ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

島野が神になるのをやめた時-6・怖れの克服(前)
このテーマかなり重要になりますので、ちょっとじっくりめに説明しましょう^^。


3.怖れの克服

37歳当時、私が関心を持ったことの一つが、「怖れの克服」です。

根本的なものとしてです。
つまり、私は「怖れ」という感情そのものの存在に、疑問、さらに言えば不信のようなものを感じたのです。

なぜなら、それは全く役に立たないからです。


「怖れ」「恐怖」の感情は本来、危険を察知した時に、逃げる行動をせよという脳の信号として生まれました。

それは「怒り」という感情の発生と、少し似た面があると思います。どちらも、外界の敵や危険を前にして、全身の血流を減らし内臓の代謝機能を低下させます。怪我を前提として生き延びようとするかのように。


しかし「怒り」脳に血を集めることでパワーを生み出すのに比べて、「恐怖」はただ血の流れを止めるという形になるようで、度が過ぎる「腰が抜ける」「ヘビににらまれたカエル」という言葉のように、逃げる行動さえもできなくなってしまいます。

これはまあ、動物個体意識において、「怒り」「自分は強い」という勇気の感覚を生み出すメリット面がある一方、「怖れ」「自分は弱い」という感情として作用するということで、そうなるのでしょう。

もちろん人間の場合、「怒り」によって「自分は強い」と感じようとすることで、長い目真の強さに向かわず逆に心身を消耗していくという、があるという話になります。


ですから、「怒り」心身に有毒な感情だと言っていますが、「怖れ」も同じように、場合によってはそれにも増して有害な感情だと、ハイブリッド心理学では認識しています。


いずれにせよ、「怖れ」の感情は、そうした生物学的な発生の由来がある一方で、うまく機能してない面がある。
臆病なタヌキ肉食獣に出会うと恐怖のあまり失神してしまうと聞いたことがあります。それでまあ意識だけは逃げれるかもしれませんが、そのまままんまと肉食獣の餌食になってしまうわけです。

生物学的に意味のある、根の深い感情でありながら、ぜんぜん機能していない面があるわけです。


対人行動への最大の妨げ

なぜ私が「怖れ」を克服したいと考えたかと言うと、対人行動への最大の妨げだと感じたからです。


人に向かってのびのびと行動したい。それができないのは、「怖れ」が邪魔をしてです。

そしてもう私にははっきり分かってきたわけです。自分が何よりも怖れているのは、「怖れ」によって人に向かって行動できなくなった自分が、人の目にさらされることだということを。
それを怖れ、行動できなくなるのです。

怖れによって行動できなくなることを、何よりも怖れたのです。だから最初からその行動など考える必要もないところに自分を置こうとする。
何も望まなければいいのです。

もちろんこれでは根本克服にはなりません。


怖れの根本克服を求めて

怖れによって行動できなくなることを怖れる
これはぐるぐる状態になるので、答え良く見えないものになります。

人によっては、「怖いなんて思わなければいい」と考え、「自己暗示」によって「怖くない気持ち」になってみて行動を試みます。
私も良くやりました、ふと意識「怖れ」からそれて、それが見えなくなった時に、「今だ!」という感じ^^;

まあそれで行動できた場面ごく少数はあったと記憶していますが、それでいくら場数を重ねても、積み重ならないという事態がやがて判明してきます。前進できた気になれても、ふと意識「怖れ」また向くと、どっひゃーと元通りなわけです。苦労と工夫と努力を重ね、100歩前進したつもりが、1歩で元通りのような^^;

これが、「自己暗示」や、あまりに単純な「自分への言い聞かせ」方法の不毛さと言えます。


30代後半ともなると、さすがにもう自己暗示では根本的な問題解決にならないことが、実感として分かってくるわけです。


では何が根本解決への答えなのか。

それは、見えないままでした。
根本解決への答え見えないまま、それでも私はその頃再び、自分の心への取り組みに、本腰を入れたのです。当時買ったバーンズの『いやな気分よさようなら』などを良い力添えにしてです。

もちろんその本を手にしても、根本解決への答え良く見えません
それでも、単なる自己暗示を超えて、思考を変えることで気分を根本的に変えることができる部分が、多少なりともあることが見えてきます。

そんな面もあって、その頃の私に、「怖れの根本克服」というものへの関心が生まれ始めていたような気がします。


そこからたどった道筋を次に^^。

スポンサーサイト



島野が神になるのをやめた時 |   コメント(0)
島野が神になるのをやめた時-7・怖れの克服(中)
捨てることのできる怖れ

人への行動で感じる怖れへの答えすぐには見えない一方、私が関心を持ったのは、まず対人場面などとは全く無関係な領域で、「捨てることのできる怖れ」を捨てることでした。

それは例えば、幽霊といった話、最近のその筋の代表である「心霊写真」を見て感じる恐怖感や、ひどい痛みを体験することへの恐怖残酷な場面や映像へのめまい吐き気がするような恐怖といったものです。


