ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

煩いと惑いを超越するとは
風雲急を告げ、また引越し(^^;)を決めた島野です。詳しくはまた後で^^。
そして再び今の住まいの窓から見える、心癒される野山の風景など眺め、感したことなどを言葉に^^。



私たちの「空想」にかかわることなく、「現実」は連綿として流れています。それが、私たちの心の煩いと惑いの多くが無駄なことなのだという真実の、原点の一つだと言えるでしょう。

一度そこにしっかりと足を踏みしめてから、「空想」で描かれる「望み」へと、再び向かうのです。
結局私たち人間は、空想に生きる動物でもあり、心の煩いと惑いを完全に超越することなどできない、不完全な存在であることを認めながらです。
その時逆に、煩いと惑いを超越するとはどういうことなのかが、分かるでしょう。


スポンサーサイト



写真と言葉 |   コメント(0)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考-16:実践の流れその5・「姿勢」の重大な分かれ目
さて急遽また引越し来月中旬と決めた島野ですが、準備の合間手短気味にでも、「感情を導ける思考」具体的要領ポイントを書いていこうと思います。


「姿勢」という重大な分かれ目

「感情を鵜呑みにしない」とは、出来事の自分の「解釈」を鵜呑みにしない、そして結果として感情は逆に、そんな「解釈」によって起きてしまう、未熟で病んだ感情であることを認め、人にぶつけるのではなく自分で受けとめることである。

この逆形である「感情を鵜呑みにする」とは、出来事の自分の「解釈」が正しいと鵜呑みにし、ゆえにその感情を他人にぶつけて解決を要求する、という姿勢になります。

このあまりにも逆になる姿勢「転換」が、「感情を導ける思考」第一歩で、いや、一歩を踏み出す前基本的な心の土台として、必要になります。

片や、自分の「解釈」を正しいと主張し、自分の「感情」を他人に解決させようとする。
片や、自分の「解釈」を鵜呑みにせず、自分の「感情」の未熟を自分で認め受けとめる

このあと「解釈」修正のための、具体的な「ていねいな論理的思考」などへと実践は進むことができるのですが、この「姿勢」の違いが、あまりにも重大な分かれ目になっていることを指摘できます。


「自分で考えることができない」という問題

前者は要は「変わるべきは他人」という、まあ平たく言えば我がままで自己中心的で攻撃的な姿勢(^^;)です。

一方、そのように自己中心的なくとも「ていねいな論理的思考」ができないケースもしばしば見ることがあります。
単純に、「自分で考えること」ということ自体ができないという状態にあるケースです。


私たちは想定できないような出来事に遭遇した時、「頭が真っ白に」なってしまうということがあります。頭がうまく回らなくなる。
これが起きる感情動揺の範囲が大きくなるにつれて、逆に言えば、ちょっとした感情動揺でもこの傾向が出るにつれて、「感情を導ける思考」にも、当然入りようもなくブロックされてしまうことになります。


また、頭がうまく回らないというよりも「自分の考えることなんて・・」と、思考の積極的放棄をしてしまっているケースもあります。少なくありません。こうした思考放棄の姿勢が根強い時に、対処できない感情動揺の出来事に出会うと、あっけなく心のバランスを崩してしまいがちです。

この「思考放棄」も、思考の放棄をした上に「だから他人がどうにかしろ」という攻撃型と、ただ消極性がその形へと進んだタイプがあるようです。


「自分で考える姿勢」の回復はどこに・・

いずれにせよ、ハイブリッド心理学実践現状では、「自分で考える」ことをする方への手助けのためのものであり、「自分で考えることができない人」「自分で考えることができる人」へと導く方法論は、残念ながらほとんど持ち合わせていません。

この後の具体的な思考法について、ただ「そのように考えれば良くなれるのか」といった問いが見逃す、重大な「姿勢の違い」というものがやはりあることを、ともかくここで指摘しておきたいと思います。


この重大な「姿勢の違い」というのが何から生まれているのかを、最近かなり考えている次第です。

それを意識して頂くことで、人がどう「自分で考えることができる人」へと脱皮できるか。まあこの辺が、これからの私の研究課題領域とも感じています。

「思考の姿勢」についてさらに広い問題も指摘した上で、「姿勢の違い」を生む根本について今私が考えることなど、次に。

詳説・感情を鵜呑みにしない思考 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用