ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

詳説・感情を鵜呑みにしない思考-21:実践の流れその10・入り口までの流れのまとめ(前)
引越し準備は順調に進行中で一服がてら^^。

入り口までの流れのまとめ

ちょっとくどい(^^;)ですが、入り口までの流れをまとめておこうと思います。
「唯一無二の自己のための問い」を、「ていねいな論理的思考」として始められるまでの流れです。


結局やはり、「姿勢」あっての「実践」なんですね。

「こう考えればいい」「こう行動すればいい」「こんな向き合い方をしてみればいい」
という話をするのですが、そうして私たちが心で意識することの一方に、意識を働かせる根底の姿勢というものがある。しばしば、自分でもはっきり意識しない、自動的な形で。
それを意識する。

そうした「姿勢」が、「実践」大きな軸になるわけです。もう一つ大きな軸が、具体的な思考法、行動法、そして向き合い方として。


さらに見れば、そうした「姿勢」が、果たして「実践」そのものができるかどうかを、ほぼ決めているわけです。

「姿勢」あまり問わずに、役立てられる知恵もある。この全体俯瞰するなら、まあ数字はどーでもいい話ですが、「姿勢」によって心の変化道のりの7、8割がたは決せられると感じます。
だから、変化への「姿勢」を持つ人は、ハイブリッド心理学でなくともかなり変わっていくと思います。サイト冒頭『ハイブリッド心理学とは - 5.「変わっていける人」と「心の豊かな人」』でも書きましたが、具体的なアプローチ方法違いは、目指すもの広さと深さ違いだと。


姿勢と実践の3つの流れ

で、ハイブリッド心理学が着目する「姿勢と実践」には、大きく3つの流れがあります。(やっぱ「3つ」^^)

書いているとちょっと長くなりそうなので、まず列記しましょう。

1.自らを助ける姿勢
2.心のツボをおさえる
3.ていねいな論理的思考をする


順番に、それが次のものの前提ともなる、という形になるかと。


1.自らを助ける姿勢

まずこの「自らを助ける姿勢」が、ハイブリッド心理学の実践前提です。「自らによる成長」のための心理学ですので。


全てカウンセラー任せ、医者任せ「心への取り組み」もあるでしょうが、ハイブリッド心理学はべつにそれを否定するわけではなく、とにかく提供するものの違いです。中華料理フランス料理の違いです(?^^;)。

ハイブリッド心理学は、「自らによる成長」目指す方のための心理学であり、それを目指せない方どうしたら目指せるようになれるかまでは、ちょっと手を広げられていないのが現状です。
まあ、目指す先に何があるかを伝えることで、目指す気になれる可能性はある。これが今言えることかと^^。


「自分で考えることができる」

いずれにせよこの「自らを助ける姿勢」は、2つの話が出てきます。


その一つが、「自分で考えることができる」という姿勢というか心の状態です。これになれないと、ちょっと始まれない。

なれていない心の状態には主に3つがあることを、『流れその5・「姿勢」の重大な分かれ目』などで指摘しました。

「変わるべきは他人、この感情をどうにかしろ」という(^^;)攻撃型
「自分が考えることなんて」という消極型

この2つ「思考の放棄」表に見えるものです。
・動揺場面で単純に「頭が回らなく」なってしまうタイプ
まあ、あまりにも想定外の災難出来事に遭遇すると、普段は結構心が強い人でもなってしまうことがあるものです。これはもう姿勢の問題ではなくいたしかたない場面もありでしょう。しかしこれがごく些細な動揺場面でも起きるタイプでは、「姿勢」の課題として取り組める可能性が出てきます。

まずはそこから抜け出すことが必要です。まあこの一言では済ませられない大きな課題であるのはいたしかたないないですが・・。


「素直な向上心」

そしてもう一つは、ごく素直な向上心ですね。自分で考えることができるとして、その方向基本的前向きであること。


これについても、それを失った方がどうそれを取り戻せるかは、ハイブリッド心理学からはなかなか手が及ばない、根深い問題になってくるという印象を感じます。

一方、素直な向上心が根深く失われたケースと、本来それを持ちながら向上への知恵不足のために心の表面でそれが挫かれているだけのケースは、外面の様子ではあまり見分けがつかないというのが、私のこれまでの相談対応からの印象です。
ですから、とにかくは向上への知恵を伝授するのが私のスタイルです。すると後者俄然と向上意欲を回復し、前者より根深い問題があることが明瞭になってきます。

こうした「素直な向上心」を持てるかどうかは、「姿勢」というよりさらに深く心のあり方全体レベルで違いが出てくると、私は考えています。
これが『流れその3・自分の未熟と病みを認める』サイト冒頭『ハイブリッド心理学とは』からのも載せた、「乳歯の心」「永久歯の心」芽生え具合の違いという話になります。


とりあえずここまでで記事をアップしておきおましょう^^。

「自分で考えることができる」心の状態で、「素直な向上心」足場にして、「自らを助ける姿勢」を取る。これがまずは「姿勢と実践」流れスタートになります。
まあこれ自体はあまりハイブリッド心理学からの特別な話は出てこない、心への取り組みのアプローチとしてごく一般的に言えるものです。

次からが、ハイブリッド心理学からの独自の考えに立つものになってきます。

スポンサーサイト



詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用