ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

「怒り」を捨てる-3
では、「怒りを捨てる」ための具体的な実践を説明しましょう。


「怒りを正す」のではなく・・

ここでもまず全体の中での、この話の位置づけを確認しておきます。

「怒りを捨てる」とは、怒りの感情を「正し」、消し去ろうとする実践ではありません
怒りを生み出すような生き方思考を、怒りを全く生み出さないような生き方思考へと転換するという「選択」を、自分自身に問いかける実践です。


この違いが決定的に大切です。
なぜなら、「怒りの感情」そのものを良くないものと見なし、「怒りの感情」そのものを治そうとするのは、まさに「怒り」によって押し進められることだからです。
これは結局、同じことです。怒りを怒りで追い払っても、そこにはまた怒りがあるだけなのです。

怒りの感情を問題視するのではなく、それを生み出す思考法を、問うのです。
その時、怒りは初めて、その根元からぐらつくことを始めます。


ですから、「怒りを捨てる」という話となると、まず世にありがちな、「なんでも感謝」「なんでも許し」(^^;)という、他の「気持ち」絞り出して塗り隠そうとするのとは、滅相もなく違う(^^;)のがハイブリッド心理学の進み方です。

絞り出すというのは、やはりその原動力が怒りになってしまうんですね。


論理療法からの思考法

怒りの克服が心の健康に極めて大切であることを私が学んだのは、『「怒り」を捨てる-1』で紹介したように、大学院時代に学んだ『論理療法』からであったと記憶しています。

そこで論理療法が言っていたこととは、もちろん何でも許して感謝しましょーではなく(^^;)、「怒りの有益性を見分けなさい」ということでした。


怒りの感情そのものを問題視するのではありません。
とにかく、怒ることが役に立つ場面と、怒ることが役に立たない場面を、見分けなさい、ということです。

そして「怒ることが役に立つ場面」として、次の2つの条件があると言っていました。
(1)相手が悪意によって攻撃してきた時、そしてかつ、
(2)それに対する現実的解決に怒ることが役に立つ


これは怒りの根本克服のためにはまだ弱い基準ではありますが、私の場合、それまでの「正しければ怒るべきだ!」的な怒りへの積極的な駆り立てを捨てるには十分役に立つものでした。

実際、私たちが怒りに駆られてしまう場面というのは、通常、相手が「悪意」によってというより、「不注意や無神経」によってという方がまず当てはまるものではあるでしょう。
そうした場面というのは、怒ることがすぐ役立つとは大抵言えないものです。


その基準が当てはまる場面とは、暴漢に襲われたとか、山でクマにはちあったとかの場合です。
その場合は、怒りを奮い起こして、まずは威嚇するのが多少は役に立つでしょう。まあクマに「悪意」はないとしても^^;


心を病む度合いが深刻になると、他人が自分に悪意を向けているという幻想(妄想)が起き始めるという問題があります。
これはかなり厄介な問題であり、とにかく「怒りは行動化しない」「破壊の非行動化」という鉄則をまず持ってもらうようにしています。
そこでまず破壊行動を現実に行ってしまい、生活基盤まで損なうことを何とかとどまらせながら、「感情と思考の分離」の実践を勧める先に、どこかで病んだ心の自然崩壊が起きます。それによって悪意を受けるという空想の強度が減少してきます。

比較的健康な心であってさえ、時に他人が自己中心的に横暴な態度を向けてきたと感じ取ることがよくあります。
実際は、相手は相手の事情で何か焦って行動しているような場合が大抵です。


基本的な思考法として、まずこうした「怒りの有益性の見極め」は、第一歩の実践としては良いでしょう。

ただしこれは、怒りを減らす役割はしても、怒りをなくす役割まではありません。
心が成長しておらず弱いほど、怒りという最後の手段しかない状態が続くからです。


「怒りを用いない行動法」を学ぶことで、怒りが根底から不要になります。
事実、そこに、怒りによる行動を遥かに凌駕する、最強の行動法があります。

たとえ相手が悪意の持ち主であったとしてさえ、こちらの意のままに相手を動かすような行動法です。
それが同時に、人間とは変わるものなのだ、「悪意」さえも固定されたものではないのだという、人への全く未知の視線を私たちに持たせることになるでしょう。

