ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

成長の道標への歩み方-9・立ち位置を知る2
「立ち位置を知る」の整理し直し^^;

「立ち位置を知る」ということについて、ちょっと整理し直しました。
取り組み方法論概説という、恐らく読んでて退屈(^^;)な部分ですけどね。


「進み方流れチャート」のように、まず目の前の生活問題や人生課題について、「学び」を得る。
次に「検討吟味」で、自分にどう役立てられそうか検討するのを受けて、さらなる前進のための今の心の成長課題把握する。それが「立ち位置を知る」ということになります。

先の「立ち位置を知る1」では、
・「立ち位置」を知る意義
・3つの大きな通過課題
・「分かれば変われる」という成長幻想

3つについて話しますと書きましたが、ちょっと整理し直しましょう。


「立ち位置を知る意義」についてはその通りです。それに取り組まなければ先を考えたところで無駄だという、通過課題認識する。

「望み」「否定価値の放棄」経ないと、あまり、というか不十分にしか検討できないです。「否定価値」見えたら、それがある限り「望み」まだ問えないものと心得、自分「否定価値」把握分析価値観の検討に取り組む。

「本心」「心の自立」が、そのための基盤です。「本心」持たないまま「つもり」に終始していた自分の姿勢を自覚した時、本当の自分の姿勢実はまるで逆のものであることを、ありありと自覚することがむしろ大きな意義ある通過点であるのを、心得ておくのが良いでしょう。


「3つの大きな通過課題」ではなく、そのまま「4つの通過課題」という認識で良いでしょう。あまり大差ない^^;

最後のゴール課題も、「自ずと導かれる」というのは、もはや「考え方」実践ではなく導かれた心の変化足場にした「気づき」実践だということです。
その点で、「思考法行動法の習得」ではもはやないものの、これもいちおう実践として扱えます。
ですから、「4つの通過課題」憶えておいて良いと思います。

「前期」での「感情を鵜呑みにしない思考」「本心と心の自立」
「中期」での「否定価値の放棄」
「後期」での「永遠の命の感性」


「分かれば変われるという成長幻想」は、「知の万能幻想」として「本心」妨げるものの話です。これは心の開放への道標のところで説明します。


「成長段階」と「実践段階」

そのように、3つの期間段階にまたがる4つの通過課題目安に、「立ち位置を知る」という話になります。

ここで加えて理解しておいて頂くと良いのは、「成長段階」「実践段階」考え方です。
これが多少別のものになるケースがあります。


「成長段階」は、「詳細マップ」左側「感情の泉の推移」として描いた流れにおける立ち位置です。
これは「基調感情」によって示されるものです。

一方、「実践段階」詳細マップハンドルさばきでの、一貫した右ハンドル学びに対してどんな左ハンドルが対応するかの立ち位置です。


「実践段階」は成長段階に関わりなく最初のものから問われる

「4つの通過課題」「実践段階」としての話です。
これは取り組みスタートにおける成長段階関わりなく最初のものから通過段階として問われる、と理解頂くのがよろしいかと思います。

つまり、取り組みスタート時点で、心の成長段階としてはすでに結構先に行っている方も、自分で変化するためには実践段階最初のものから問われてくる、ということです。


比較的先の成長段階からのケース

これはメール相談ケースで言うと、メール相談短期間大きな変化を遂げたものの、その後あまり変化が乏しいというケースが該当します。
まあ大きく動揺する状態脱したので、そもそも取り組みの必要性自体薄れた面もあるかも知れません。しかし時にどしゃ降りになったり、どうもぱっとしない曇りの状態になったりする。それに対してどう取り組めば良いか分からない。
本当にゴールしていると、それも皆無に近い安定状態になります。

これは実はメール相談ケースに関わらず、比較的心が健康一般の方が、恐らくそうなんですね。島野のメール相談によってにせよ、恵まれた来歴によってにせよ、運ばれる形今の成長段階へと至ってはいるわけです。
しかし自分から自分を変えるというのは、まだうまくできない

これがひとえに、「自分では論理的に思考しない」という状態であるわけです。人の話論理的に聞くが、というやつ。
まだ自分論理的に思考できないどうすれば自分の心がどう変わる、どう良くなるかというテーマに関してです。


ですから、結局誰でもスタート時心の成長段階に関わりなく、実践としては「前期」過程からと考えるのが正解になります。「立ち位置を知る1」「「立ち位置」を知る意義」で述べた通り。

その場合、取り組みにまつわる感情動揺度合いは、それほど困難なものではない。問題はひとえに、長く身につけた思考習慣打破になるでしょう。


心の病みと未熟からのケース

一方、心の成長段階として未熟病み程度強い場合は、取り組む感情動揺の困難度高くなってくるとは言えるでしょう。
思考を変えることに、激しい感情的抵抗が伴ってくる。場合によっては、思考を変えることは、心の基盤崩壊通るような話にもなるかも知れません。


また、未熟病み程度に応じて、厄介な問題となる度合い強くなる課題ポイントというのも出てきます。「空想と現実の区別」「心の自立」などがその際たるものです。

でもまあ、比較的心がすでに成長した段階から取り組む場合も、なかなか自分を変えられない原因というのは、感情の歪みの度合いはさておいても、思考基本的に科学的論理的でない、あるいは「正しければ報われるべき」といった「依存」由来思考法に傾いていることに、まずあります。こういったことをじっくり学ぶことが必要になります。

ですから、スタート時点の成長段階に応じて、取り組む感情困難度違うとは言っても、思考における課題ポイント同じく一通りのものを検討するのが正解と思われます。


ということで、「詳細マップ」にもここで述べた「成長段階」「実践段階」位置づけを示す言葉を追加しておきました。
「立ち位置」考え方については、大体こんなところでいいかな・・と。

では自分から変わるために、思考どのように変えることを検討するか。たくさんの検討ポイントを、最初の根源から見ていきましょう。

スポンサーサイト



成長の道標への歩み方 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用