ホームページ  島野隆の本
島野日記ブログ 読者広場

島野隆のブログへようこそ!

このブログは、
心の健康人生の輝きを最大限に伸ばすための新しい心理学
「ハイブリッド人生心理学」を分かりやすい言葉で語るブログです。

ハイブリッド心理学があなたを変えるのではありません。
変化への力は、あなたの心の底にある「命」が持っています。
ハイブリッド心理学は、その力を解き放つための導きです。
本当の心の治癒と成長に向かって!
 
島野 隆プロフィール


便利リンク  詳細マップ  流れチャート
      道のり情景  姿勢

 「ブログ村」参加しています(した?^^ゞ)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ  関連記事
  2011-09-09『お願いです(島野の最新執筆姿勢も^^)』
  2011-12-17 『再びお願いです^^ゞ』
  2017-10-14 『読者広場でコメントその他^^』

失敗から学ぶ
「愛」とならんで人間の心の2大テーマとも言える、『自尊心』についてもカテゴリーを設けて書いていこうと思います。
「どうしたら自分に自信を持てるか」といった話題、「プライド」の話などもそこで書きますので^^。
よりなじみの深い言葉ということで、『自信について』というカテゴリー名にしておきましょう。


「愛」と「自尊心」が綾を成すのが、人間の心とも言えますね。

自分に自信が持てるとは、自分が人に愛されると思えるということでもあるでしょうし、自分に自信を持っていることが、人に愛されるための条件か・・といった問いもあるでしょう。
一方、人に勝つ優越感プライドを求めると、それは愛を壊すタイプの「自信」なので、その紐をたぐると自分は本当は嫌われるという、全く自信を失った心が見えてきたりします。

まあこの辺の綾を、『愛』『自尊心』のカテゴリーで、存分にとき解いていきますので^^。


さて『自尊心』の最初の話題として、「失敗から学ぶ」という話。

これがとても大切です。まずはその言葉を「好きな言葉」の上位ランクにぜひ位置づけて頂ければ^^。

先日も、ネットの相談投稿「自信のある人とない人の違いは?」といったものがあり、私はそれに、自信を持つ人とは、「成長」を知る人です、特に「失敗から学ぶ」ことを知る人です、とコメントを入れておきました。


では「失敗から学ぶ」ことは、どうすればできるか。

これはまず逆に、失敗から学べないとはどんな人かと考えると、分かりやすくなtるでしょう。
失敗から学ぶことができない人とは、よくできた結果だけを真似ようとしている人です。
うまくできている人を眺めて、これがあれば、これができればあんな人たちのように、全てがうまく行くんじゃないか、といった思考をする人です。

これが特に、対人行動社会行動と言えるものについて、言えるでしょう。
仕事人間関係、そして恋愛がうまくいっている人を見て、どうしたら自分もあのようになれるのか、と考える。
こんな場面ではこんなことをできれば、と考える。
そしてその通りにやろうとする。なんとか自分の心をなだめすかしてです。
うまく行かない。どっと落ち込む。よくあるパターン(^^;)です。


そこで「失敗から学ぶ」とは、先にも書いた「一歩一歩の向上思考」『人生を豊かにする思考法行動法と価値観』に収録 )をじっくりやるということでもありますが、それ以上に重要になってくるのは、一歩一歩の向上に向かうための、現実の自分の原点をしっかりと見据えるということです。

まあそこで心を病むにつれ、空想の世界こそがあるべきものだという感情におおおわれ、「現実」を受け入れることができない、という問題が起きてくるかも知れません。
しかしその絶望の先にこそ、成長と喜びがあるという深い人間知も重要になってきます。ベートーベンの例で良く知られているように。


いずれにせよ、そこで何よりも大切になるのは、自分が本当には何を望んでいるのかという、内面に向き合うことでしょう。
こんな場面ではこんなことをできれば、と考える。しかし、自分は本当にそうすることを、望んでいるのか。
そこには、うまく行っている人のただの真似なんかしたくない!と涙を流している本当の自分が見えてくるかも知れません。
あるいは、子供じみた気持ちで、人の目を誘い、人にかまってもらいたい気持ちが見えてくるかも知れません。

