ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

詳説・感情を鵜呑みにしない思考-30:「命」と「無」への道筋を知る-4
「感じ取る」ためにではなく「見える時にそなえる」ために知っておく

「命」と「無」という「答え」についての話ですが、これはそれを聞いてすぐに「感じ取る」ためにというよりも、「見える時にそなえる」ために知っておくものと理解して頂くのが良いと、私は思っています。

それは車で道のりを進んだ先に訪れる光景であるわけです。こんな山こんな川がある、というように。知らないままだと、目をそらしたまま見過ごしてしまうかもしれない。だから、あらかじめ知り、見える時にそなえておくに越したことはない。
そうしたものだと思います。


ですからその光景の内容は、自分でどうこうできるものではない。向こうから訪れるものなのです。自分でできるのは、ハンドルをしっかり握り、正しいハンドルさばきをして、今目の前にある道を前進していくことなのです。

それをしないまま、前進した先に訪れる「はず」の光景を今一生懸命「感じ取ろう」とするのは、意味がないんですね。


もちろん、「命」「無」といった話を聞いてすぐに感じ取れる人もいるでしょうし、また結構な数の人が感じ取れる範囲というものもあるでしょう。
しかしそれは2010/11/05『「のぼるごとに、同じものが見える」(後)』「真我開発講座」について触れたように、「すでに準備された範囲」においてのものになると思います。

重要なのは、むしろ準備される過程だと思うんですね。もちろん、準備された心「命」「無」の答えを引き出し感じ取らせるきっかけとなる言葉を与えてあげることも重要で、「どっちが重要」という話でもないですが、「命」と「無」の答えとして示されるものと、それが準備さるれために人が歩む道のりは、全く話が異なるものになるだろうということです。


伝える者と聞くものの間の溝・・

であれば、真に「命」と「無」の答えを見出した人それぞれから学べるものとしてより重要度が増すのが、見出した人それぞれが歩んだ過程だと思うわけです。

なぜなら、答えとして伝えられるものの内容は、全てほとんど同じだからです。この点において、人間は一種類であり、答えは一つなんですね。
一方、同じ真の答えを見出した者が歩んだ過程は、それぞれが異なる、唯一無二のものです。
それはまさに、彼彼女らが歩み始めた時に見える人生と心の情景が、それぞれにおいて全く異なるものが、やがて次第に、まさに「のぼるごとに、同じものが見える」ものとなっていくように。


そうしたものとして、「歩む過程」への着目を失ったまま、結果としての「命の無の世界」結果内容ばかりに関心を抱き、それを「どう感じ取れば」という姿勢でそうした話を聞こうとすると、場合によっては完全に誤った姿勢となる可能性があると感じます。

そして実際のところ、世にこうした精神世界の話が語られる時、どうもそれはそうした誤った姿勢を招くものになってしまっていると感じます。


精神世界継続的に語り続けている人の話は、だいたい本物だと私は感じます。一方、彼彼女らが歩んだ過程はそれぞれが全く異なる
その「過程」についてももちろん語られるのですが、どうしても焦点「答えの結果」の方に向けられてしまう。過程つまり彼彼女らがそこに至るまでの「いきさつ」は、「おまけ」の話であるかのように。
私はこうしてここに至りました。とにかくこれに至れば、こんな素晴らしいんです、こんなに良くなるんです、と。みなさん一緒にこれをやりましょう、と。

そうして「答えの結果」今すぐにでも感じ取ろうという、性急な姿勢が自然とそこにかもしだされることになります。

しかしそれでは得られない。私たち自身の姿勢においては、「命」と「無」の答えの方がむしろおまけとしてついてくるものであり、そこに至る「過程」が、その前に手に入れなければならない本体であるような何かを、見出さなければならないんですね。

「おまけ」が欲しくて、「おまけ」の名前を言って注文しても、「そうした商品はありません」となるのが「現実」であるわけです。


これが、精神世界を語る者とそれを聞く者間にある溝のように横たわっているのを感じます。
そして、語る者聞く者両者が、そのにはまってしまっている、と。

ただ仕方ない面もあるんですね。そのように簡単そうに見せないと、商売にならない^^;

かくしてこんな小難しい心理学を書いている私は、てんで商売になってないわけです(アハハ・・^^;)。私自身はこの点もうかなりきれいさっぱりと諦め、生きていくためになんでもいいからそのうち仕事をすると思っています。執筆は生涯続けますが、これが社会でどう展開つまり売れるかは、ほとんどこだわり感を捨てています。
そうしてまさに、「無の境地」完成形になってきたのを感じる今日この頃・・^^;


まあそんな個人的な話はどーでもいいとして(^^;)、どう至るのかという「過程」について手短に書いていきましょう。

詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
全ての感情が「良い感情」に
久しぶりの『写真と言葉』^^。写真も久しぶりの千葉検見川浜ものです^^。

歩みの基本ですね。
この「命の答え」「過程」について、『入門編下巻』を凝縮して書いてみるのを超えて細かいメカニズムなどちょっと考察を書いていこうかと思っとります。



自分の感情を人に受けとめさせようと、感情を人に訴える姿勢の中で、不合理な悪感情は膨張していきます。
自分の感情を自分で受けとめ、感情の由来を自分自身に詳しく説明する姿勢の中で、不合理な悪感情は消えていきます。

