ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

成長の道標への歩み方-8・立ち位置を知る1
遅くなりましたが読者広場で以下ご質問投稿コメント入れてありますので^^。
『ちょうど』 B子さん No.316 2011/07/01
『「変れそうで戻ってしまう人」』 Ryotaさん No.353 2011/09/10
『「怒りの放棄」について』 hideさん No.389 2011/11/04
『「感情と行動の分離」に関して』 whiteさん No.392 2011/11/15



前進のための立ち位置を知る

では「学び」に続いての「検討吟味」後段「さらなる前進のための今の自分の成長課題を知る」についてポイントを書いていきましょう。

ここでは大きく3つのことがらについて説明したいと思います。
・「立ち位置」を知る意義
・3つの大きな通過課題
・「分かれば変われる」という成長幻想



「立ち位置」を知る意義

「立ち位置」とは、心の成長への道のりにおいて、自分どの位置にいるかということです。
「詳細マップ」図示したような道のりにおいてです。
「前期」「中期」「後期」段階づけされるような道のりにおいてです。

まあハイブリッド心理学学び始めているということは、まず言って「前期」段階だと考えるのが、間違いのない安全な話なんですけどね^^。


いずれにせよそうした「立ち位置」知るとは、それに取り組まなければ先を考えたところで無駄だという、通過課題認識するということです。

もしそうした通過課題あるのであれば、それを放置した姿勢(その話はいいと置いといて^^;)「どう考えれば」先の道標、たとえば「否定価値の放棄」「無条件の愛」「豊かな無の境地」なんてものを考えようとしたところで、そして「分かろう」としたところで、しょせん本心でもない上辺だけの「つもり」の思考を空回りさせるだけという、そうした段階的な前提条件となる、成長課題があります。

まこの表現が示す通り、「本心」にしたものとして。


3つの大きな通過課題

「詳細マップ」では、そうした段階的成長課題を、大きく4つ示しています。
「前期」での「感情を鵜呑みにしない思考」「本心と心の自立」
「中期」での「否定価値の放棄」
「後期」での「永遠の命の感性」


ここで「通過課題」になるのは前期2つ中期1つです。
つごう、3つの大きな通過課題がある、という形になります。

後期「永遠の命の感性」通過課題ではなくゴール課題です。なお「原罪と根源的自己否定感情の克服」は、そうした心の闇の存在に応じた通過課題でありオプション(^^;)であると同時に、意識の領域越えたもの、つまり意識努力で達成するのではなく歩み自然と導くものです。

そんな話として、中期達成課題「否定価値の放棄」が、ハイブリッド心理学「実践」という、意識努力による取り組みひとまずの習得達成目標に位置づけられる次第です。

この詳細マップはその後も細かく修正中で、本日また最新にしています。


通過課題の意義

3つ通過課題意義は、手短に言うとこういうことです。

「否定価値の放棄」成さないと、「魂の望みの感情」あるいは「能動的な望みの感情」開放されません
なぜなら、望んでも達成できない自分への自己処罰感情というものが控え、自分自身によって脅かされているからです。おいそれと望むわけにはいかないのです。
「否定価値の放棄」によって、これが大きくとっぱらわれます。そして望み開放されます。
歩みはこの前後一変して様変わりします。マイナスの克服悶絶格闘(^^;)から、プラスの開花の歩みへと。
これは心の病みと闇の程度に関わりない、ハイブリッド心理学習得達成目標です。

当然ながら、「本心」持たないままでは、そうした価値観大きな転換など考えようもありません。上辺だけの「つもり」思考空回りのまま。
「本心」で考えることと、「心の自立」は、共にあります。自分のエンジンで走っている振りをして、実はそうではないのが「心の依存」であり、「本心」を欠いた思考にまみれます。本当に自分のエンジンで走る時、「本心」世界をどう見てどう走るのか自身の思考真剣味が出てきます。

「感情を鵜呑みにした思考」のままでは、とにかく変化しようもありません。思考は常に今の心を良しとするものになるからです。「本心」持とうにも「心の自立」向かおうにもです。
ですから、感情を鵜呑みにしない、自分に対する論理的思考というのが、最初の通過課題です。これができていないと、あらゆる検討が無駄です。


後退が前進になる歩み・・

取り組み実践上は、「本心」「心の自立」そして「論理的思考」どのように通過課題であるか関わりなく一貫として変わることのない右ハンドルつまり建設的な思考法行動法学びから始めます。
これはまずは「中期」段階として取り組むということです。

そこで前期課題判明したらその時点で、建設的な思考法行動法どう「分かるか」よりも、そもそも「本心」をどう持てるか、さらにそもそも論理的思考がどうできるか取り組みます。
そこで、本心破壊に価値を置いている感情を、自分自身に白状するような過程がしばしば通り道になります。そこで「思考」としては建設方向問うという「感情と行動の分離」が、本当の意味を持ち始めるのです。

これは11/2『歩み方-18・取り組み意識とその轍』でも述べています。
また、『理論編下巻』「まえがき」でも、こんな文章で書いています。ご参考まで引用しておきましょう。
そうした「未来を見据え現在に取り組む」という進み方とは、実際の意識姿勢においては、遠く先に見据えるものとはむしろ逆の方向へと向かっていき、その結果その変化へと近づくというような、極めてパラドックス的なものになると、私は考えています。

 これは、人間の心が病むということ自体がパラドックスの中で起きることに対応して、そこからの治癒と成長へ向かう意識も、パラドックスの中で歩むものになるのでしょう。

「通過課題」がこのようにある中、「本当に分かれば変われるはず」という「成長幻想」とも呼ぶべべきものが、前期課題大きく妨げるものとして、私の考察の中でクローズアップされてきています。
それを次に。

スポンサーサイト



成長の道標への歩み方 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (420)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用