そうした内面を、ありのままに見つめる一方、外面行動においては、「建設」の行動様式の知恵とノウハウを、学び、そして試していくのです。
これが「感情と思考の分離」の姿勢に、なるのです。

そこでの「建設の行動様式の知恵とノウハウ」とは、まさにこれから説明する、「怒りを用いない行動法」が、その核になるものです。


そのように、ありのままの内面を見つめ自分自身で受けとめること、外面においては建設的行動の知恵とノウハウを実践していくこと。
この「感情と思考の分離」の姿勢においては、結果として私たちが取り得る行動とは、もはや誰の真似でもない、唯一無二のものに、なるのです。


その時、「失敗から学ぶ」とはどういうことかが、自ずと分かってきている自分を、知るでしょう^^。

スポンサーサイト



自信について |   コメント(0)
内面の開放の一つのゴール
ここではさらにちょっと、「感情と思考の分離」内面側の話を書きとめておきましょう。

まあ四方八方から360度の取り組みがあるということで、結構話があちこちに飛びます^^; その中心にある、見えないものへの目が重要です^^。
まあ「見えないもの」とはもちろん「命」なんですけどね。

一通りの流れをざっとということで、ちょっと長い記事になります。


2つのゴール

この後、「怒りを捨てる思考法」「怒りを用いない行動法」など、外面向けのお話をしますが、一方で内面感情ありのままに開放して向き合うという「感情と思考の分離」には、実は2つのゴールがあると言えます。


一つは、その外面行動がうまく行って喜びと満足に至れるコース(^^;)です。

もう一つは、外面行動においては満足が叶えられないまま、「魂の感情」に至るコースです。そこで、「魂の感情」が持つ強い自浄作用によって、心が清らかさっぱり状態へと変化していくとともに、「魂の感情」の持つ深い味わいによって、私たちはもう現実外界での成功満足のあり方にはあまり関わりなく、心が満たされていくのです。

第2のコース(^^;)になって、話が実際のところとてもスピリチュアルになってきます。


ここではそうした、外面は満たされないまま内面が満たされていくという、一つの流れをざっと書いておこうと思います。
私自身の日々の実践の紹介もします^^。


「悪感情への耐性」

内面をありのままに見ることができるようになるために、ぜひ心がけて頂きたいことの一つは、「悪感情への耐性」とも呼べるものです。

悪感情の多くは、それに身をさらす苦しい時間が、実は治癒と成長になります。
ですから、嫌な感情から目をそらすという姿勢だと、心はいつまでも成長しないまま、止まってしまいます。
ですからまずは、単純に「耐性」というものを心がけたい。


私たちは歳が大きくなるごとに、身体の痛みへの耐性というものを多少ともは身につけていきます。身体の痛みを、目の前のものへの意識からちょっと切り離して、流しながら作業したりできるようになります。もちろん限界はありますが。

心の痛みにおいても、まずはそのように「耐性」を心がけて、嫌な感情が心の片隅に同居している状態を、多少は続けられることをまず心がけて下さい。1日や2日は続くことを覚悟してです。
その方が、目をそらして心の底に埋めて温存するという結果にはならず、表にさらした氷のように、必ず、溶けながら小さくなって行きますので。


解きほぐし

もちろんそこで重要になるのが、悪感情をただ流すのを超えて、それを「より大元の本当の望み」へと解きほぐしていく目を持つことです。
この悪感情は、自分が一体本当には何を求めているという、感情なのか、と。