それが、全ての人間を愛することのできる、おおらかで強い心への道の、入り口になるでしょう。
それを次に説明します。

スポンサーサイト



(11)心の闇との決別 |   コメント(0)
「心の力み」を捨てる
『内面感情の開放』について、昨日はその一つのゴールの姿を説明しました。
今日はここで、じっくりとその最初の最初の一歩について説明したいと思います。


それは、「心の力みを捨てる」ことだと言えます。

「こんな気持ちになれれば」「こんな気持ちにならなくっちゃ」と考え、そんな気持ちをイメージして、心に力みを加えます。
時に、万力で心を締めつけ、絞り出そうとするかのように。

に対しては、「一緒にいて会話を楽しむ気持ち」「思いやりや感謝の気持ち」
自分に対しては、「明るく元気な気持ち」「やる気のある気持ち」
そうしたものが筆頭にあげられます。


そんな「気持ち」を、自分の中にイメージして、絞り出すかのように、心に力を入れる。

それが何となくうまく行くこともあるのは、最初の方だけです。
そんな「気持ち」が何とか心ににじみ出るかも知れない一方で、心に疲れがたまり始まります。
やがて、心に力をいれても「そんな気持ち」出なくなってきます。さらに心に力を入れます。すると次第に、反対の気持ちが出てきたります。
なんでこんな気分にならなくちゃいけないんだ。誰が悪いのか・・。

自分が何を感じ、何を考えているのか、分からなくなってきてしまいます。


なんでこんなことになってしまうのかと言うと、心に力みを入れること自体は、すぐ心を病むようなものではないのですが、いわば「心の無酸素運動」だからです。100メートルの短距離走です。
スピードが落ちそうになるたびに、短距離走での体の使い方を続けていたら、体は壊れてしまいます。心が壊れてしまうのです。

人生は長距離走です。マラソンです。それに応じた心の使い方を、基本にするのが良いことです。
つまり、「心の有酸素運動」です。


もちろんそれが、「肯定形文法での思考」「建設の行動様式」を携えた、長距離走による人生の走り方になります。


閉じこもりの気分、人と向き合うと自動的にふさぎ込むような気分が現れるのは、「一緒にいたい気持ち」「会話を楽しむ気持ち」「機嫌良くすること」への力みが実は底流になって起きます。
自分で力みを加えながら、もううまくいかないので、自動的な反発の気分が生まれるのです。まるで同じ極同士の磁石を、近づけるほど強い反発力が現れるように、自動的にです。
これが「引きこもり」などの大きな原因になってきます。

そんな自分を責めるという「自責の気持ち」が交差してくると、もう何がなんだか分からなくなってきてしまいます。まったくコントロールの効かなくなった気持ちが、モグラ叩きのモグラのように、出ては叩き、出ては叩くようになります。
大抵の「心の障害」の症状が、そのようにして生まれます。


「感情と行動の分離」の姿勢によって、この紛糾状態から、心を開放し始めましょう。

感情は感情行動は行動として、別々に考えるようにします。
内面感情は、ただ流し、理解するのみします。感情を自分で操作しようとしてしまわないことです。
自分が大元で何を望んでいるのかに向き合い、それを踏まえて、感情の勢いによってではなく、建設的な行動法知恵とノウハウによって、これからの自分の行動を設計していくのです。

その結果の行動の仕方に、決まった答えはありません。それぞれが、それぞれの人の、唯一無二のものになるのです。
内面外面のそれぞれの向き合い方に、じっくりと時間をかけて下さい。
結果の答え焦って出そうとしないことです。本当の答えは、自分の自意識で出すのではなく、2面の向き合いにじっくり時間をかけることで、「命」が返してくるのです。これを体得した時、あなたは人生の強力な武器を手にしたことを意味します。


まず最初は、自分がいかに無理に自分の心に力を入れ続けていたかに、気づくことが最初になるでしょう。
「感情と行動の分離」の姿勢の知恵で、自分の心に力を入れないまま行動できることが分かってくるでしょう。

すると心に血がめぐり始め、開放感が現れてくるでしょう。こんなにも心が楽なまま行動できるんだ、と驚くかも知れません。


そこから、心への力みが原因で紛糾したまま積み重ねてきた思考法や行動法を、根底から問い直し、ゼロから築き上げ直す、人生の再構築を始めることができます^^。


より長い目で、人生を生きる長距離走をマスターしましょう。
心の力は、自分で力みを与えると、逆に弱くなります。
自分で力みを与えるのではなく、「命」が心に湧き出す力こそが、本当に強いものに、なるのです。

(4)内面感情の開放 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用