まあ今あげた最後のものなどになり結構ハードルが高くなってきますが、まず私は、考え方としてはとにかくラディカルつなり過激な発想をしたのです。
現に身体的に潰されるような物理的危険がない限り、恐怖感なんていうものは感じる必要はないし、捨てていいものなのだ、と。原理的には。


「怖れの克服」への道

しかしそれで正しいのです
まずそこから始め、自己暗示などに頼ることなく、全く捨てていい「怖れ」「恐怖」の感覚や感情を見つけたら、捨てていく

対人場面への怖れがそれによってすぐには消えないとしても、では自分は何を怖れているのかという、一歩も数歩も前進した場所からの視線が生まれてくるからです。


その先の答えは、その頃の私にもほとんど見えませんでした。そこから長い年月の先に、この姿勢が自ずと、その答えを私に示したのです。
最後に残る怖れとは、愛を失う怖れなのだと。そして自ら愛を望む気持ちの強さこそが、それを凌駕するのだと。これが最後の答えだったのです。入門編下巻ラストで描写したように。


怖れによって行動できなくなる自分怖れ行動など考える必要もないようなところに自分を置こうとします。それがいいのだと考えながら、
つまり、最初からたいして望まなければいいと。そうして「望みの感情」を、全般的に薄めています。

それが、人生の全てを見失わせるという大きな結末へ、最初の小さな一歩なんですね。
それによって、捨てることのできる怖れを捨てることからさえ遠ざかり、そして最終的に怖れ乗り越える力になる、「望む強さ」を、捨ててしまっています。


注射や心霊写真への恐怖を捨てることから全てが始まる

まずは、「注射」「心霊写真」といった身近な「恐怖感」見直し、捨てていことから、全てが始まるでしょう。
心と人生の豊かさへの歩みの、全てがです。

このブログでも、まず「最初の一歩」の段階をざっと説明し、そのあと「本格的な歩み」としてまず心の仕組み説明をながながとしていますが、結局何を最初にしましょーという話をするなら、これになるのではと思えるくらい、これが大切です。

に言えば、「注射」「心霊写真」怖がるようなうちは、何も前進しませんので安心あれ(?^^;)。まあはっきりそこに問題があり、そうしたはっきりした糸口から始められることに、ご安心下さいという話です^^。
ハイブリッド心理学での心の仕組み難しいですが、実践すること実にシンプルなんです。


まずは科学的な思考が決定的に重要です。

たいそうな科学教養などいりません。でもとにかく、身の回りで「怖れ」を実際感じるものについては、科学的な思考で対処ができるようにしたい。

神だのみ運だより占いだよりではなく。日常でそうした思考を用いることが、力強く人生を生きる心の基盤全てを崩壊させる、ダムの底に開いた小さな穴なのです。


島野は霊魂や前世を否定しません^^

私自身具体的な考え方を例として説明しましょう。


「注射」はいいですよね。目的と得られるものを理解し、すると決めたら多少の痛みはもう無視することです。
かなり痛いものも、「ただ痛みを痛む」姿勢。痛みを嘆かない痛みを怖がるのもやめる

「心霊写真」なんていうのはまず作り物です。どうやって作るかを考えてみましょう^^。私でも楽チンで作れそう♪


一方私は、「霊魂」「前世」といった超常現象を、「否定しない科学思考」を持っています。物質的には電磁波の塊のように存在し、人体を超えて存在するのかも知れない。

その手の超常現象実体は、まず物質的には間違いなく「電磁波」です。
しかしだからといって、それが「霊魂」「前世」という神秘的な働きをすることも、否定できない。なぜなら、「電磁波」「命」を帯びることで「霊魂」「前世」という「働き」が生まれるという話になるのでしょが、そもそも「命」というものが何なのか、科学では全く分からないからです。

だがそうしたものがあったとしても、電磁波の強さとしてはごく微弱であり、身の回りのモノを動かしたり破壊したりする力はないと考えています。

だから、「お化け」の話は、その存在は科学的に否定せず、その怖さは科学的に否定しているという感じです。


こうした「怖いもの」私の克服思考について、もっと関心あればなんでも質問などお寄せ頂ければ^^。


人生の大きな選択

問題は、こうした身近な問題でそうした科学的思考に徹する姿勢を選択できるかに、なるでしょう。

なんか理屈っぽく風情がないような・・と。そうした理屈を超えた感覚の持ち主でいたい、というような。
かよわさが愛されるような、怖がりサンでいたい、というような。


オーケーです^^。選択は自由です。

でも・・と考え始める方も多いかも知れません。TVでは、心霊写真怖がる若い女性タレントキャーキャーと華々しいです。
そうしたブリッコさんでチャホヤされるのは、よっぽどの美人さんで人生のごく一時期だけです^^; 真似する気にならないよう気をつけましょう^^;


どっちを取りますかという話です。
注射心霊写真への怖れ(を捨てること)と、心の貧弱と人生先細りと。
好きな方を取るのがいいでしょう。


問題は、注射と心霊写真への怖がりが、どう心の貧弱と人生先細りにつながるのかが、私たちの素の思考では全く見えないことだと言えるでしょう。

それについて少し書いておきます。

島野が神になるのをやめた時 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用