒れた海域に入ってしまったのかも知れない。そこからどのように抜け出せばいいのかも、海図装備経験積み重ねによって次第に良く分かるようになってきます。

にそうした「目的意識」「目的思考」「望み思考」しない思考姿勢とは、海図も持たず船主でもあれない舟に乗っているかのようです。
自分意志で決めた進路向かっているのではなく、いつのまにか進んでいる方向に進んでいるだけ。悪感情になった時、自分でもその理由が分からず論理もへったくれもないおまじないのようなものに頼ろうとし始め、やがて占い師にマインドコントロールされてしまうような姿へ^^;

あるいは「善悪思考」による生き方があります。それは他人の海図のままに舟を走らせるというです。自分悪感情になっていくとしても、その海図の通りにうまく進めていないからだとしか思考できないのです。

自分その状態にあることに気づいた時、「これでは駄目だ」と、何か「あるべき姿」を基準に自分に駄目出しをするだけでは、実は同じ「善悪思考」の繰り返しです。「評価」「品評」だけに終わる思考も、これと同じものです。

それを「望み思考」変えるとは、他人の期待に沿うこと、他人の目に高く評価されることが、自分「望み」であることを、自分に問い確認することからです。
世間の目を気にする自分変えたければ、まず世間に良く見られることがどのように自分の望みなのかに、向き合うことです。「気にしなければ」なんていう誤魔化しだらけの思考繰り返すのではなく。

そしてはっきりとそれを目的地にした海図探してみるのです。そうしてただ他人の目に写る自分の姿意識するその気に仕方で、実際自分がそのように向上できるのか。そこには、「心底からは向かえない」「自分に嘘をつく自分が嫌になる」といった暗礁、もしくは海の断崖が示されているでしょう。それをしっかりと見据えるのです。


思考を超えて「命」が「望み」を変化させていく

そうして自分という船主になった時、海図を手に向かう海路は、時にかなりの困難、場合によっては見まごうことなき自分の限界などの超えられない壁を、前にするかも知れません。

その時「じゃこの望みはやめ♪こっちで♪」などと気安く「変更」できるものは、本当の「望み」ではありません。それができるのは、始めからポーズでしかない望みです。
本当の望みといのは、そう簡単に変えられるものではありません。

ですからもしそれがはっきりとこの「現実」において叶えられない自覚した時、「心が死ぬ」ということが場合により起きるのです。
それでいいのです。その時、私たち自身「思考」越えて、「命」が、私たちの「望み」を、根底から変化させていく、ということが起き始めるからです。
「心」一度死に、新たに「再生」される、という表現がまさに当てはまる様子で。

これを身を持って知った時、私たちの進む先様子が、はっきりと劇的変化してきます。そこには、今まで見えなかったもの見えるようになっているのです。
それは今まで見たものとしての「外界現実」ともまた別のものです。それは自分「心」根底生きるものである一方で、「自分」ではない。それは今まで見えなかった、「命」というものです。

すると今度は、「外界現実」「命」セットが、自分の向かう先にある新たな「外界現実」になってきます。
そうして目に見えるさまざまなものと、目に見えないものも次第に加わっていく「外界現実」へと、自分向かう存在になっていくのです。それを進むごとに、「自分は・・」という薄っぺらい「自意識」薄れていく形で。


「望み思考」の洗練と完成へ

このように、「心が良くなる」とは「外界現実への向かい方」が良くなることの積み重なりだ、というこの心理学考えにおいて、「目的意識」「目的思考」から「望み思考」までが、私たち自身意識実践として行うこと成立という位置づけになります。
それはまず、「外界現実への向かい方」「習得向上と自信」という基礎部分のための、実践実質そのものであることはお分かりかと思います。

その先にある真髄部分というのは、結局はこの意識姿勢によって生きる先に、この意識姿勢より洗練させ完成させていくことをめぐって「自ずと面することになる」とでも言えるようなことがらになる、という位置づけなんですね。

「望み思考」までの思考法実践できるようになる、というそれだけで大きな位置づけになることが、何となくお分かりになるのではないかと^^。


「望み思考」実践するために知っておくと良いことを、あと少し加えてから、真髄部分説明を引き続き続けたいと思います。

スポンサーサイト



特説・「心が良くなる」とは |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用