ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

歩み方ガイドへの黙示書-2
16:40追記:明日からの北アルプス行はなし^^;
山の宿がちょー混んでおり
取りやめに決定。3連休も含めおとなしく執筆でも(^^;)続けようかと。う~ん残念@_@


では「3×3の成長原理」「3×3の成長変化への原理」を改め。短い方が良いかと^^)続きを。

先の記事で書いたように、第1項心の成長という「課題の根源」です。

第1の根源「成長の根源」であり、「命の生涯」です。
第2の根源「妨げの根源」であり、「自意識の業」です。
第3の根源「歩みの根源」であり、「人間性の核」です。

私たちの心の成長という課題は、そうした3つ根源としてあるということです。


第2項・3つの原動力

次に、心の成長を成させる原動力(これも先の記事で「ベクトル」という言葉を出したのを改め)とは、結局これなのだという、突き詰まるところの原動力3つある。

これが第2項「3つの原動力」です。

「跳躍力」「着地力」、そして「喪失」。この3つになります。


「望み」に向う跳躍と着地

「望みに向かい現実へ向う」心の成長基本です。
これをジャンプ「跳躍」「着地」になぞらえることができます。

「望み」は基本的に、「自意識」の空想によって描かれます。これが「跳躍」局面です。
それは「現実」からかけ離れた、「身のほど知らず」な思い上がりとして描かれる危うさをはらむ一方、それがまさに人間の、そしてそれぞれの個人飛躍的な「向上」を生み出す可能性も、そこにこそあります。

そうして架空の世界へと跳躍した「望み」を、今度はいかに「現実」の形として実現化できるかが問われることになります。これが「着地」局面です。

「現実」への着地を欠いた「望み」は、個人「向上」とはに、フラストレーションと苦悶の奈落へと追いやるだけの役割を果たすかのようになるかもしれません。
逆に、着地を楽にすることばかりに心をとらわれ、跳躍を怖れるようになった個人は、前進を見失い、自分が人生の中で停止したまま、時間が過ぎていることをやがて感じるかも知れません。

こうして、私たちの心の成長歩みは、まずは決定的2つの心の能力元手になることになります。
「跳躍力」「着地力」と呼べるでしょう。


第1の原動力・「跳躍力」

第1の原動力「跳躍力」とは、「望む力」です。

「望み」は、まずは「感情」ガソリン原動力になり、自分は何を望むか、望めるか描くにあたって「思考」ハンドルさばきが重要になります。
外面における思考法行動法という右ハンドルうまさに、それはかなり依存しますし、自分が本当に望むのは何かに向き合う、内面向け左ハンドルも重要です。


片方だけのハンドルで描こうとする「望み」は、人生の前進力を見失います。

自分が本当に望むのは何か向き合わないまま、外面の成功ばかりを追っていると、時間に追い立てられる日常の繰り返しの中で、やがて真の豊かさとは何か分からなくなる自分へ。
外面の行動法に自信を持てないまま、その穴埋めのように内面の心の豊かさを求める姿勢心の取り組みを学ぼうとしても、心の成長と豊かさ全く分からないままになりがちです。

「穴埋め腹いせの望み」という、誤った羅針盤を、「真の望み」の羅針盤へと入れ替えることが、私たちの人生の歩みの、前進力に関する最大の課題になります。
「人の目と善悪」という、誤った羅針盤から入れ替えることと合わせてです。


私たちの人間真の望みになり得るのは何かについて、明確に言うことができます。先の記事でも触れたように、「思想」としてです。心の探求の結果、ただそうあると感じられるものです。
それは「愛」「誉れ」、そして「平安」の3つです。
自分はこれをどう描き、望んでいるのかという確認の仕方が役に立つものになるでしょう。

これらは「羅針盤」の説明のところでまた説明していきます。


第2の原動力・「着地力」

「望み」描く段階から、私たちに「現実を見る目」というものがとても重要になります。
描いた「望み」を携え、「現実」向う段階で、いよいよさらに、「現実に向う力」重要な役割を果たします。

これが第2の原動力「着地力」です。


「現実」を歪んだ形で認識していると、「望み」もあらぬ方向へと描かれがちです。
また、世界と社会自分の目で見る姿勢を失い、人に頼る姿勢でいると、そもそも自分の「望み」というものが描きようもなくなってしまいがちです。

いずれせよ「望み」描いた先に、その実現へと向って「現実」に向っていく段で、まさに「現実を見る目」「現実に対処する能力」が重要になってきます。


「現実を見る目」が、「現実に対処する能力」大きな一部分でもあります。「現実」正しく見れば、そこには必ず、「一つの正しい答え」が見えてくるからです。

そうした「正しい答え」として、私たちが習得していく必要がある、重要なテ-マは、「健康な感情を前提にした対人行動法の原理原則」といったものがあります。

この習得歩みの全体の話になります。歩むごとに、私たち自身が「健康な感情」持つことができるようになるからです。
それを先取りした「思考」重要になります。病んで未熟な人間感情目線固定したまま、「だって人はこうだから」という思考でいるのは、自分から未熟と病みにとどまることに熱心な姿です。


このような「現実に向う力」は、歩み方ガイドの表現で言うならば、外面向け思考右ハンドル、そして「空想と現実」しっかり見分け、現実の大地にしっかり足をつける車輪、そして社会他人どう見るかの外界視野となるフロントガラス重要な役割を持ちます。
そうした装備のイメージで、自分の歩み点検していくのが良いでしょう。


ここでいったんアップしましょう。

第2項「3つの原動力」3番目「喪失」についてなるべく今日中に引き続き書こうかと。明日からまた北アルプス行予定でもあり^^。

スポンサーサイト



歩み方ガイドへの黙示書 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用