ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

詳説・感情を鵜呑みにしない思考-27:「命」と「無」への道筋を知る-1
さて解説の続きなど^^。

ちょっと間があいたのは、単に時間がなかったからではなく、例により(?)頭の中でかなり話と言葉の整理をしていたからです。えっへん。(←えばることではない^^;)


長い道筋・・

「自分の感情の論理を追求する」ということなのだと書いた先に、それが「問いそのものが消える」ことへとつながるまでには、かなりの間があることに、ふとがというかキーボードを打つ手が止まったわけです。

「自分の感情の論理を追求する」ことそのもので「問いそのものが消える」ことへと至るわけではない。
長い道筋に沿ってそれを歩む先に、そこに至るのだと言うことです。

それを今このブログ解説記事話のつぶの大きさで、どんな言葉で言うことができるのか・・。
そうして言葉がまとまってくるまでに、結構時間を要した次第。


医学の姿勢

それはまず言って結局、こうなるんですね。
「心の成長と治癒を知り、自分に問う」と。


これは体の健康と治癒と、全く同じです。その仕組みを知りながら、それに対して自分のあり方がどうかを、考えていくわけです。
知らないと、どうしようもない。
知らないまま、知識は空っぽの頭どう論理的に思考したところで、良い答えが出るのは無理というものです。

学んで、自分に問うことです。
「医学の姿勢」ですね。


自分を唯一無二の生きものとして

例えば最近私は、朝起きた時の胃のもたれが気になりました。
で、考えるわけです。これは晩酌のビール1缶胃を冷やしているのが問題なのか。それはやめた方がいいということか。いや、その後に焼酎お湯割暖っためている。その前に食べ過ぎだったということか、等々(実に俗っぽい例^^;)

もちろん、自分を健康理屈上の理想ただ合わせるのではないのが、「自分が何者かを知る」ということなのです。
その通りに行動することを、望めないならば、仕方がない。

生きるとは、望みに向かうことだからです(これも成長への知識ですね。心の成長の^^)。何かの理屈に合わせて、自分の望みに向かうことを捨ててしまうとは、生きることそのものを、やめてしまうことです。
それは「他人の論理で生きる」ことなんですね。

自分が何かを望むとは、自分がもうそうした生きものなのだとして、それを原点として考えることです。
そうした唯一無二の生きものとした上で、参考になる知識を活用し、自分に問うわけです。


「命」が答えを出す

理屈があり、理屈ではない「望み」がある。その全てを包含した答えは、頭で出すものではありません。
そこに「命」が答えを出すということが、起きるわけです。

そうして体の健康と治癒の仕組みについて知っっていることから、自分に問う先に、私の「命」答えを出すわけです。晩酌のビールはやめられない!と(^^;)。

そうして「健康と治癒を知り、自分に問う」ことをした後に、もうしばらくは(^^;)惑わず、考えることもない「無」として、食べすぎに注意した上で晩酌のビールを飲む毎日へと至るわけです(^^;)。


ガソリンとハンドルと目的地・・

つまり、こういうことです。例えで分かりやすくなるでしょう。

「ていねいな論理的思考」「自分の感情を問う」とは、車のハンドルさばきをしっかりするということです。


自分が何を望み、何よって動かされるかというガソリンには、あまり理屈はありません。
その先に向かいたい、「心の豊かさ」「幸福」という目的地にも、あまり理屈はありません。
それはただそうある、そうありたいものとして、ある。それだけです。

しかしそのガソリンでその目的地に行くまでの道筋と、そのためのハンドルさばきには、理屈があるのです。
今この場所にいて、その先にこんな道がある。ならば、ハンドルはこうさばく必要がある。

ガソリン目的地には理屈はなく道筋ハンドルさばきには理屈があります。


そこで、「ていねいな論理的思考」「自分の感情を問う」とは、まず車のハンドルをしっかりにぎるといういうことなのでです。

それをできないとは、車のハンドルをしっかり持たないまま、運転している気になっているということです。
当然実際は、車のハンドルから回りです。
ガソリンが燃えるに任せて、ハンドル手放しの車は、あらぬ方向へと暴走するだけです。


「命」と「無」への道筋

そんなものとして、「問いへの答えが出るのではなく、問いそのものが消える」までの道筋とは。

問いが消えるとは、もう問い答え考える必要さえない「無」になるということです。
「命」が出した答えだと、そうなるということです。頭で考える理屈超えた答えを、「命」が出すわけです。

頭で考える理屈では、答えが出ないことをしっかり知るために、頭で理屈を追求するのだと言えるでしょう。
そして「頭で考える理屈では、答えが出ない」終えずに、向き合い続けるのです。
すると「命」答えを出し始めます。


そうした道筋とは、結局『入門編下巻』の全てになります、という話になってしまうところを、このブログ解説話のつぶの大きさで、改めて説明するとどうなるんだろう、としばし考えていた次第。

それを書いておきましょう。

スポンサーサイト



詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用