ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「魂の成長」への道-3
「魂の感情」成長、そして成熟を経てゴールに至るまでの、5つ重要な通過ポイントと、そのための取り組み上の要点をざっと説明したいと思います。
前記事『「魂の成長」への道-2・道のり図』を参照しながら読んで頂ければ^^。


1.魂の感情の回復

のびのび心が開放される、「開放感」の感覚
自ら前に進むことができるという、「内面の力」の感覚

これを持つことができることが、「魂の成長」への最初通過ポインです。


これは、いままで重く押し込められていた「魂」が、自らのその息を吹き返すことに対応すると言えるでしょう。


この感覚はまた、自然の中にを運んですがすがしい開放感を感じることができるか、といった確認法があります。

それができない心の状態とは、基本的に、心が圧迫されている状態です。慢性的にです。
その場合は以下の着眼点を参考に、取り組みを進めてみて頂ければと思います。


取り組みの流れからの着目ポイント

右も左も分からない状態からハイブリッド心理学への取り組みを始め、「感情と行動の分離」姿勢に立って、外面内面への視点をさまざまに持っていきます。
『道のり全体図(中)』などを参照下されば^^)

それによって、何とか感情の動揺拡大を防げるようになり、多少の落ち着きが得られてきた。
これを「最初の安定」と呼んだりしています。
これは必ずすぐ崩れますが、また同じように取り組みを続けることで、結構安定感が身についてきます。

しかし、似た場面で、同じ感情動揺を繰り返してしまう・・。


これを越えて前進変化していくためには、外面内面へのさまざま細かい視点というよりも、「湧いてくる」感情としての「魂の感情」根元のあり方が、スポットライトを浴びるものになってくる。
そう理解して頂くとよろしいかと思います。

「魂の感情」根元のあり方と同時に、それを左右する「思考」あり方です。


「心の仮死状態」からの抜け出し

「魂の感情」を、基本的吹き返す

そのために問題になってくるのは、何よりも、心が「他人への反応」としてしか動かなくなってしまっているような状態です。
いわば「心の仮死状態」とも言える状態です。


基本的に、自らの生命力で鼓動し息をするのを、やめてしまっているかのような状態です。
自分のは、他人への反応として動くのだと、決め込んでしまっているかのように。

その結果は、どうしても、その中で心を万力で締めつけながら「気持ち」を演じようとしていく、同じ感情動揺繰り返し日々です。


「信仰」への取り組み

こうした「心の仮死状態」は、深刻な心の障害傾向の場合は、幼少期かなり酷い心の傷を受ける体験の中で、「自分の感情」の全体を放棄してしまったようなものがありがちです。
自分の感情が人に優しくかえりみられることなどないのだ、もう一切の自分の感情など持つのをやめよう、と・・。

もちろん一切の感情を持たないなど実際には不可能なので、自分の心を混乱の中でさまざまに万力で締めつけた挙句、心が壊れてしまい、心の障害として表面化する形になるわけです。

こうした場合は、そうした心の膿とも言える感情を、一度吐き出させるカタルシス治癒重要になってきます。
これは深刻な心の障害傾向の場合の、特別な話になってきます。


一方、より一般的な話としては、内面外面へのさまざまな視点に増して、「信仰」という心の領域脳の領域何に向けるかが、決定的になってくるように思われます。


この「信仰」についての取り組み実践を、次の記事でざっとまとめてみたいと思います。

スポンサーサイト



「魂の成長」への道 |   コメント(0)
「信仰」への取り組み実践・概説
「湧いてくる」そして「湧き上がる」という「魂の感情」根元のあり方は、受け身vs自己能動」の「価値観」3/26『神になるのをやめる-5・価値観』)などでもかなり決まってくると思いますが、最も根底になるのは、「信仰」ではないかと私は考えています。

このブログ
執筆を通して、改めて心の成長流れをたどり、その重要性を極めて大きくクローズアップするに至った次第です。


そこでこの「信仰」についての取り組み実践を、まあ「概説」と言うほど網羅はしないでしょうがざっと書いておきましょう。


「信仰」とは

改めて「信仰」とは何かを定義するならば、何を「最後の心の支え」にするかの、心の根底の姿勢、とでも定義できるでしょう。


あなたはそれを何に向けているでしょうか。

「お金」か。お金を信仰する者は、お金の問題身を滅ぼします。


「誰か強い人が助けてくれること」最後の心の支えだと感じるのが、「他人依存信仰」です。
当然、そうした目他人を見る姿勢になります。

これがあると、「意識」の全体「他人」に向けられ、「他人」によってすぐ感情が揺らぐ心の障害最大の背景とも言えるものになると思われます。
これへの具体的取り組み法は、このあとさらに詳しく説明します。