ここで人間の心への理解が、とても重要になってきます。
自分が求めているのは、プライドかも知れません。そしてプライドが本当に求めているのは、かも知れません。


「魂の感情」への道

この「解きほぐし」は、とても奥が深いものになります。


ごくかいつまみますと、「望み」「自尊心」「プライド」「自由」「幸福」「愛」といった心のテーマ用語でしっかり捉えていくと同時に、外面行動法としてもそれがどう実現し得るものかの吟味検討を行います。

その解きほぐしと、外面行動の試行模索の中で、私たちの心は成長し、成熟していきます。見えないままにです。


そうして月日が流れる先に、私たちはあることに気づくように感じます。
それは、私たち人間の「望み」の、もっとも大きくて根本的なものは、この「現実世界」の中で、どうもあまりはっきりした形を取りえない、という面があることです。

これは逆のことを言った方が分かりやすいかも知れません。
私たちの「望み」が現実に叶えられたかのような人の姿が、必ずしもその人に本当の幸福や、心が満たされる満足を与えているとは限らないことです。

これを示す最も端的な話とは、最近巷を騒がせた、芸能人の薬物事件です。彼彼女らは、実際のところ満たされていないから、薬に走ったのです。
これ以上の満足などないと思われるような、華やかな成功の先にです。


「依存症」の話

ですから、私たちは目の前で形を取るもの自分の望みを満たすものだと思い込んで駆られるほどに、どうやら、本当の根本的な望みを損なって、心がどんどんすさんでいくようなことが、起きるらしい。

心がどんどんすさんで、空虚感によって身が削られるように感じる一方で、目の前で形を取るそれが自分を満たすものだと思い込んで、さらにそれに駆られる。

こうして、何かに取り憑かれたかのように、貪欲に駆られ、一見して満たしながら心が空虚になっていき、行動が正常を欠き、その結果、目の前で形を取るそれもうまく扱えなくなった時、人は生きるすべを失ったという廃墟の自己像の中にいる自分を見ることになります。
これがさまざまな「依存症」のメカニズムでもあります。


そうしたさまざまな「依存症」の中でも、現代人のほぼ大半がそれにはまってしまっている依存症とは、「お金」です。


「魂の感情」へ還る

話がちょっと長くなりました。まとめに入りましょう^^;

ハイブリッド心理学での「内面感情の開放」には、そのように「目の前の形をとるもの」が自分の望みだと思い込むのを取り外し、自分が望んでいるものが本当に満たされたイメージを、心の中で思いっきり描いてみる、といった姿勢です。

するとそこに、何かの自浄作用が働くようなのです。詳しくはまたとして、結論だけ。


そうして至る、心の中で開放された「望み」の感情が、やがて、「目の前の形をとるもの」を遥かに超えて、大きな姿のようなものを、私たちの心に、現すようになるのです。
これが「魂の感情」ハイブリッド心理学で呼んでいるものの、一つの姿です。

私たちの心はそれに打たれ、さまざまな雑情とも言えるものが、消え去っていきます。

そうして、自分がまた一つ新しい自分になったことを、知るのです。


島野の例^^;

今日この話を書こうと思ったきっかけは、俗人の島野ということで(^^;)、リコール問題でトヨタの株価がちょー下がってしまったことです。ちょっと買っており^^; まあかなり底値の時だったので損はないでしょうが。

トヨタのニュースがTVに出るのを見た時、何か嫌なじれる気分が心に流れるのを感じ、私はその気分をむしろあえて心の片隅で流しながら、自分が何を望んでいるからこの嫌な気分が流れるのかという視線を保ちながら、身の回りの作業などをしていました。


私はこうした自分への向き合い方を長く習得しているので、こうなる前の時点で、幾つか感じていたことがあります。

リコールがまだ表ざたにならないちょっと前に、トヨタの株価がかなり上がり、思わず「やりー♪」とほくそえんだ時(^^;)、これは「幸福の象徴」のイメージなのだ、と。
本当の幸福そのものではなく、です。
また、こうした浮かれ気分があるところ、コインの表裏の関係によって、メゲる気分いつかどこかで起きるのだろうことを感じていました。


