ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「人としてこうできねば」によってそうできなくなる
これも『今日の格言』として、脱したい心の闇一言で表現しましょう。


「人としてこうできねば」によって、そうできなくなる。


「人としてせめてこうできねば」と、考えるかも知れません。
人として、せめて人と自然に会話できなければ、仕事をできなければ。
人として、まっとうな生活をできなければ、元気で明るくいられなければ、と。

そう考える姿勢によって、まさにそうできなくなっていく、心の闇心の罠があります。


そうなる心の仕組みは、そう難しくありません。難しいのは、自分でその仕組みが感じ取れなくなってしまうことでしょう。

「人としてこうできねば」という信条によってそう行動することは、まずは結局のところ、「心の力み」です。どこかで疲れがたまり、やがてその気力が薄れてくることが、定められています。


実際に「人としてこうできねば」ということさえもできなくなるのは、そこに大抵、こんな心の動きが重なってです。

まず、「人としてこうできねば」と言うのとは違う他人への、怒りが起きます。そしてそれに対して相手からも怒りが返されるイメージが湧き、恐怖が起き、すると今度は、「自分は人としてこうできねば」という行動が怖れのためできなくなっているのです。
「怖れ」すくませ胃腸の機能を低下させ、実際に健康損なわれ、ひどくなると普通の生活さえも営めなくなってしまう感情です。


もちろんこれは、「人としてこうできねば」という信条があると必ず起きるというものではなく、そこにほんの僅かでも、心を病む種が入り込んでいる場合です。そしてその種を持たない人は、ほどんどいないでしょう。


どう抜け出すか。

2つの軸両輪が必要でしょう。


一つは、今焦点を当てているように、「信仰」に向き合うことでしょう。「信仰」内容というよりも、それを持つ心の強さを知ることだと言えるでしょう。

なぜなら、こうした心の罠にはまる人というのは、まず例外なく、「信仰」に向けるよう脳に用意された心の領域さえも、「他人」「人の目」「人の気持ち」に置いてしまっている傾向が強いからです。

人との関係に重きを置きすぎ、それが人との関係を脆く、虚弱なものにしているのです。


もう一つは、「怒り」を、そして「人として」といった観念を、一切使わない行動法を知ることです。
それが「原理原則立脚型行動法」です。
これも早いうち説明に入りたいところです^^;


あまりに沢山出てくると感じると思いますが、全てつながっています。

私たちの内面感情において、「人の気持ちの空想」こそが、鵜呑みにしないのが望ましいものです。
「信仰」は、「人の気持ち」を超えた支えを、私たちの「感情」において与えるものです。
行動法も、「人の気持ちの空想」一切揺らぎないものを、学ぶのです。

まああまり先を急がずに、じっくり説明していきたいと思いますので^^。


ここでは、「人としてこうできねば」という考え方こそが、人としての最低のことさえできなくする心の罠なのだということを、まずはしっかりと憶えておいて頂ければ^^。

そして、自分の行動の原動力を、「人としてこうできねば」という観念とは全く別のもののものに変える。

それは何なのか。
この関心を、まずは自分の心呼び起こすことから、始めて頂ければ^^。

スポンサーサイト



今日の格言^^; |   コメント(0)
「現実を超えた世界への情緒」の重要さ
「現実を超えた世界」への情緒

ハイブリッド心理学は、「現実を超えた世界」への情緒というものを、極めて重視しています。


2つのものがあります。

説明している「信仰」

そして言葉をすでに時おり出している、「魂の感情」です。


「信仰」は、特に「怖れの克服」強く関係します。

「魂の感情」は、特に「望みの豊かさ」強く関係します。

この2つは、ハイブリッド心理学が考える「心が良くなる流れ」つまり「怖れの克服」「選択の思考」「望みに向かう」というの、まさに始発駅終着駅にあたります。


「信仰」「魂の感情」も、「現実世界」を越えて、私たちの心を導き、心を満たすものを、思い浮かべ、感じ取るものです。


「現実を越えた依存」^^;

こうした「現実を超えた世界への情緒」を、何か特別なもののように感じる方も、おられるかも知れません。


それは「信仰心」と呼ばれ、宗教真摯に学ぼうとしている人や、哲学的思索極め一部の人たちだけが持つものではないのかしら・・と。

「信仰の情緒」「魂の感情」あまり感じ取らないまま生きている、今の世の大部分の人、そして悩み空しさからいつまでも抜け出せない方には、そこに自分の心の問題の出口があるだなんて、ちょっと考えつかない、と感じるかも知れません。


