ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「神になるのをやめるひらめき」の扉-序
『解説の部』がかなり詰めに入っており、書きたいこと山盛りなのですが、明日から都内所用や帰省などで、週末まであわただしくなる予定。

そこで、「第1段階」から先について、重点ポイントから先に、手短かに書いていきたいと思います。


第1段階の残りポイント

昨日の記事で書いたように、第1段階では、実践項目がだいたい出てきます。

外面内面への向かい方一通り学んで押さえる先に、「自分を知る」「自分を受け入れる」という形で、「心の開放」得始める、というところまでです。

この「自分を受け入れる」については、少し説明を加える予定です。


第2段階の重要ポイント

第2段階は、実践項目はそのまま、深さと広がりが増します。


ここで大きな役割を持つようになるのが、深層感情「自己分析」です。

「言葉」というシャベルを使って、自分の心に向き合って深堀りしていく先に、「こんな気持ちを自分は持っていた・・!」という自己洞察をするのです。

例えば5/16『「他人依存信仰」からの抜け出し(後)』で、「B子さん」「受け身信仰」自分の心の中発見したように。
この「他人依存信仰」は、私自身その認識がちょっと手薄だったもので、あらゆる心の問題の起源とも言える深層感情です。


こうした「深層感情の自己分析」が、心を根底から変えていく、大きな役割を果たすようになってきます。
これが「自分を知る」「自分を受け入れる」という内面姿勢前提とすることは、何となく直感的にもお分かりになるかと。

この「自己分析」についても、多少具体例も出した説明を予定しています。


「神になるのをやめるひらめき」の扉

「神になるのをやめるひらめき」も、そうした「深層感情の自己分析」によって、その大きな扉を開けるものになります。

そうでないと、その扉開かないと、私は考えています。
なぜなら、「自分が神になろうとする衝動」というものは、私たちの表の意識思考よりも、かなり深い深層感情として存在するからです。


ですから、まずは「自己分析」によって、

たとえば「こうなりたい自分」について、「こんな気持ちがあった!」発見したり、
「神」というものについて、「こんな気持ちがあった!」発見したり、
人の欠点を見る自分の目について、「こんな気持ちがあった!」発見したりした先に、

さらにそれらがつながった時に、「が~~~ん、これは自分が神になろうとするということなんだ!!」となるわけです。
(↑マンガにできそうな説明。ちょー劇画調で。アハハ^^;)

書き添えておくなら、「価値観」「信仰」における転換多少とも進んでいることが、条件になります。


こうして「神になるのをやめるひらめき」つながるものとは何かを、この『「神になるのをやめるひらめき」の扉』シリーズで書きたいと思います。

カテゴリー『心の闇との決別』にまた入れておきましょう^^。

一個決定的な話を、このあと書きておきたいと思います。


今日も株価下落。くそぉぉ、一シーズン分のスキー資金がパーだ!!と地団駄の島野でした。アハハまいつか戻るかと。えへ^^ゞ

スポンサーサイト



(11)心の闇との決別 |   コメント(0)
「神になるのをやめるひらめき」の扉-1
最も苦しかった時・・

私が37歳を前にした時に起きた、「神になるのをやめるひらめき」意味は何なのか・・。

それを今回、このブログでどう説明するかを考えていて浮んだ、鮮明な記憶があります。
人生で最も苦しかった時の自分の心の状態です。


『悲しみの彼方への旅』で描写した大学4年の頃もそうでしたが、大学院に行ってからもかなりの波が続いており、一方、日記につづられる私の内面は、何が起きているのかより分かりやすいものになっていました。

執筆専念するようになってから、日記を一通り読み返す作業を進め、大学院のその頃のものを読んだ時、私は自分でも唖然とする文章を、日記の中に見つけました。

そこにいる全ての人間を殺してしまいたかった、と。


自分にもそんな思考をした時があったとは・・と思わず感慨


心の病の根核 「望みの圧殺」

その時の感情そのものを、今はもう感覚的には思い出すことはできません。

思い出すのは、に書けるような構図です。私は、自分を、自分自身で、押し殺そうとしているのです。
なぜなら、そんな自分だからです。


そんな自分の代わりに、あるべきだった自分とは、こんな自意識などなく、どんな異性とでも気さくさで馴れた楽しいお喋りをできる、自分だったのです。

そうでない自分にさせた、全てのものへの憎しみの血が、私の頭にうっ血し、爆発寸前だったのです。
こんな自分自分自身が見る目と、同じ目で自分を見るであろう、その場にいる全ての人間を、殺してしまいたい。そんな衝動の地獄の穴に、私は落ちていたのです。


そんな心の構図だったことを思い出し、私は日記の余白に、こう記しておきました。
「望みの圧殺」が起きている」。


「望みの圧殺」のメカニズム

今、こうした「望みの圧殺」が起きる心理メカニズムを言うことができます。


受け身の姿勢、つまり「受け身の価値観」「受け身信仰」「他人依存信仰」の中で抱く自己理想像は、まず絵に描いた餅の理想像になります。
なぜなら、どうやって自分からそこに向かえばいいかという、一歩一歩の能動思考を、もとから失っていますので^^;


それはそうとして、とんでもない心の歯車がそこから回るのです。

自己の理想像は、自分が何か「人間の魅力の身分」の序列の最高地位になるような姿として描かれるのですが、同時に、「現実の自分」に対してその望みを「圧殺」することへと、仕向けられるのです。

最高地位を望んでいるという、まさにその精神的な低劣さによって、その望みは叩きつぶされなければならないのです。そんなものを許してはいけないことが、この望みの一部であることとしてです。

自分はそんな望みなど望めないのです。なぜなら、そんな望みを抱いているような人間だからです。


こうした歯車が回っていたことを思い出しながら、私はしみじみと、こんな言葉を思い浮かべました。

まさに、望むことによって、自らの望みをくじくのだ・・と。
丸沼高原スキー場リフトの上で。(どーでもいい^^;)


これが、心の闇の、根核です。


「受け身信仰」の上に芽が出た「望み」は、こうなる運命にあるようです。
本人にはこの流れがほとんど見えないまま。感じるのは、「意識」の全てが重い壁のように自分を押しつぶしてくる苦しみです。


抜け出し

意識が一度この溝にはまると、もう理屈では抜け出せない、というのが私の体験からの印象です。

気分転換などを図り、感情が悪化した発端の場面にいったん思考を戻して、行動法この心理学などを参考に考え直す。
まずこれが最も効果的ではないかと。


その上で、より長い目では、「受け身形の望み」そのものを疑う目を持つことが重要になるかと。

この辺の考慮点を幾つか次に書こうかと。
あさって以降となり、天候なども見ながら多少流動的な予定ですー。

(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用