各種の「占い」「占星術」などに過度に入れ込むことも、心を病む背景になりがちです。
不運に出会うと、すぐ「うつ」なってしまいます。「運」「最後の心の支え」になるからです。そしていとも簡単に、最後の心の支え失ってしまった心の状態になってしまうわけです。

その他、形あるものへの信仰は、概して心の健康害するものとして要注意です。
心の生命力がそうした「有形物」吸い取られ心の仮死状態を招いてしまいます。

「神」をそれぞれ独特な「形」で描こうとする「宗教」も、心の健康のために概してお勧めできるものではありません。


未知なる神への信仰

お勧めできるのは、やはり、「神」「知りえないもの」「人知を超えたもの」とした上で、最後にはそうした「神に委ねる」という情緒だけは持ち続けるものです。

「人事を尽くして天命を待つ」
「神は自らを助くる者を助ける」

といったことわざが示すように。(5/12記事など参照^^)


そもそも「神」なんてものの存在を信じることができない。そう来る(^^;)と思います。
それは「神」巨大ないきもの(^^;)のように想定した思考の場合です。

きわめて科学的に、「神の領域」議論できる、知的なテーマがあります。
「生命」「意識」「宇宙」です。
これを突き詰めて理解していくと、おおよそのものごと物理法則の結果としての偶然の出来事として理解できるのですが、全ての物理法則大元に、もう物理法則では理解できない「何ものか」が働いているのが見えてきます。

こうした知的理解が、「未知なる神への信仰」うまくバッティングしないものになります。そして「委ねる」という情緒を保ち得る。

知りえない「何ものか」だからこそ、最後に「委ねる」ことができます。
知り得るものは、「委ねる」ではなく、しっかり計算してコントロールするために使います。

そうした意味で、「神」「信じる」も「信じない」もなく、「知らないもの」とする思考。

この辺の話は、詳しくは4/15『島野が神になるのをやめた時-11・科学の目』などを再読頂ければ。


そうして、「神」とは何かなんてもう知ろうと思わないけど、自分にできることは尽くし、最後は神に委ねる
そうした人の行動の姿に、ぜひTV番組などを通じて、頻繁に触れてみることをお勧めします。

「神の手を持つ」と言われる名医は、まず間違いなくそうした姿勢です。


「信仰」への実践・TV番組の傾向確認

そんな話として、良く見るTV番組傾向を確認するのが、自分の「信仰」のあり方を確認する、一つの良い実践だと思います。


典型的なのは、私はほとんど見ないのであるいは誤解かも知れませんが、『おしん』に代表されるHNKドラマの類人情もの時代劇典型的な「他人依存信仰」の世界になると思います。

TVドラマ概して「他人依存信仰」の世界で描かれており、ちょっと心の成長に毒・・というのが私の印象です^^;


なによりもお勧め動物のドキュメタリーや、最新医療の報道です。そこでの医師および患者姿勢など。
『アンビリバ-』『ベストハウス123』『世界仰天ニュース』などの人生バラエティ
ただし『エチカ』『深いい話』などの類は、安直な一面的ウンチクが中心で視野が狭いので、ごく単純な教養番組程度として、ハイブリッド心理学的には特にお勧めする傾向のものではなくなってきます。

あとは、「時代の流れ」というものを捉えるような内容のTV番組もお勧めです。この点、「報道ステーション」ニュース報道プラスアルファがあるお勧め番組ですね。

つけ足しで、「自然な人間関係」触れるものとすれば、「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」がお勧め^^。TVドラマの人間関係って、概して不自然で、見すぎると対人行動がヘンになると感じます。ちょっと言い過ぎ^^; アハハ^^;


TV番組を選ぶことは、毎日の食事を考えるのと同等の、心への栄養素の配分になると私は感じます。「信仰」や「価値観」のための「実践」の重要なものです。

「TVはほとんど見ない」のは、基本的な栄養を取らない形になりますので、できるだけ良い傾向の番組を選んで見る習慣をお勧め致します^^。


生涯に渡って続ける、「実践」になりますね^^。

(8)魂の世界 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用