ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

島野が神になるのをやめた時-5・社会を生きる自信
昨日はちょっと都内に所用でした。今日このあとは日帰りスキーに出かけます♪。


さて「4つの準備」の残りをさらっと説明したら、早いとこ「神になるのをやめるひらめき」とはどういうことなのかの結論へといきたいと思います。

次の2つ、「社会を生きる自信」「怖れの克服」は、合わせて「生きることへの安心」を得るものだと言えるでしょう。
まず前者


2.社会を生きる自信

37歳当時の私に大きく前進していたことの一つが、社会を生きる自信が芽生えてきていたことです。

まあはっきりそう自覚するというよりも、まずは「仕事」とはこうするものだというのが、かなり体得されてきたという感じです。
それで、先の日記で紹介したように、自分は役立たずの厄介者といういじけたイメージが流れる一方、そんなことはないという視野も芽生えていたのだと思います。


これが、「神になるのをやめるひらめき」よりも先に用意されたというとになります。


そうしたひらめきによって、人に対して心が開けるようになった先に、社会を生きる自信が持てるのでは・・と空想される方も多いかも知れません。

逆です。そう考えると、人に対して心が開けることも、社会を生きる自信が持てることも、得られなくなってしまうように感じます。


「仕事」は「気持ち」ではなく「客観軸」でする

どいうことかというと、「仕事」とは、「人に心を開く」とか「やる気」とかの「気持ち」でするものはない、ということです。
全く別のものに、進めるものです。


これについて、より詳しくは後にして、比較的最近のメール相談でアドバイスしたものを紹介しましょう。
それは「客観軸」というものです。


以下に紹介するのは、交際相手仕事場面での相手への気持ちの動揺を主な内容とされた若い女性のご相談者へのアドバイスメールからの抜粋です。

その方の場合、感情動揺には多少の心の障害の傾向も感じられましたが、心の芯比較的健康であることを直感的に感じました。
そこで、内面的な話を幾つか心得とした上で、まずは仕事のための思考法という外面向け実戦が良いのではと話を進めた次第です。

まずは「客観的行動指針」という軸を持つ、強化する、というのに取り組んでみるといいと思います。
これはつまり、
1)外面への建設的な思考法行動法
2)内面感情(気持ち)への理解

における1)外面への建設的な思考法行動法の側の話になりますが、その中でも、最も「気持ち」に揺るがない、というか「気持ち」に揺るぎようもない無関係なもの、その上でしっかりと「行動の指針」になるものです。

そういった、「客観的行動指針」というを、まずは持ってみる。その内容を充実させていく、というのをまずは取り組んでみるといいと思います。

・・(略)・・

>今の仕事は短期間で大量募集ということで、たいしたスキルは求められていません。ただ、どんどん増える書類の山に一人で入力していくので、たまに焦りますが、焦ってもしょうがないと思ってやっています。

こうした比較的単純な作業であっても、この姿勢の有無による、仕事のこなしかたの上手下手が出てきます。

下手な方(^^;)を先に言いますと、とにかく目の前に置かれた仕事量を、一刻も早く片付けられることがベストなのだ、という感覚で当たる姿勢です。

それだと、量が増えるごとに、焦りに駆られ、その結果まず作業品質下がり、つまりミスが多くなり、本人の意識においては、より一生懸命頑張る状況になるほど、なぜか叱られることが多くなると、次第にやる気をなくしてしまうパターンに陥ります。

上手なのは、まず「ペース見積もり」先にやってみて、実際に作業した「実績」を見て、その「見積もりと実績の差異比較」などを適宜する姿勢です。
で、この程度はこの時間で、と見積もると同時に、そこに休憩時間なども入れ、ストレスがたまらないような調整も盛り込んでいくわけです。

それによって、無理もなく、ストレスもためることもない状況を作るということで外堀を埋めて、あとはその作業そのものにじっくり意識を集中できる、という状況になってくるわけです。

その結果は、作業の品質上がりミスも少なく、高く評価されるようになりやすくなってきます^^。

メールではこの後、こうした「客観軸」を、動物大自然生きる知恵を学ぶようなものとして使うのが良いという話などいろいろしています。機会があればまた紹介しましょう。

後日、こうした「客観軸」視点すぐ効を奏した様子が、この方から報告されました。これも紹介しておきます。

客観軸を持つというメールを最初にいただいてから、翌日からすぐに自分ができそうなことをやってみました。
島野さんのアドバイスにもあったように、数字で把握する、ということです。

今まではただひたすらパソコンへ入力していましたが、1日に100件ペースなら1時間でどのくらい?そして他の作業にあてる時間はとか、郵便物の発送も、今日はこの数くらいなら時間は少し遅めに準備しても大丈夫、とか、本当にわずかの事ですが、そうするようになってから焦らなくなりました。
どんなに山のような書類がきても、1日にできるペースがわかっているので、闇雲な気持ちになりません

「人の気持ち」を基準に仕事をするのではなく、「客観軸」を持って、それを基準に行動する。

これがさらに、正真正銘人を相手にした仕事でもできるようになるのが、完成形になると言えるでしょう。

するとそれは、「気持ち」度外視するようなものではなく、安定した軸に「気持ち」をほどよく絡めことのできるものになる。
まあ「客観軸」土台として、「気持ち」トッピングしたおいしいケーキができるわけです。それを、トッピング材料だけでケーキを作ろうなんて考えると、とんでもない別ものができてしまいますね。

そうした完成形へのコメント部分も紹介しておきます。

あとは、そうした客観軸複雑で高度なものになっていくということになります。
人間関係における行動法などにおいてもです。

それをハイブリッド心理学では、「原理原則」と呼んでいます。気持ちはこう。しかし原理原則はこう。そのように思考できるものが増えるごとに、安定した気持ち仕事対人行動に向かうことができるようにできますし、動揺する場面乗り越えることができるようになります。

重要なのは、対処の場面において、相手の人物との関係の間に、そうした客観軸を置くという構図の感覚です。

自分が直接相手の目に晒されているのではなく、自分が持つ客観軸を問いているということです。
相手をどうこう変えようとするのではなく、自分と相手との間にあってその場で決定力を持つ客観軸を調整するという姿勢です。

まずはそうしたものとして、仕事における自分の「役割」を把握することで、仕事をうまくこなすということがぐっと手近になってきますので^^。


スポンサーサイト



島野が神になるのをやめた時 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (420)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用