ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

詳説・感情を鵜呑みにしない思考-24:実践の流れその13・「変われない人」の思考パターン
ちょっと不在のお知らせ:
この後夕方出て明日はOB参加のスキー部合宿のため一日不在です。明日夜遅くには戻る予定です^^。



「変われない人」の思考パターン

ということで手短に、先の記事で説明した「ハイブリッド思考」とは異なる思考パターンを出しておこうと思います。
それが心の成長と豊かさどう妨げるかを。

「変われない人」(参考:サイト冒頭『ハイブリッド心理学とは』)の思考パターンということになりますね。


ここでは詳しい説明より、先の「ハイブリッド思考」と同じように、図式で示したいと思います。

このあと出てくる「ていねいで正確な論理性」の話以前に思考パターンが違ってしまいます。
主に3つですね。
・「私のこの感情をお前がどうにかしろ」という攻撃型
・「自分が考えることなんて」もしくは「頭が回らなく」という消極型

この2つ「自分で思考できない」ケースとして、最後自らを助ける向上心と積極性ありながらも、思考パターンによって心の変化がブロックされてしまうケース。このケースから、「ていねいで正確な論理性」打破のツールとして登場してくるということになると思います。


「どう感じればいいか」という思考

上記最後のものから、まず出しておきましょう。

これがいわば「変われそうで戻ってしまう人」思考パターンです。一見しっかりしており向上心もあるのだが、不思議と動揺場面元に戻ってしまう人。

何々に対して ・・・自分の外部のことがら
 -----↑そう感じられるよう現実の解釈を飾りゆがめる-----
どう感じればいいか。
 -----↓気持ちの枠はめ強制(自分に嘘の気持ちを強いる) -----
自分は実はどう感じているか ・・・自分の内面感情

多くの心の取り組みが、このパターンになってしまっていると感じます。目指すものハイブリッド心理学同じでありながら。
「魂の感情」に、「感謝の気持ち」の話で近づこうとするなど。

ハイブリッド心理学ぜんぜん違うわけです。自分の外部内面峻別し、「気持ち」には答えを出さない(つまりは開放する)のです。
そして外部宇宙の壮大な視野から見て、内部へは魂と命の深みへと、心理メカニズムの目を向けます。
この壮大なギャップから、「自分」ではなく「魂」「命」が答えを返すというものです。

一方、「どう感じればいいか」によって外面解釈と内面感情をおさめようとする思考パターンは、短視眼的にはおさまりがいいのですが、人格は小さくまとめられ固められた、変化しないものなります。


「この感情をお前がどうにかしろ」の思考パターン

次に攻撃型「ていねいで正確な論理性」から一番離れていくのがこのケースです。

  自分の外部のことがら
     ↑あおり
「この感情をお前がどうにかしろ」。
     ↓荒げ
  自分の内面感情

外部の事柄については、論理性もへったくれもなく、とにかく相手を動かすための言葉(論理)を作りあげるのが主になります。
つまり「煽(あお)り」です。あることないことごちゃまぜに、相手の言葉尻をとらえ、相手を刺激する言葉が作られるのが特徴です。

内面感情は、嘘の気持ちを強いるというより、外部に対してあおりを向けるのに見合った、「荒げ」を行います。とにかくすさんで苛立った気分へと、自分を変えていくのです。その結果の悪感情自体には、もう嘘はない形で。
そしてそのすさんだ苛立ちを、外部のものごとの解釈へのフィルターとしてさらに重ねていきます。

これはちょっとハイブリッド心理学のような自己取り組み心理学からは、手が出させないです^^; とにかく目を覚まして欲しい^^;

こうした思考パターンが、表面上一見して実に知的な論理的叙述として表れることがあることにも、留意が必要でしょう^^。


「自分が考えることなんて」「頭が回らなく」の思考パターン

最後に消極型

  空白(頭真っ白^^;) ・・・自分の外部のことがら
   ↑
「自分が考えることなんて」。
   ↓
  無力感の強調 ・・・自分の内面感情

このケースは、「あの人は“何でも”できるのに自分は“何も”できない」といった、「何がどう」という具体性欠いている思考が、論理性の失われた部分として特徴的です。

これもまずは目を覚まして抜け出して欲しい^^;


根底の姿勢を変える部分はなかなか手がおよばないものでもあるのを感じますが、いずれにせよ、思考のパターンという全体からして全く異なるものにすることが、こうした「変われない人」からの脱出入り口になると考えるのが、ハイブリッド心理学です。
先の記事「ハイブリッド思考」のパターンへとです。

そうして思考パターンの全体を変えた次に、ようやっと「ていねいで正確な論理的思考」とはどのようなものかが、論じれるものになります。

例題など取り上げながら、具体的に説明していきましょう^^。

スポンサーサイト
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (396)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (1)
月別全記事
QRコード
QRコード
管理者用

FC2Ad