ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「ハイブリッドの道」の歩み方-19・3つの「開放」
「3つの開放」の位置づけ概要

では「心」「魂」「命」それぞれの「開放」への道程の、主なポイントを見ていきましょう。

まずこの「3つの開放」位置づけ概要です。


もちろん、その順番になります。
まず「心の開放」
そして開放された「心」によって、「魂の開放」成すのです。
そうして、開放された「魂」導かれて、「命の開放」へと向かうのです。

この順番となる位置づけ関係など、まずざっと書いてみましょう。


「前期」と「心の開放」の位置づけ

「心の開放」は、自分の心自分自身のものとして、その本来の機能可能性において、自分で自由に使えるようになることです。
「本心」獲得という形で。

こうして「前期」メインテーマは、「本心」になります。

その獲得達成は、「黙示書」「前進変化の原型」で言うならば、「依存に閉じ込められた愛と嘘と怒りと恐怖」の檻抜け出すことを意味します。
「心の自立」一歩としてです。

「意識」あり方としては、「個における自意識のない能動意識」フル活用できるようになります。
(参照:10/18『歩み方ガイドへの黙示書-7・原型3』


なお心の障害としての各種の「症状」は、これでほぼ全て消えるものと考えています。一般の心理医療の場で「完治」と呼ばれる状態以上にです。
「症状」本心を失い、心をがんじがらめに歪めたストレス表面化と考えられます。
ここから、「症状」問題というより、全てが生き方の選択問題として取り組むものになります。


「中期」の位置づけ

「心の開放」だけではまだ、「愛」という「命の望み」には近づけない段階であることを意味します。「愛」に近づこうとしても、それは再び「檻」のように見えてしまうのです。

これを解くためには、「愛」「嘘」「怒り」「恐怖」結びつけた根源である、「自意識の業」を解く必要があります。


そのために、私たちは「愛」から一度離れ「自尊心」に向う必要があります。「愛されることに依存しない自尊心」へとです。
「愛されることに依存した自尊心」というのは、そもそも自分から自分を尊敬できるという「自尊心」では本来ありませんし、の中にとどまるというものです。

「愛されることに依存しない自尊心」によって得る「強さ」が、ます「恐怖」を、そして「怒り」を、減少させ始めます。目に見えてです。
これは「愛」を、「嘘」結びつく必要のないものへと徐々に変化させ始めます。目に見えないまま。
これら全体が、怒り恐怖結びつけさせた、「自意識」という業を、弱めさせていくものになります。

この過程である「中期」メインテーマは、こうして「自尊心」になるのです。


次第に心の自由度増してきます。「望む」ことにおいて。つまり、「愛」近づくことにおいてです。

やがてそれを阻んでいた最大の壁破られる時が訪れます。
「今を原点として向上へと歩む」ことと、「絶対なるものから否定する」こととが天秤にかけられ、前者後者凌駕すると同時に、自らが人生で犯していた最大の誤り自覚し、それを放棄するのです。
自分が神になろうとした誤りを。

これが「否定価値の放棄」「不完全性の受容」と呼んでいる、ハイブリッド心理学取り組み実践習得達成目標とも位置づけられているものになります。


「魂の開放」と「後期」の位置づけ

こうして「本心」による生き方思考選択によって成された「否定価値の放棄」によって、「魂の開放」が成されます。

これによって「望み」取り去られ「望み」開放されます。
「命」がその伝令とする「魂」「愛への望み」がです。


「魂」「愛への望み」が私たちを導くのは、「依存に閉じ込められた愛と嘘と怒りと恐怖」の檻の、さらに底にあるものです。
この感情の、「愛における自意識の薄れた能動意識」という特性によってです。

「愛」近づくと、再びこのが見えます。しかしそれだけではなく、そのさらに底にあるものが見えてくるのです。
それは「原罪」と呼ぶ、「自意識の罪」の感情です。そして「自意識の罪」を生み出した、全ての病みの根源である、「根源的自己否定感情」この心理学で呼ぶものです。

これは私たちの「意識」そのものの限界領域を意味します。その先に、私たちは「意識」向うことはできません。

では何によって向うのか。「存在」そのものによってです。
「実践」としては今まで同じです。内面ただ流し外面建設的行動法で。

こうして、「魂の開放」から始まる「後期」メインテーマは、「愛」になります。


「命の開放」の位置づけ

そうして「魂」導かれ「依存に閉じ込められた愛と嘘と怒りと恐怖」の檻越え「原罪」「根源的自己否定感情」という「意識」限界領域到達した時、「魂」はその役目を果たし終えたかのように、力を失います。

そこで最後に、再び「心」が、この「魂」救うかどうかの選択に立つのです。その選択を成した時、「砂嵐」と呼ぶ、「意識」の限界領域を越えた状態が訪れ、やがてそれは嵐が去るように消え去り、そこに新しい、今までで最もまっさらな「心」リロードされます。
(参照:10/29『「悟り」と「未知」-5・「知」を越えて』
ここに、「命」開放されたのです。

それは「自意識の業」完全に抜けた心の状態です。「心」「命」一緒のものになり、「揺らぎない自尊心に支えられ、愛によって満たされ、もはや怖れるものの何もない心」というゴールの心の境地が訪れます。
意識構造としては、「愛における自意識のない能動意識」「豊かな無」に満たされるのです。
そして「無条件の愛」という、人生で最も豊かな感情が現れてきます。

「取り組み後期」がこれで終了です。まずはざっと10年から20年くらいかけてと心得たい、長い歩みです。
あとは、「取り組み以後」穏やかで充実した人生日々になるという構図^^。


以上がハイブリッド心理学取り組みの道の全体を、その流れ意味全てを網羅して今までで最も短い文章で書いたものになりますね^^。

ではそれぞれ「開放」ごとに、ポイントを見ていきましょう。

スポンサーサイト



「ハイブリッドの道」の歩み方 |   コメント(1)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用