何のことはありません。それは現実を越えた「人の目」「人の気持ち」の空想の中で生きているということです。
それに惑い、怒り、怖れながらです。


「信仰」のための心のエネルギーが、「依存」流れ込んでいるだけです^^;


としては、同じような機能の仕方で、「答えの出せない問題」を、ひたすら「人の目」「人の気持ち」にかける姿勢の中で、生きています。
あるいは、ひたすら「お金」にかける姿勢の中でです。

そのように目に見えるように感じるものへの、「現実を越えた依存」の中でです。


そこで起きることとは、「怖れの強調」であり、「望まずに生きる」という人生の姿です。ハイブリッド心理学が目指すものと、まるっきりですね。

しかも、そこで「怖れの強調」最大の対象となる「人の目」「人の気持ち」は、心理学からは自分自身の内面を映したものであり、最も鵜呑みにしないのが望ましいものなのにと来た日には、もう一体どうなっているのやらの世界です^^;


「受け身の価値観」という源泉

こうした「現実を越えた依存」を生み出すのが、何と言っても「受け身の価値観」です。


先日の『全ての根底は「命」と「信仰」-6』メール相談女性述懐として取り上げましたが、嫁入り道具着物に、良い家庭の中でいかに愛されたかが示されるといった世界。

これは女性家に閉じ込めれた過去の時代にだけ意味があったものです。これからはもうそんな時代ではありません。


「自分が今までいかに大切に扱われたか」に、プライドを置く心理。もちろんこれは女性だけの問題ではありません。

逆に、それが得られなかったことに、生涯ぬぐうことのできないコンプレックスを抱える心理というものが、同じ源泉から生まれることになるのでしょう。


「受け身の価値観」の闇

「受け身の価値観」が、さらに何をもたらすのか、知っておくと良いでしょう。
大きく2つあります。


まず「嫉妬」と「競争心」です。

は時おり書くのですが、「嫉妬」人生で体験した、最も嫌な感情でした。他のいかなる苦しみよりも。

自分から何かを生み出していくのではなく、受け身に与えられ愛されることにプライドを置くと、嫉妬競争心は、浄化されることがなく、ひたすら破壊的ですさんだものにならざるを得ません。

「自己能動の価値観」の中で生きた時、嫉妬競争心は、全ての人の成長への共感によって、やがて根底から消えていきます。


さらに、そうして受け身に与えられ愛されるための「条件」として、 一体どうすればそうなれるのかという「一歩一歩の向上の過程」への思考を欠いた、全くの絵に描いた餅として、「なれるべき自分の姿」が抱かれるようになるのが、「受け身の価値観」です。

どうやってそうなれるのか。あるのはただ「心の力み」です。その「なれるべき自分の姿」をどう「演じる」ことができるかという、薄氷のストレスです。


その結末が、先の『「人としてこうできねば」によってそうできなくなる』の通りです。

この心の底には、「信仰」についてあまり考えないまま、自分が人の善悪と優劣絶対的な基準を知る、神の座にあるという無意識の感覚が横たわっています。


「ソーニャ」の「強さ」とは・・

このように、「受け身の価値観」が、人生を見失わせる歯車の、いわば主柱となる背骨です。
そこから「自己能動の価値観」への抜け出しが、人生を取り戻す出口になります。
(参照:3/26『神になるのをやめる-5・価値観』

ただしそう言われて「自己能動の価値観でないと駄目なのか・・」と再び受け身思考で考えるという繰り返しに、なりがちです。

「心の自立」「意志」が、その本当の選択への支えになるのですが、「心の自立」「意志」は、根本的に不完全であるのが人間です。


何から始めるのがいいか。

まずはぜひ、マンガ本などで『罪と罰』を読み、「ソーニャ」の「強さ」とは一体何なのか、という問いを持つことなどから始めて頂くのが良いかと思います。


そうして、人間本当の強さ弱さに触れ、強くなりたいと感じるのであれば、その先に検討できるさまざまな「選択」を、引き続きじっくり説明していきますので^^。

(8)魂の世界 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用