ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「他人依存信仰」への取り組み実践(中)
「他人依存信仰」への理解ポイントです^^。


これは基本的には、「内面感情ただ流し理解し、外面行動建設的に」という「感情と行動の分離」の、内面側の実践です。

私たちの心は、なぜ、そしてどのように、動揺してしまうのか。
その根底にある原因と、それを膨らませてしまう姿勢抜け出していく姿勢違い、つまり「内面の選択肢」を知るための実践です。


「受け身意識の闇の川の底」・・

それについて、このブログでは、「未熟」「心を病む」というスタートライン人それぞれの状況であった上で、「受け身意識の闇の川」とも呼べるものが私たちのに現れ、「心の力み」「甘い嘆き」が、まずは抜け出したい「水」として流れてくる、といった説明をしました。
2/10『病んだ心から健康な心への道-2』など参照

その「闇の川」にとどまったまま、「心を楽に」する手立てを、ハイブリッド心理学では成長治癒、そして豊かさに役立つものとは考えていません。
抜け出していく歩みが、私たちの強く成長させていきます。そして長い目で、私たちの「豊かさ」を、与えていくのです。

それは、その「抜け出し」が、「魂の感情」足場にするからだ、と言うことができるでしょう。


「他人依存信仰」は、そうした「受け身意識の闇の川」の、いわば母体とも言えるものです。

「闇の川」というよりも、その闇の川の「底」です。

「他人依存信仰」の中にどっぷりと浸っているのは、「受け身意識の闇の川」「底」の下に埋まっているような状態で、「抜け出す」どころではなくなってしまいます。


「他人依存信仰」からの悪感情の自己分析

自分の内面感情理解する実践としては、自分として抜け出したい悪感情が、どのように「他人依存信仰」背景にして膨らんでしまうのかを、しっかり吟味してみると良いでしょう。


まず基本的な話として、「意識」の全体「他人」磁石のように貼りつけられ、「他人」心の中法外に大きく映り、法外な影響を自分におよぼす存在として描かれます。
こうして、人に面した時の感情の動揺が、基本的法外なものになってしまうわけです。

またこうして、心の底本当の気持ちである「魂の感情」は、目を向けることなどできようもなく、力づくで目を「他人」へとそらされてしまいます。
「他人依存信仰」が、「魂の感情」への強力なになってしまうゆえんです。


その上で、次のような悪感情そして感情の動揺が生み出されます。


「嫉妬」

「嫉妬」は、人生で体験した、最も嫌な感情でした。
それが「他人依存信仰」からどのように生まれるかは、推測も容易だと思います。
強い人間からの寵愛や、他人からの好意を受け取ることへの嫉妬に、猛烈に駆られるものへと。

もちろん「嫉妬」「未熟」な心にとって基本的に起こりがちな悪感情ですが、「信仰」の対象となるものを自分ではなく他人が得ているのを見た時のそれは、「他人依存信仰」「有形物への信仰」猛烈に激しくなることが容易に予測できます。
それが「他人からの好意」であれ、「お金」であれ。

これが「未知の神への信仰」であれば、それを得る他人の姿、つまり全てを尽くした先に神の手が働いたかのような成功の姿を見るのは、嫉妬というような感情は感じこそせず、逆に感動を感じるような形になるように思われます。
ただ自分にできることを尽くす・・。その生き方への勇気を加えるものとして。


「怒り」と「憎しみ」

「怒り」「憎しみ」は、「他人依存信仰」背景にして、極めて独自の意味を持つようになります。

おそらくこれが、私たちの日々の対人関係での悪感情最大の原因であり、また「怒りのない人生」へと向かうための、最大の転換になるものと思われます。

それは、人ができるはずのことを自分にはしてくれない、と感じる感覚です。
自分への悪意の下に、と。



「心の成熟と豊かさ」への最大の入り口転換点

事実、「未熟」から始まる私たちのは、この怒り憎しみを抱いて、この人生を生き始めるようになるのだと感じます。よっぽどの幸運に恵まれた人を除いて。

そしてこのことを意識するかどうかは別として、そもそもそれは「できるはずのこと」などではないのだ・・という感覚へと成熟した時、人は人生で抱き続けたその怒り憎しみを、捨てるのだと思います。


私はこの心の変化の流れを思い浮かべると、目に涙が浮かぶのを感じます。事実、それが通った道だったからです。

今だ病んだ心の残骸を沢山抱えた大学院の頃、「そこにいる全ての人間を殺してしまいたかった」という言葉が日記につづられていたのを、後に私自身が発見した話を、5/25『「神になるのをやめるひらめき」の扉-1』で書きました

その少し後、私の心急速に回復していきました。それを決定づけた自覚として日記に書かれていたのが、「自分はお膳立てを求めていたのだ・・」という自覚でした。

私はその時まで、人が自分への悪意の中にいるという感覚の中で、生きていたのです。
人が自分への悪意を向けているのではない、自分が人への法外な要求をしているのだと、気づいたのです。自分が内面の悩みなどなしに人に明るく振舞えるよう、まず人から自分に疑いもない目で親しく接してくるべきだという、強引な要求を、ということになるでしょう。

「自分はお膳立てを求めていたのだ・・」という自覚と共に、私の心急速に楽になっていきました。
「他人」とは、そもそもそんなことをする存在、できる存在としてあるのではないという、「他人依存信仰の捨て去り」が、その時私の心には起きていたのだと思います。


「魂」は、しばしば、この「他人依存信仰の捨て去り」と共に、深い涙を吐き出します。「不完全な愛」に自分が向けた「憎しみ」という「罪」への悲しみをです。

その時、大きく浄化されています。6/1『「魂」による「心」の浄化-5・3つの浄化作用』列記しておいた「魂による浄化作用」3種類の中の、「デトックス」に該当するものだと言えるでしょう。


その時同時に、は、「豊かさ」へと向かう長い道のりの入り口に立つ、大きな転換を成したことになります。
これからは、自分から人を愛することができる心への、成長に向かってです^^。


「他人依存信仰」背景にして起きる感情動揺の、残りのパターンを引き続き説明します。

スポンサーサイト



(8)魂の世界 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用