ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

島野が神になるのをやめた時-10・「神」の機能
前記事でタイトルにつけた『(前)』は外しておきます。前中後の3つで納まらなさそうなので^^;
ちょっと記事が増えそうですが、このテーマについての最新考察ということで、ちょっと詳しく書いておきます^^。


神と科学

私たちは人生において、まず「神」という本能的な観念と、科学からの学びを、つながりのない別の話として意識し始めるのではないかと思います。

人によってその順番思考を占める比率にはバラエティがあるとしても、順番としては大抵、「神さま」の方が、科学の知識よりも先に人生で登場するのではないかと。

私もそうだったのではないかと。記憶に残る、人生で最初に聞かされた知恵とは「腹を出しているとかみなりさまにおへそを取られる」とかの類だったので・・^^;

科学なんてまだ良く学んでない段階で、まず「神」について観念を抱くわけです。


で、あとから「科学」を学び、そこからは「神」がどうなるのか?という疑問が出てくる。

「科学」「神」を否定するのか?
「神」を考えた中で抱いたものの、どれだけの部分が、「科学」によって置き換えられるのかという、私たちの知識の領土合戦が、「科学」「神」の間で起きるわけです。


「神」の機能

私たち人間が科学を学ぶ以前に、「神」の観念が役割を果たす、「生き方」への機能とでも言えるものがあると感じます。


それは「神」を、その本能的な観念としては次のように感じるものであることから、生まれてくる「生き方」への機能です。
「神」とは、まず「自分が絶対的にその支配下にある最高の権威者」であると。

ここでは「神」は、人間のような「人格」のある存在として浮かべられるものです。それが人間の幼い心で抱く、本能的な「神」の観念です。
太陽など全てのものを、人格があるもののようにイメージする、幼い心でです。


そこから生まれる「神」の「生き方」への機能とは、次の4つの言葉に言い表されると、私は感じます。
「規律」
「監視」
「賞罰」

そして「委ね」です。

最初の3つと、最後の一つが、少し毛色の違うものになります。

最初の3つとは、私たち人間の生き方「規律」があり、それが神に「監視」され「賞罰」を与えられる、という観念です。
神の下に、私たちには人間としてあるべき姿と生き方があるという話に、なるわけです。それが神により監視され、最も決定的な賞罰は、「審判」として下される、という話になります。

最後の一つ「委ね」は、私たち人間が、答えが出せないことについて、最後に救いを求める情緒になります。神よ・・と。


これはどれに当たるでしょうか。「神頼み」
これは「規律-監視-賞罰」の方です。こうすれば神が見ていて良くして下さる。そうしてお賽銭箱に100円玉を投げて手を合わせるわけです。
それでいいことがないと、神に怒ったりします。アハハ。

それとは違う「委ね」は、大きな感情です。全ての思考をやめ、ただ神に委ねるのです。悪あがきを捨ててです。
これは「愛」の感情を含みます。そしてこの情緒によって、人間は「怖れ」を克服する面を持つのです。
映画『タイタニック』でも、そうして全てを神に委ねることで怖れを捨て冷たい海身を捧げた人々の姿が、描かれていました。うーん、思い出してもジーンとくる^^;


人が神を否定することによって失うもの可能性として、2つの面があるといことになります。

一つの面は、自分がその絶対的な支配下にあると感じる、「規律-監視-賞罰」です。
一方これを失う代わりに、「自由」の獲得というメリットがもたらされ得ます。

もう一つの面は、「委ね」の情緒を失うという面です。そしてこれにより人は、「怖れの克服」の一つを、失うのです。

人間は神を否定することで、自由を得る代わりに、「怖れの克服」を得ることのない茨の道を歩み出す・・。
そんな言葉が浮んできますね。


実はこれが、「神になるのをやめるひらめき」答えをすでに暗示するものになります。


人が「神」から得るもの・・

人が人生で、「神」の観念によって上述の2面良い面をどのように得るのかは、おおざっぱに言ってかなり「不定」な話になるように感じます。

一言でいえば、「規律-監視-賞罰」側面については、親や回りの人間が、子供に、実際にそれが子供の幸せにつながる形で伝えることができた時、子供はその良い面を心に取り入れるのでしょうし、それができない時、子供はその圧迫的側面から逃れられないまま、絶対的な権威への不信や怒りを抱くという形に、なるのかも知れません。


人が「委ね」情緒をどのように身につけるのかは、さらに流れが見えない面もあります。
ただ私にはそれが、人それぞれが「心を病む」という問題を抱えた中で抱く自己感情そのものの一面であるように感じられます。

つまりそれは、救いを求める情緒において、「愛への願い」と、それがすさんだ「自己放棄への衝動」という2つの色合いの、人によりその比率の違う複合感情になるというものです。
者の比率が大きいほど、心を病む状況としては深刻なものとして。


人それぞれが抱く「神」観念は、こうした「生き方」における機能との結びつきの中で抱かれることになる。そのような流れになるのでしょう。


ここに、「科学の目」がどう加わるか、という話になってきます。

スポンサーサイト



島野が神になるのをやめた時 |   コメント(0)
「感情と行動の分離」で進める実践
ちょっとここでガラっと話題を変え、ハイブリッド心理学「実践」の基本について記事をアップしておこうと思います。
『実践の進め方と進み方』カテゴリーです。