で実際、株価が下がり嫌な気分が流れたのをそのまま、解きほぐしの目線を保ちながらしばらくして、ふと窓から見えるうっそうとした木々と空の風景を見た時、心に流れたのは、漠然とした悲しみの中で、自分がまだ得ていない愛がある、という感覚でした。「魂の感情」が姿を現したわけです。
同時に、心の中に流れていた、まあ軽いものですがじれた嫌な気分が、消えました。

そうして心の中が、また8割がた清らかな感覚で執筆に向かう、また一つ新しい自分の感覚でキーボードに向かいます。
残りの2割はまだちょっと株価が気になる、俗人の島野ですが・・^^; 完璧な人間というのはいないもので。えへへ^^;


これは「こうすればこうなれます」なんて話はとても言えないもので、360度のスパイラル(『心の闇との『決別』とは-2』参照の歩みを続ける先に、「心」が次第に「魂」に近づいて、そんな感情改善変化も結構自分で導けるようになってくるという話になると思います。
まあんまりいい例じゃなかったかな^^ゞ

もう一つ、決定的な話として、『心の闇との決別』の先に、こうした『魂の感情』が姿を現すようになる、ということを言えます。


そこに向かって、まずは目の前の問題に、一つ一つの思考法行動法の学びから始めましょーということで、「怒りを捨てる」ための実践の説明に戻ります(多分^^;)。

(4)内面感情の開放 |   コメント(0)
  
最新記事
全ての記事一覧
新着順です^^。件数上限がある模様

全ての記事一覧を表示

記事の検索
検索ヒットした記事を新着順で表示します^^
最新コメント
カテゴリー別
初めての方はまず==おおよその話==
を一通り読んで頂ければ^^
 *記事は掲載順です^^
☆記事一覧-話の流れ順 (7)
☆記事一覧-カテゴリ順 (0)
==== おおよその話(^^)/ ==== (0)
このブログについて (1)
島野隆のプロフィール (2)
ハイブリッド人生心理学とは (13)
(1)プラス思考 (3)
(2)癒し (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解 (6)
==== 細かい話^^ ========== (0)
(4)内面感情の開放 (9)
(3)人生を豊かにする思考法行動法と価値観 (5)
(11)心の闇との決別 (15)
神になるのをやめる (11)
(7)心の再生 (2)
(10)心の成長と治癒過程の理解・詳細編 (17)
島野が神になるのをやめた時 (12)
(6)「自己分析」虎の巻 (2)
(8)魂の世界 (33)
「魂」による「心」の浄化 (5)
「魂の成長」への道 (12)
島野が至った「命の無の世界」 (6)
==== 特定テーマ^^ ======== (0)
愛について (2)
自信について (1)
「愛」と「能力」の成長課題 (10)
対人行動と対人感情 (12)
社会を生きるスキル (2)
実践の進め方と進み方 (23)
詳説・感情を鵜呑みにしない思考 (33)
真の答えに向うための論理的思考 (7)
「開放力」としての「思考力」 (7)
心の変化の核心と論理的思考 (9)
「感情と行動の分離」の心の足場 (5)
「心と魂と命」の要の「本心」 (7)
「ハイブリッドの道」の歩み方 (20)
歩み方ガイドへの黙示書 (8)
「悟り」と「未知」 (6)
成長の道標への歩み方 (15)
詳説・実践のポイント (11)
特説・「心が良くなる」とは (23)
詳説・心の治癒成長メカニズム (11)
====つれづれ話\(^^)/ === (0)
写真と言葉 (201)
今日の格言^^; (24)
ザ・ベストアンサー^^; (18)
よもやま話 (16)
お知らせ一般 (418)
ブログのメンテその他 (4)
未分類 (0)
月別全記事
まずは記事掲載順に読んで頂いてもグーです^^。
(成長への主な道順で書いてます)
*各月ごとに頭からの掲載順です^^
QRコード
QRコード
管理者用