ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「他人依存信仰」への取り組み実践(後)
『前・中・後』の3部作で収めたため、ちょっとこれが長めになりました^^;


「怖れ」と「他人関係のせばまり」そして「善悪」へ

「他人依存信仰」背景となって起きる心の動きの、残りのパターンを見ていきましょう。

それは「怖れ」という分かりやすい副産物と、少しわかりにくく、そして特有対人関係の「せばまり」と、「善悪」の思考という根深いものへと染み込んでいくものになります。


「怖れ」

「怖れ」が、解決不可能なものとして心を揺り動かすようになるのは、言うまでもありません。

それは、「何でもできて」自分の最後の心の支えとなるべき「他人」から、自分が見離され見捨てられ見下げられ怒りを向けられることへの、恐怖です。

それはこの人にとって、「破滅」意味します。「人の助け」「最後の心の支え」であり、それを失うのですから。


ですから、「他人依存信仰」あまり持たない人からは、「別にそんなの大したことないじゃん」程度にしか受け取られないような、他人からのちょっとした批判の言葉などが、この人にとっては、人生の破滅の訪れであるかのような法外な怖れの反応で、受け取られることになってしまうわけです。


「恥」

「恥」感情も、「他人依存信仰」特徴的です。

「何でもできる他人」と、同じように自分も振舞えなければならないと、感じているからです。

これが「他人依存信仰」あまり持たない人の場合は、「何でもできる他人」なんて感覚持たず人それぞれの長所と短所を見ることのできる目育てていけますので、「自分も何でもできなければ」という感覚持つ必要がなくなります。
それぞれの人が、できることをすればいいのです。その、助け合いです。


さらに、「ありのままの今を原点とした向上」を重視する「自己能動の価値観」に立つと、「今の原点」が実際どんなに人よりも客観的に劣ったものだったとしても、そこからの向上へと前に向く姿勢そのものに、大きな価値を感じるようになってきます。

これはもう、何かができないのが「恥」だなんて感覚は、微塵もなくなるものになってくるのです。


内面に流れる「恥」感情を、「自己能動の価値観」によって、打ち破り、乗り越える
これが大切な姿勢であり、日々の実践です。

人生でそれを徹底して実践してきたは、とんでもない「恥知らず」です^^; えへへ^^ゞ (←この笑いはちょっと不要ですねアハハ)


「分かってもらう」は「魔法の助け」へ

「うつ病」の人が訴える辛さ苦しみ核心、つまり「主訴」とも言えるものが、ごく普通に健康な人にはしばしば理解不可能になる原因が、「他人依存信仰」にあると私は感じています。

つまりこの人は、自分の辛さ苦しみが人に「分かってもらえる」ことで、全て良くしてもらえるという「魔法の助け」が訪れるという願望感覚の中にいる。
そう解釈すると、その理解しがたい様子理解できるようになる。そう感じられるものがしばしばです。


もちろんそんな「魔法の助け」など誰も用意できません。
その結果、「うつ病」の人自分の辛さの訴え方と、回りの人々、そして関係する医者などとの会話が、しばしばかみ合わなくなります。

本人ただ辛いのだと、そして自分は駄目なのだという気持ちを、訴えます。
回りは、それはいいから、もっと具体的に何がどう問題なのかを、聞こうとします。それに対してしか助けの手を出しようもないからです。

「リストカット」などの「自傷」の行為も、膨張した悪可能の挙句という側面もあるでしょうが、しばしば、ここまで苦しいのだと示せば全て良くしてくれる人の助けがくる・・といった空想感覚の中で、「甘い衝動」として成されるものである可能性があると言えるでしょう。


対人行動の「せばまり」

「他人依存信仰」は、対人行動力特有の「せばまり」を生み出します。

もちろんそれは表面においては、すぐ人に頼ろうとするというごく普通「依存心」から、自分のことを自分で決められない、さらには自分のことを自分で考えることができない、という底なしの依存心にまで至るバリエーションがあります。
深刻な例では、まるで自分の代わりに人にトイレに行って欲しいという思考まで展開しているかのではと思わせる姿として・・^^;


その一方で、「他人依存信仰」「過度の世話焼き」という逆の行動傾向として表現されることも少なくありません。

つまり、相手自分で自分のこともできない、何でもやって欲しいという気持ちでいるという想定に基づき、その気持ちに応えるという行動の仕方が、行動の基本型枠のようになっているケースです。

これは外面的には一見して「行動力」があるように見えるのですが、心の成長と豊かさ向かう真の行動力とは全く無縁なものである場合があることに、注意が必要です。


もちろんそれは、病床にある人への介護や、家庭内での団らんの一場面として、有効に機能している分には、そうした「依存-世話焼き」という行動様式そのものを問題視する必要は、全くありません。

重要な視点は、そうした「世話焼き」型行動傾向多い人が、行動対処できる相手の幅を広げること(特に、「利害の対立」「社会的立場の違い」といったものがある場面)に困難を感じる、またそうした狭い対人関係の中でさえ感情が動揺しがちである場合は、依存的な側全く同等「他人依存信仰」の病巣があると考えるのがまず正解だということです。

そこから「怒り」「怖れ」「恥」「嫉妬」といった悪感情が、頻繁に生み出されている病巣としてです。


この理解をスタートにして、「依存-世話焼き」行動法そのものを否定しようとする減算法ではなく、全く別世界となる「原理原則行動法」「建設的対人行動法」「ウインウイン行動法」などの「行動学」学び、実践してみるという加算法の取り組み大切になってきます。
(参照:5/18『3つの「行動学」』など)

「他人依存信仰」から根本的に抜け出すかという自分への問いも、あくまでそうした「感情と行動の分離」の姿勢に立った実践を体験する中で本当に意味を持つようになります。


「信仰」そのものを方向転換する実践として、6/9『「信仰」への取り組み実践・概説』で言ったようなTV番組の傾向見直しといった、心に取り入れる基本的な栄養素見直しを併せた、息の長い取り組みとしてです^^。


「善悪」の思考

最後に、「善悪」という巨大な心の命題が、「他人依存信仰」文脈から生まれます。

その始まりは、『(中)』で説明したように、「怒り」「憎しみ」が結びついた形でです。


「他人」「社会」、そして「人生」そのものが、本来できるはずであり、自分にしてくれるべきであったことを、してくれなかった
その「悪意」によって、自分の人生がつまづかされた・・という、「怒り」「憎しみ」の形で・・。


その「怒り」と「憎しみ」に、何の答えも出せないまま、私たちはそれを心の中に置き去りにしたまま人生を生き始め、やがて大人になった時、その「怒り」と「憎しみ」を、今度は、大人になり何でもできているべきなのにそうではない自分自身に、そして全ての他人に、向け始めるのです。

ここに、私たち人間の心の悲劇の運命、私たち人間の「心の業(ごう)」と呼べるものがあります。


ハイブリッド心理学の取り組みの全てが、この人間の心の業の根本的な克服というゴールに向かって、進むものになります。


ここから、『入門編上巻』世界が、始まります。とも言えます。(まだの人買って~*~0~*)
「善悪」の思考を、根本的に解体し、新しい生き方のための思考を、ゼロから築き上げる取り組みです。

このブログでは、「魂の感情」をその最大の推進力とする歩み方について、本で書けていなかったキモの部分を、本の補完としてこの後要点を手短に書いていきます^^。

スポンサーサイト



(8)魂の世界 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (420)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用