そうして残った全ての感情が、「痛み」も「悲しみ」も含めて、私たちを「命」の答えに導く、「良い感情」になるのです。


写真と言葉 |   コメント(0)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考-31:「命」と「無」への道筋を知る-5
では今回の「感情を鵜呑みにしない思考」という解説シリーズに合わせた、「命の答え」とそこに至る「過程」についての、ハイブリッド心理学の考えを書いてみたいと思います。

ゴールから逆順に、前提過程を追ってみましょう。


「命の答え」

ゴールとなる「命の答え」は、すでに語り尽くされている言葉になります。

これはもう論理を超えた話です。ていねいに論理をきわめた先に、理屈を超えて、私たちの心が望むものです。
「もしこうであれば」という前提論理があって成り立つ望み捨て去られた先に、もうなんの論理も必要とせず、私たちのが見出す、純粋な命のガソリンです。

それは、私たちは「命」という大きなつながりの中で生きており、今生きている「自分」というのは、その中でのほんのいっときの仮の姿でしかないということです。
だから、このいっときの仮の姿にあるさまざまな不完全性を全て受け入れ、このいっときの仮の姿である「自分」に与えられた役割を果たせるよう、今を最大限に生きればいいのだということです。
そうして今の命をまっとうし、再び「神の国」に還ればいい。私たちの命は、そのあともまた新たに何度でも生き還るのです。命、そして愛は、そうして永遠に続くのです。
だから、もう何も悩み怖れる必要はありません。

「感情と行動の分離」の先に・・

もちろんこうした「答え」に至ったことは、まずは「神経症」「人格障害」といった心の障害治癒理論としてこの心理学の探求をしてきた私にとって、予想だにしなかったことでした。
それも、子供の頃から徹底した科学思考を旨とした私が、です。

しかしそれがまさに、「感情と行動の分離」という、この心理学実践最大基本姿勢の先に導かれるものであるのを感じています。
徹底した科学思考によって生きてきたからまさに、そこに至ったのだと・・。


なぜなら、まさにその姿勢によって、論理的思考を旨とする「自分」というものと、論理を超え「魂の感情」という、2つの存在自分自身の中で対話をするということが起き始めるからです。
「心」と「魂」の対話です。

その14『実践の流れその3・自分の未熟と病みを認める』で絵を示した、「変わっていける人」の構図ですね^^。


そして私たちが根本的に何を望むかという人生のガソリンは、むしろ理屈のないものほど純粋なものであることを、論理思考を旨とする「自分」が認識するからこそ、人生の答えは「魂の感情」の方に示されることを感じるようになるのです。

そうして「魂」の感情が、上の「命の答え」へと導くのです。


この歩みの全体『入門編下巻』で書いていますが、ここでは「感情を鵜呑みにしない思考」という視点から、こうしたことが起きる心の仕組みというのをちょっとくわしく考察説明してみたいと思います。

詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考-32:「命」と「無」への道筋を知る-6
築80年の一軒家の新居のDIY内装リフォームが落ち着いて暖かくなってきた頃には仕事を始めるべく(結局まともな就職がベストに思える今日この頃・・。またIT関係かなと^^;)、詳しい説明ながらも細かすぎてダラダラしないよう、ポイントを手短に、など出しながら説明していきたいと思います^^。


「命の答え」への3つの心の仕組み

先の記事で書いた「命の答え」のような言葉は、当然ながらただそれを知識として「ふ~ん、なるほど~♪」とその有用さを感じるという、たとえば役に立つ生活の知恵のようなものではもちろんありません。

それによって、私たち自身の心の内部にある、揺らぎない心の領域、心の機能発動することに、意味があるわけです。
それはまさに、今まで機能していなかった脳の領域が機能し始めるように、私たちの心身レベル心が揺らぎなくなる変化なのだと、私は自分自身の体験を通して感じています。

だから、言葉を覚え知るだけでは、全く意味はない。


こうした「命の答えに至る」という、私たちの心が備えている仕組みには、3つの側面があると思います。
これを手短に、ポイントなどで説明していきましょう。

この3つの仕組みの話になります。


1.「覚醒」の仕組み

1つは、有益な知識として言葉を知ることにあまり意味はなく、私たちの心の内部心身レベル揺らぎない変化が起きるという仕組みです。
これを「覚醒」と呼ぶと良いと思います。

これは「準備された者に起き得る」というものになります。そこでの「準備」仕組みも考えることができます。


2.答えの道筋

この「覚醒」一度に先の記事の「命のつながりの中で自分はほんの仮りの姿」といったゴール至るのではなく、心の未熟と病みから、成長と治癒と成熟へという変遷として、幾つかの節目を通っていくという、道筋があること。
ここで人それぞれ通らねばならない節目や、逆にあまりとらわれない方がいい節目など、適切な進み道を押さえることが大切になるのが難しいポイントと言えます。


3.「心」と「命」の意識の仕組み

最後に、こうしたことが起きる、私たちの心の全体の仕組みです。
ハイブリッド心理学はそれを、「心(自我と自意識の殻)-魂-命」という、大きく3層の構造で考えています。

ここで、心が「自意識の殻」打ち破るために「ていねいな論理的思考」を使うというのが、ハイブリッド心理学での進み方です。
これを踏まえて、「ていねいな論理的思考」とはを説明し、この解説シリーズをおおかた締めくくれるのではと思います^^。
(そしたら社会人復帰の就活かなーと。執筆は今後も仕事かたわらライフワ-クで続けますので^^。)

詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
<前のページ  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用