「心の成長と治癒の過程」について、あれこれと視点を変えて説明していますが、さてそれをどう「実践」するのかとなると、また分からなくなってしまう方が多いかと思います。


「実践」は「感情と行動の分離」の紋きり調

そこで紋きり調で憶えておいて頂くと良いかと。

どんな視点を使うのであれ、ハイブリッド心理学の「実践」はとにかく「感情と行動の分離」で進めます、と。

揺れ動く感情を克服したいのだから、まず感情を鵜呑みにしない。
この大原則姿勢の先に、外面行動建設的に。内面感情無理に変えようとせずに、ただ流して、理解する。

これだけです!基本は。

あとはその2面「建設的」「理解」で、どんな視点を使うか、という話になります。


「何をどうすれば・・」と迷ったら、常にこの基本振り出しにして、リスタートして頂ければ^^。


「見捨てられ不安」への実践例

参考まで、この紋きり調の進め方を実際に説明した、最近のアドバイスメールより抜粋します。

職場における「見捨てられ不安」の感情動揺相談内容ですが、ご相談者の方の具体的状況などは省略


それでも一応、心の障害傾向としてはそれほど深刻ではないため、外面向けの積極的な前進へのアプローチ前面に出している点だけお伝えしておきましょう。そのための具体的な視点を幾つか書いています。

これがもし深刻な場合は、まず心を落ち着ける時間と場所の確保などが優先されます。

心の状況に応じた、こうした進み方の違いについては、分からない場合質問して頂くのが早いと思います。


でも進み方がどう変わろうと、それは「感情と行動の分離」で進めます。

自分で実践を望まれる方は、とにかくまずは紋きり調「どう感情と行動の分離で進めるか・・」と検討を始めてみて頂くのががよろしいかと思います^^。

■感情と行動の分離

神になるのをやめる-3・人間の魅力価値
などで、「愛を求める感情が抑圧」されていたものが回復うんぬんの話をしていますが、そこでも
===============
これ自体は
もう意識して行うものではなく、歩みの中で自然と訪れるものです。
===============


と書いた通りです。

では何を意識して行なうか。
「感情と行動の分離」に始まる2面の実践です。ハイブリッドの「実践」は、紋きり調にそれをするものです

動揺する感情を克服したいのであれば、まず感情を鵜呑みにする姿勢を抜け出すことから始めます。
これはいいかと。疑問などあれば何でも質問頂ければ。

その先に、外面建設的に。内面ただ流し理解するのみにする。
これが実践することです。

あとは、自分の現在位置と、その先の方向性として、愛を求める気持ちどう扱うのがいいかといった話は出てきます。


■「健康形」「成長形」の軸

「感情と行動の分離」の2面によって向かう方向性については、問題テーマに応じて結構いろいろな話が出てきますが、一貫として根幹となる視点を憶えていくといいと思います。

それは一言でいえば、「健康形」であり「成長形」です。

まずそれに沿って外面建設的行動法を考える。

そして内面については、どうそこからそれているかという観点で、自己理解を図るのがいいでしょう。健康形成長形を把握した上で、今の内面に流れる、未熟そして病んだ感情ありのままに見つめる。
無理に正そうとすることなく、です。

この2面へとそれぞれ向かった時、心は見えない命の力によって、成長治癒へと向かいます。

まずはこの「感情と行動の分離」実践と、それによる心の治癒成長の仕組みという、基本の理解について確認頂ければ。


■「見捨てられ不安」への建設的思考と行動の軸:「心の自立」

今回の動揺感情の場合、それがどうなるか。
まあ「見捨てられ不安」とでも呼べる感情ですが、それに対する「健康形」「成長形」の軸とは、どんなものか。

それは、まずは「心の自立」になると思います。

つまり、「見捨てられ不安」というのは、愛されて守られたいという感情において、生まれるものです。子供が親に抱く感情です。

大人職場で抱く感情としては、あまり現実的なものではありません。本来それは、見捨てる見捨てられるという場所ではない。

これはいかかでしょうか。見捨てる見捨てられるという場所ではないとすれば、どんな場所か。
これを、「見捨てられ不安」に対応する場所としてあまり現実的でない、職場という社会場面合った言葉で思考してみることが、まず外面における建設的行動入り口になります。

「職場という社会場面に合った言葉」とは、要は「原理原則」で思考するということです。どんな原理原則の話になるか。

内面流し理解するというのは、そこですでに出ていますね。「見捨てられ不安」という、幼少期に置き去りにされた感情だろうと理解する目を向ける。


まずはここまでの理解を確認頂き、実践としては「見捨てる見捨てられる」をどんな原理原則に置き換えて思考できるかなど検討してみて頂くといいと思います。

「原理原則」の思考などは、まだこのブログでは説明してないですね。「神になるのをやめるひらめき」の説明を終えたら、こうした実践面のより具体的な話を、大々的に(?^^;)展開できるかと^^。

実践の進め方と進み方 |   コメント(2)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (419)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用