ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

島野が神になるのをやめた時-9・神への未知の思想
では「神になるのをやめるひらめきへの4つの準備」について、最後のものを説明したいと思います。

この4つ最後のものです。
「完璧は存在しない」
「社会を生きる自信」
「怖れの克服」
「神への未知の思考」



「神をどう考えるか」

このテーマについては、まずはハイブリッド心理学とは全く無関係な、その言葉通りの問いとして、皆さん自身がどう考えているかを、まず自己把握して頂ければと思います。

知らない人に、こう聞かれたらどう考えるかの設問として。どう親切に答えてあげるかは別として。

アナタワー、カミウォー、シンジマゥスカー? ←別にあやしい外人である必要はない。アハハ。(自分で大受けの島野でした^^;)


マジな話(^^;)、これが極めて重要なテーマだと、私は考えるわけです。

なぜか。それは私たちが頭で答えを出せない問題、しかも私たちが最後にそこに心を委ねるしかない、答えの出させない問題・・その多くは、「怖れ」を伴う問題・・に対しての、私たちの心の根底の姿勢を、支配しているものではないかと、私は考えているのです。


「神さま」という言葉が、人間にとってこうも本能的な言葉でなければ、こうはならないでしょう。

本能的な言葉であるとは、あまり多くを説明する必要もなく、「神さまが~なんだよ」といった言葉を幼い子供に喋る中で、子供はすぐその意味を感じ取る、そんな言葉であり観念だということです。

「神さま」という言葉が、たとえば「税金」という言葉のように(^^;)、その意味を子供に教えるのに苦労するようなものであったとしたら、それは本能的な観念ではないということです。
そしてそれが私たちの生き方の根底姿勢にかかわるということなども、ないでしょう。(生計には大いにかかわるけど^^;)


事実は、人間にとってかなり本能的な観念だということです。「神」というのは。
だから太古の昔から、私たち人間の「生き方思考」は、まず「神」の観念の下検討されることに、なったのです。

私たちの「心を委ねるべきもの」として、ということになるでしょう。


そしてハイブリッド心理学から、その頭で答えを出せない問題についての心の根底の姿勢とはいったい何についての姿勢かと言うのが、決定的になってくるわけです。

それは、「心を解き放つ」ことです。


神への思考

私たち人間「神」について考える思考には、およそ4つのパターンがあることを、すでに3/29『神になるのをやめる-8・最後の2つの歯車』で指摘しました。

自分が神だと考えるもの。
これは「心を病む」こと、さらに一般的な「未熟」が関係します。
はっきりと自分が神だと思考するのは、心を最も重く病む「統合失調症」などで時に見られます。確信の下に抱かれる「選民思想」は、人間の歴史が示す通り、一つの「狂気」そのものです。
未熟な人はしばしば、特定の他人神のように崇拝して言いなりになったり、人から自分が神のように崇拝されるという空想を抱いたりします。これに攻撃性が結びつくと、「崇拝-隷従」という構図の対人行動に駆られる傾向が生まれます。

神を知りそれを敬うとするもの。
これを体系的な知識にしたのが、「宗教」ですね。

神など存在しないと言うもの。
「無神論」と呼ばれます。表の知的思考としては、こう考える人が多いかも知れませんね。

神を「未知」とするもの。
上の3つのどれとも異なるものです。神については何も知らないし、分からないので、何も言えないとする考え方です。
これを「神への未知の思想」などと呼べるかも知れません。


「神への未知」の思考

後の2つ違いが分かりにくいかと思いますので、少し説明しましょう。

一般的な「無神論」と、私自身が考える「神への未知の思想」違いです。


まず同じ面を先に言いますと、「神」人間のような意志を持ち万物を支配する全知全能のもの」とする意味においては、その「存在」を否定しています。

まあまずはそんな意味のものとしてイメージするのが、私たち人間の本能的な観念としての「神」だと思います。


しかし「神」定義を少し変えると、違いが現れるのです。
「意志を持ち万物を支配する全知全能のもの」と定義するならば、です。

一般的な「無神論」は、やはりその「存在」を、否定するものになると思います。というか否定するものをその言葉で呼びたいと思います。

それに対し、私自身が考える「神への未知の思想」では、その「存在」を否定しません違いを浮き彫りにするためあえて言うならば、「肯定する」とさえ言えます。


つまり「神」を、「人間のような」ではなく「人間のようなものとしてではない意志」を持ち万物を支配する全知全能のものと定義するのであれば、それは存在するのかも知れない。

ただしそれはもう分からない人間に分かるのは、あくまで人間に分かる範囲のことであるから。

そうした「人間に分かるもの」超えたものがある。これをはっきりと、肯定する考え方です。


それが具体的に何の話かという、現実的、そして科学的な「論拠」と、これをどう考えるかが私たちの人生の生き方に与える大きな影響について、手短に説明をしておきましょう。

スポンサーサイト



島野が神になるのをやめた時 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (421)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用